現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは

ここから本文です

ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは

掲載 3
ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは

走行距離はなんと741km!

2023年11月4日、RMサザビーズがイギリス・ロンドンで開催したオークションにおいてベントレー「ターボR ドロップヘッドクーペ Byピニンファリーナ」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

ベントレー「コンチネンタルGT」20周年を記念してドライビンググローブが登場! 工場で切り落とされた端材のレザーを使用しています

当時のベントレーを救ったといわれる大ヒットモデル

歴史を書きはじめるととんでもない長文になってしまうのでごく簡潔にいってしまうが、ロールスロイスとベントレーはもともと兄弟会社として存在していた。その違いはロールスロイスがショーファーカーであり、ベントレーはオーナードライブのクルマ、というところにある。いまはもう完全な別会社となってしまったが、そのキャラクターに変化はない。

そういったキャラクターの違いがあるとはいっても、どちらも顧客のために最善を尽くしたクルマづくりをしているところには違いがない。自分だけの1台がほしいという顧客のためには、そのリクエストを最大限実現するべく、さまざまな手段を尽くしてクルマを仕上げてくれる。当然販売価格はうなぎ登りとなるわけだが、こういったクルマを手に入れようとする人たちは、こういう言い方もなんだが「金に糸目はつけない」わけで、中にはそんなことまで、というリクエストをする顧客もいたりする。

今回ロンドンで開催されたRMサザビーズオークションに出品された、1991年モデルのベントレー ターボR・ドロップヘッドクーペは、ブルネイ王室がベントレーに発注したものだ。ベース車はベントレー ターボRなのだが、これは堂々たるセダンボディモデル。ターボエンジンと優れたロードホールディングからターボRと名付けられたこのモデルは、当時のベントレーを救ったといわれる大ヒットモデルだった。

ところが発注主であるブルネイ王室は、このターボRをベースとした2ドアと4ドアのコンバーチブルをリクエストしたのだ。これはいかにオーダーメイドに慣れているベントレーとはいっても、簡単に実現できる話ではない。ベントレーはこの難題を解決するにあたって、ピニンファリーナの協力を得ることを考えた。その結果生まれたのが、このクルマである。

このコンバーチブル化にかかった費用は100万シンガポールドル(約1億1100万円)で、それは現存する請求書からあきらかとなっている。また、ベントレーとピニンファリーナ、そしてオーナーも出席した打ち合わせの模様や、車両の製作過程なども記録写真として残されている。

こうして完成した2ドアと4ドアのコンバーチブル・ターボRのうち、4ドア・ターボRブルネイ王室へと納車されたのだが、もう1台の2ドア・ターボR、シャシーナンバー44366はシンガポールにあったホンセ・モータースに納車された。

ナンバーマッチングも確認済み

この個体は2022年初頭までシンガポールで保管されていたが、その後英国に輸送され、2022年3月には油圧ラバーの全交換やエアコンコンプレッサーの交換、シリンダーヘッドのオーバーホールとガスケット交換、サスペンションのリフレッシュなどというメンテナンスを、7万6057ポンド(約1410万円)かけておこなっている。

さらに2023年1月にはトランスミッションのリビルトやステアリングシステムのオーバーホール、燃料タンクや電動フードの修理に2万3343ポンド(約430万円)をかけ、6月には1万8825ポンド(約350万円)をかけてボンネットを修理している。

そこまでの費用をかけて状態を維持し続けているのは、この個体が新車当時から同じエンジンを搭載し続けている、オリジナルモデルであるからだ。クラシックカーの世界ではマッチングナンバー、あるいはナンバーマッチングといわれるこれは、シャシーナンバーやエンジンナンバー、トランスミッションナンバーなどが、工場出荷時に記録されたものと一致していることを意味している。

走行距離はなんと741km。日本風にいえばワンオーナー車でもある。そんな貴重なモデルのエスティメートは37万5000ポンド~47万5000ポンド(邦貨換算約7000万円~8800万円)となっていた。製作にかかった費用と希少性からいえば、かえってロープライスともいえる値付けだ。そしてオークションでのハンマープライスは40万ポンド(邦貨換算約7420万円)であった。

当時のベントレーの魅力とピニンファリーナの職人技がなせるものがはっきりと感じ取れる1台である。

こんな記事も読まれています

D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

3件
  • hot********
    ターボRは、ボディサイズが大きすぎる以外の欠点が見当たらない程の良い車。加速するエンジン音も下腹に響く低音で心地良く、トラクションやブレーキ性能も、車重に負けていないので、ついつい飛ばしすぎるのも欠点とも言えるのか…
    また乗ってみたい珠玉の逸品だと思う。
  • hir********
    お金持ち羨ましい... この金銭感覚は人間の価値も示すのだろうか⁉ 働くのも嫌になってくる低所得者庶民の私はね..
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村