サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 水素燃料電池車の乗用車はトヨタとヒョンデのみと厳しい状況! 生きる道は大型商用車にアリ

ここから本文です

 この記事をまとめると

■燃料電池の乗用車を市販しているのはトヨタとヒョンデの2メーカーのみとなっている

700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ

■乗用車よりも長距離トラックや路線バスなどに向いてそう

■適材適所を見極め、路線バスや家庭用エネファームなどで活かすのがよさそうだ

 いまだトヨタとヒョンデの2メーカーしか市販していない

 現在なお燃料電池の乗用車(FCV)販売を行っているのは、日本のトヨタ、韓国のヒョンデだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン