サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル、メルセデスとの契約は「ドライバー育成責任者からの電話がすべての始まり」かつてはオファーを断ったことも

ここから本文です

 メルセデスのドライバーであるジョージ・ラッセルは、かつてメルセデスのサポートを断り、永遠に彼らから見捨てられる危険を犯したことがあると述べている。

 ラッセルはウイリアムズで印象強い3年間を送ったおかげで、2022年シーズンはチャンピオンチームのメルセデスのメンバーとしてF1キャリアの次のレベルへと進む。しかし23歳のラッセルは、頂点へ到達するのにまったく異なる道をたどるか、もしくは自身によるリスクの高い決断のせいで、完全に道を外れる可能性があったという。

「ラッセルとホイール・トゥ・ホイールで戦いたい」マクラーレンF1のノリス、2022年シーズンの好スタートを期待

 2015年の初め、ラッセルはメルセデス・モータースポーツ代表のトト・ウォルフから連絡を受けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン