現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 累計1450万台の人気者もEVへ 航続395km ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリックへ試乗

ここから本文です

累計1450万台の人気者もEVへ 航続395km ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリックへ試乗

掲載 4
累計1450万台の人気者もEVへ 航続395km ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリックへ試乗

過去1450万台がラインオフした人気のコルサ

ヴォグゾール(オペル)・コルサが発売されたのは1982年。優れた仕上がりで、世界中から堅調な支持を集めてきた。これまでに1450万台がラインオフしたという事実が、実力の高さを裏付ける。同社の屋台骨になってきたモデルといっていい。

【画像】EVへの乗り換えをスムーズに コルサ・エレクトリック 同クラスの電動ハッチバックは? 全128枚

そんなコルサには、現世代でバッテリーEV版も投入されている。内燃エンジン・モデルからの乗り換えを可能な限り容易にしたと主張され、実際、見た目はほぼ同じ。給油の必要がなく、エンジン音がしないことを除いて、従来どおり運転できるのが強みだ。

英国市場では2020年3月にコルサ-eとして販売がスタートし、案の定、こちらも支持を集めた。バッテリーEVの販売ランキングで、月間のトップに輝いた時もあった。しかし、他メーカーも次々にライバルモデルを投入し、最近は人気に陰りが出ている。

その理由の1つが、価格価値。航続距離などを考えると、約3万2000ポンド(約592万円)という値段は割高に思えてしまう。例えばMG 4 EVの場合、約2万7000ポンド(約488万円)で売られている。

というわけで、コルサにもアップデートが施された。同時に名称も、コルサ・エレクトリックに改められている。フロントマスクのイメージが一新され、インテリアも新しくなり、駆動用バッテリーは僅かながら大容量の51kWhも選べるようになった。

新パワートレインで158psと395km獲得

現在、ヴォグゾールは高級感を増すことで、大衆銘柄からひとつ上のプレミアム・ブランドへ移行させようと努めている。「野心的なブランドでありたいと考えています」。とは、ヴォグゾールの経営責任者、ジェームス・テイラー氏の言葉だ。

果たして彼らの希望通り、新しいコルサ・エレクトリックは、売上に貢献することはできるだろうか。今回試乗したアルティメット・グレードの価格は、3万8585ポンド(約698万円)もする。

少なくとも、スタイリングは精悍。筆者としては、現在英国で販売されているこのクラスの小型電動ハッチバックのなかで、最もカッコイイ1台だと思う。ホンダeやプジョーe-208と、トップ争いを繰り広げられそうだ。

フェイスリフトにあわせて、LEDヘッドライトが全グレードで標準装備になった。テールゲートには、CORSAとアルファベットが並ぶ。車内には、鮮明なグラフィックの10.0インチ・タッチモニターが標準で備わる。

電動パワートレインも見直され、駆動用モーターは136psから158psの新ユニットへ置き換えられた。先出の、新しい高密度・高効率な51kWhの駆動用バッテリーと組み合わせることで、航続距離は357kmから395kmへ伸びている。

数字上は従来から1kWhの増加に過ぎないが、オペルによれば、実際に得られる効果は大きいのだとか。今後のプジョーe-208にも、同じセットアップが載ることになる。ちなみに、エントリーグレードには従来の50kWhのユニットが載るという。

足を引っ張る価格 オシはエントリーグレード

今回は、ドイツの一般道で試乗させていただいたが、フェイスリフト前からの22psの増強は確かに感じられる。とはいえ、乗り比べれば気づくといった程度で、明確に変化したとまではいえないだろう。

ユーザーフレンドリーな、パワートレインの反応は従来どおり。同じ価格帯にあるライバルへ並ぶたくましさは、しっかり備わっている。

運転のしやすさや、実用性の高さも変わらない。フェイスリフト前と同様に、コルサ・エレクトリックは内燃エンジン・モデルから乗り換えるハードルが低く感じられる。

電費は平均で7.0km/kWhに届いていた。現在のバッテリーEVとしては優秀な部類といえ、現実的な航続距離も350km程度は得られると考えていい。

それでも、やはり価格が販売の足を引っ張りそうだ。アルティメット・グレードと同程度の予算を準備すれば、小型電動クロスオーバーのジープ・アベンジャーも商談を進められてしまう。

俯瞰すると、エントリーグレードのデザインがコルサ・エレクトリックのベストチョイスに思える。駆動用バッテリーは、古い50kWhのままだとしても。

余談だが、コルサには1.2Lマイルド・ハイブリッドという選択肢が2024年に追加される予定。最高出力は、100psと135psの2段階が設けられるようだ。

ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリック・アルティメット(英国仕様)のスペック

英国価格:3万8585ポンド(約698万円)
全長:4060mm
全幅:1765mm
全高:1435mm
最高速度:149km/h
0-100km/h加速:8.2秒
航続距離:395km
電費:6.2km/kWh
CO2排出量:−
車両重量:1469kg
パワートレイン:永久磁石同期モーター
バッテリー:51.0kWh
急速充電能力:100kW
最高出力:158ps
最大トルク:26.4kg-m
ギアボックス:1速リダクション(前輪駆動)

関連タグ

こんな記事も読まれています

4度のアップデートを経て遂に登場! クシタニが2024SSガーメントを発売
4度のアップデートを経て遂に登場! クシタニが2024SSガーメントを発売
バイクのニュース
マツダCX-60とともに全国を転戦! 昨年念願の初優勝、今年さらなる飛躍を誓うプロゴルファー蛭田みな美
マツダCX-60とともに全国を転戦! 昨年念願の初優勝、今年さらなる飛躍を誓うプロゴルファー蛭田みな美
ベストカーWeb
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
Auto Messe Web
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「スズキ ジムニー」(2018年8月放映)
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「スズキ ジムニー」(2018年8月放映)
Webモーターマガジン
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
くるまのニュース
あれっボンネットに黒い点々が…… なかなか落ちない「鉄粉汚れ」を強力洗浄!!! 「KeePer(キーパー)コーティング専門店の鉄粉クリーナー」
あれっボンネットに黒い点々が…… なかなか落ちない「鉄粉汚れ」を強力洗浄!!! 「KeePer(キーパー)コーティング専門店の鉄粉クリーナー」
ベストカーWeb
【オートモビルカウンシル2024】ヒストリックカーを今、そして未来…過去最多113社が出展して開幕
【オートモビルカウンシル2024】ヒストリックカーを今、そして未来…過去最多113社が出展して開幕
レスポンス
フォーミュラE、今季中の”急速充電ピットストップ”はなさそう? ドッズCEO「未完成の技術を導入するつもりはない」
フォーミュラE、今季中の”急速充電ピットストップ”はなさそう? ドッズCEO「未完成の技術を導入するつもりはない」
motorsport.com 日本版
4月27~28日の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1大会もてぎが開催延期に
4月27~28日の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1大会もてぎが開催延期に
AUTOSPORT web
簡単に「クルマの幅寄せ」出来る方法は? すぐに「左寄せの感覚」覚えるコツあった! ホンダ「軽ワゴン」はもっと楽?
簡単に「クルマの幅寄せ」出来る方法は? すぐに「左寄せの感覚」覚えるコツあった! ホンダ「軽ワゴン」はもっと楽?
くるまのニュース
クルマにお金を費やすなら今! GR86にロードスター……電動化前に楽しみたいオススメスポーツカーたち
クルマにお金を費やすなら今! GR86にロードスター……電動化前に楽しみたいオススメスポーツカーたち
ベストカーWeb
デジタルで作れる時代に「手彫りの粘土」でクルマをデザイン! なぜいまでもクレイモデルが活用されるのかをホンダのトップモデラーに聞いた
デジタルで作れる時代に「手彫りの粘土」でクルマをデザイン! なぜいまでもクレイモデルが活用されるのかをホンダのトップモデラーに聞いた
WEB CARTOP
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
レスポンス
リバティ・メディアによるMotoGP買収、ライダーたちからは期待の声。マルケス「彼らはF1ですごいことをやったからね」
リバティ・メディアによるMotoGP買収、ライダーたちからは期待の声。マルケス「彼らはF1ですごいことをやったからね」
motorsport.com 日本版
男性の1.5倍! なぜ女性は「自動車事故」で負傷しやすいのか? データと分析から得られたその要因とは
男性の1.5倍! なぜ女性は「自動車事故」で負傷しやすいのか? データと分析から得られたその要因とは
Merkmal
ポルシェライフスタイル「ターボ No.1コレクション」発売…911ターボ50周年記念
ポルシェライフスタイル「ターボ No.1コレクション」発売…911ターボ50周年記念
レスポンス
長澤まさみさんはいないけど……会場に行くのも「ありかも」? BYDが「ATTO3」や「ドルフィン」に未発売の「SEAL」まで展示するイベントを原宿で開催中! 
長澤まさみさんはいないけど……会場に行くのも「ありかも」? BYDが「ATTO3」や「ドルフィン」に未発売の「SEAL」まで展示するイベントを原宿で開催中! 
ベストカーWeb
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

81.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.868.0万円

中古車を検索
コルサの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

81.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.868.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村