現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【特集】ブランド別スポーツカー動向(2)メルセデスAMGの道しるべ「パワフルさと安心感のハーモニーが生む絶品の走り」

ここから本文です

【特集】ブランド別スポーツカー動向(2)メルセデスAMGの道しるべ「パワフルさと安心感のハーモニーが生む絶品の走り」

掲載 更新 8
【特集】ブランド別スポーツカー動向(2)メルセデスAMGの道しるべ「パワフルさと安心感のハーモニーが生む絶品の走り」

「63」という数字はメルセデスAMG SLの中ではもっともパワフルなエンジンを積むことを意味する。しかしながら粗野や野蛮といった言葉とは無縁の、きわめて完成度の高いモデルに仕上がっている。(Motor Magazine2023年9月号より)

ソフトトップの採用で得たメリットは少なくない
個性的なパナメリカーナグリルのセンターにはスリーポインテッドスターのエンブレムが堂々とその存在を主張しているものの、フロントノーズの先端にあるのは、林檎の木にバルブなどの図柄をあしらった、メルセデスAMG社のエンブレムだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

それは1954年に誕生した初代から数えて第7世代に相当する現行SLクラスの成り立ちを物語る何よりの証明だ。

SLクラスは、この第7世代からメルセデスAMGにその開発が移行した。メルセデスAMGにはトップモデルに一連のGTシリーズなどが存在するが、究極のパフォーマンスをカスタマーに提供することを目的に設立された同社にとって、伝統のSLクラスをホワイトペーパーから設計できる価値は大きかった。より多くのカスタマーにメルセデスAMGの世界を味わってもらえる新たなチャンスなのだから。

かくしてメルセデスAMGによって新設計された新型SLには、さまざまな特徴がある。まずはそのエクステリアデザインは、これまでのリトラクタブルハードトップ(バリオルーフ)に代えて、電動式のソフトトップを採用。このソフトトップは3層構造で、アウターシェルとインナーシェルの間に高品質素材によるアコースティックマットをサンドウィッチする構造が採用されている。

実際にクローズ状態で走行してみても、外部からのノイズがキャビンに届くことはほとんどない。オープン&クローズ時のプロセスに必要な時間は15秒。走行中でも60km/h以下であれば操作可能
という使い勝手の良さも魅力だ。

豪華な雰囲気に満ち溢れたインターフェイス
ソフトトップをクローズした時のボディシルエットにも、違和感を抱くことはない。今回のフルモデルチェンジで、ボディサイズは全長4705mm×全幅1915mm×全高1365mmと若干大型化されているが、その大きさを強く感じさせないのは、やはりデザインの妙といったところか。

軽量化や重心の低下を含め、ソフトトップへの回帰は正解だったように個人的には思う。参考までに新型SLのCd値は0.31。これも十分に評価できる数字といえる。

キャビンの仕上がりも、また現代の最先端を意識させるものだ。センターコンソールに11.9インチのタッチ式ディスプレイを備え、対話型のインフォテイメントシステム,MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)を標準装備。他車からの情報をもとに交通インフォメーションを得るCar-to-Xコミュニケーションの搭載も実現している。

試乗車にはオプションのクリスタルホワイト/ブラックのナッパーレザーを採用したインテリアトリムやブルメスター製の高級オーディオが選択されており、キャビンはさらに豪華な雰囲気に満ちあふれていた。

さらにもうひとつ見逃してはならないのは、リアにプラス2シートが標準装備されたこと。過去に3代目、4代目のSLクラスで、オプションでプラス2シートを設定した例があるが、今回それが復活したのは実用面では非常に嬉しい話題であり、これもまたソフトトップ採用の副産物と言ってもいいだろう。

走りはパワフルだが繊細かつ完璧な制御で安心感がある
それでは実際の走りはどうか。今回試乗した新型「SL63 4マティック+」に使用されるエンジンは、M177型と呼ばれる4LのV型8気筒ツインターボ。90度のバンク角内にツインターボのメカニズムを搭載する、「ホットインサイドV」レイアウトで、最高出力585ps、最大トルク800Nmmを実現している。

組み合わせられるトランスミッションは9GトロニックATをベースに電制湿式クラッチ式としたスピードシフトMCT。同時に低負荷時には気筒休止を行うなど、環境面への配慮も忘れてはいない。

ドライブを始めてすぐに感じるのは、このエンジンが低速域から発揮する厚みのあるトルク。アクセルペダルを一気に踏み込めば、もはやそれを無駄なく路面に伝えることは不可能とも思えるが、実はこの新型SL63の駆動方式はSL史上初の4WD。

さらにリアには電子制御のLSDも装備されているから、実際に無駄になるトルクは、従来型よりはるかに少ない。1940kgの車重に対して3.6秒という0→100km/h加速はそれを証明する数字でもある。

「インディビジュアル」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツプラス」、「レース」の5種類の走行モードが用意される新型SL。メルセデスAMGが独自に新設計し、AMG GTロードスターよりも50%も高い捻り剛性を実現したというシャシの堅牢さは、もちろんどのモードを選んでも変わらずドライバーの身体に伝わってくる。

加えて油圧式のコントロールスタビライザーを組み合わせたAMGGアクティブライドコントロールサスや、リアアクスルステアリングなど、さまざまなメカニズムが走りをサポートしてくれるのだから、その安定感は絶品と表現できる。SL63、その魅力はあまりに大きい。(文:山崎元裕/写真:井上雅行、佐藤正巳)

メルセデスAMG SL 63 4マティック+主要諸元
●全長×全幅×全高:4705×1915×1365mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1940kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●総排気量:3982cc
●最高出力:430kW(585ps)/5500-6500rpm
●最大トルク:800Nm/25000-5000rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・70L
●WLTPモード燃費:7.8-8.1km/L
●タイヤサイズ:前275/35R21、後305/30R21
●車両価格(税込):2890万円

[ アルバム : メルセデスAMG SL 63 4マティック+試乗 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
AUTOCAR JAPAN
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
AUTOSPORT web
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
月刊自家用車WEB
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ベストカーWeb
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
WEB CARTOP
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
motorsport.com 日本版
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
Webモーターマガジン
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース

みんなのコメント

8件
  • 実家近くに引っ越して来た有閑富裕層が気になって、急に実家に立ち寄って様子を伺うような、周囲にバレバレの行動を取り出すマヌケなcクラス乗りのストーカー気質丸出しキモオタ野郎が欲しがりそう 笑
  • 2023/8/30 17:44
    実家近くに引っ越してきたポルシェ乗りの超絶有閑富裕層がこれ買ったら、それが気になって急に実家に立ち寄って様子を伺うような周囲にバレバレの行動を取り出す、マヌケなcクラス乗りのストーカー気質丸出しキモオタ野郎が地団駄踏みそう 笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村