現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキ、「スイフト」を7年ぶりフルモデルチェンジ 新開発1.2リットル3気筒エンジン搭載 マイルドHVにMT車も 172万円から

ここから本文です

スズキ、「スイフト」を7年ぶりフルモデルチェンジ 新開発1.2リットル3気筒エンジン搭載 マイルドHVにMT車も 172万円から

掲載
スズキ、「スイフト」を7年ぶりフルモデルチェンジ 新開発1.2リットル3気筒エンジン搭載 マイルドHVにMT車も 172万円から

 スズキは6日、小型車「スイフト」を約7年ぶりに改良し、13日から発売すると発表した。歴代スイフトのデザインなどを踏襲しつつ走行性能に磨きをかけ、安全装備を充実させた。新開発のエンジンと無段変速機(CVT)を採用し、燃費を24.5キロメートル/リットル(WLTCモード)と17%改善させた。年間3万台の販売を目指す。

 スイフトは、スズキの世界戦略車に位置づけられ、累計の世界販売は2023年10月末で約900万台にのぼる。同日のオンライン発表会で、鈴木俊宏社長は「スイフトの成長でスズキは大きく成長した。『ドライブ&フィール』という言葉を大切に開発してきた車だ」と振り返った。

写真で見るニューモデル スズキ「スイフト」

 新型車は、ガソリン車の「XG」と、マイルドハイブリッド車(HV)の「MX」「MZ」の計3グレードを展開する。マイルドHVでは、国内向けで初となる5速手動変速機(MT)車をMXに設定した。海外にも投入する計画だ。

 スイフトのユーザーは約半数を20~30代が占める。デザインや足回りの良さを含む走行性能が評価されており、今回も一目でスイフトとわかるデザインを踏襲した。

 燃焼効率を高めた排気量1.2リットル直列3気筒の「Z12E型エンジン」を新たに開発して搭載した。CVTも刷新し、先代モデル用のCVTより1.9キログラム軽くした。「バッグドアサイドスポイラー」の採用や新形状の車体底部カバーなどにより、空気抵抗を先代モデルに比べて4.6%低減した。

 安全面では、同社初となるドライバーモニタリングシステムを採用した。カーナビゲーション横のカメラでドライバーの顔を認識し、居眠りや脇見などを検知するとブザー音やメーター表示でドライバーに警告する。

 価格(消費税込み)は172万7千円から。原材料の高騰や機能追加により「XG」では17万6千円の値上げとなる。5MT車のみ24年1月17日に発売する。

こんな記事も読まれています

BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
カー・アンド・ドライバー
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2.8385.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2.8385.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村