サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル水平対向エンジンは燃費が悪い?いや今度こそ! 新型レヴォーグの「CB18」はリーンバーン採用で熱効率40%を実現

ここから本文です

EJ20でリーンバーンに挑戦してきたが…

新型レヴォーグに搭載される完全新開発のCB18型エンジンは、世界トップレベルと言っていい熱効率40%を実現している。その達成技術の一つがリーンバーン(希薄燃焼)だ。

「酒気帯び」「酒酔い」の違いとは?|元TOKIOの山口達也容疑者が「酒気帯び運転」で逮捕|

スバルのリーンバーン。若いスバルファンにもピンとくる人は少ないかもしれない。しかし、平成のはじめを知るクルマ好きならご存じのように、レガシィにリーンバーンエンジンがラインアップされていた時代があった。

●スバルのリーンバーン・エンジンのスペックを比較

「酒気帯び」と「酒酔い」運転の違いとは?

初搭載は1996年6月。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン