現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!

ここから本文です

5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!

掲載 16
5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!

 5代目シビックといえば「スポーツシビック」の呼称で知られ、トップグレードの「SiR」ばかりが注目されたが、セカンドグレードの「VTi」も走りのいいモデルだった。当時を振り返ってみたい。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/ホンダ、ベストカー編集部

5代目シビックのVTiグレードはテンロクのSiRを上回るコスパ? シュンシュン回る1.5LVTECで爽快な走りは白眉だった!!!

■5代目シビックといえばテンロクVTEC搭載のSiRばかりが脚光を浴びたが……

1991年に登場した5代目EG型シビック。トップグレードは170psを誇る1.6LDOHCのVTECを搭載したSiR

 1991年にFMCを受けて登場した5代目シビック(EG型)。通称スポーツシビックは3ドアハッチバックと「フェリオ」のサブネームが与えられたセダンの2種類が選べた。

 トップグレードは1.6LDOHCのB16A型VTECを搭載したSiR。先代4代目グランドシビック後期型から搭載されたこのユニットは、先代型の最高出力160psから10psアップの170psを絞り出していた。

 当時のテンロクスポーツでは、AE101型カローラレビン/スプリンタートレノが搭載する4A-GEが大幅パワーアップで160ps(先代AE92型は140ps)となり、EF型シビックSiRに並んでいただけに再びパワーで突き放すことに。

 1992年、4代目ミラージュに最高出力175psを発揮する1.6LのMIVEC搭載車が登場するまでは、この5代目シビックSiRがテンロクNAスポーツ最強の座についていた。

[articlelink]

■5代目シビックVTiはコスパ最高の「ボーイズレーサー」だった?

5代目シビックVTiの積んでいた1.5LSOHCのD15B型エンジン。最高出力130ps/最大トルク14.1kgmを発揮

 前置きが長くなったが、このスポーツシビックで隠れた「そこそこのスポーツグレード」だったのがVTi。1.6LDOHCのB16A型VTECに対し、こちらは1.5LSOHCのD15B型VTECを搭載していたのだった。

 最高出力170ps/最大トルク16.0kgmのB16A型に対し、D15B型は最高出力130ps/最大トルク14.1kgmとかなり控えめなスペックに見えるのだが、実はそうではないのが注目点。

シビックVTiのフロントシートとリアシート

 ライバルのAE101レビン/トレノが4A-GEを積むGTアペックスの下に、最高出力115ps/最大トルク15.0kgmのハイメカDOHC、1.6LDOHCの4A-FEを積んでいたのに対し、シビックVTiは排気量が1.5Lながら最高出力130psを発生回転数6800rpmで叩き出すエンジンだったのだ。

■1.5Lながら吸気側にのみ可変バルタイ採用で優れたパフォーマンスを発揮

シビックVTiのインテリア。今見ると非常に簡素だが、必要十分な印象

 その秘密は1.5LSOHCながら高出力と実用性両立のため、吸気側にのみ可変するバルブタイミングリフト機構を採用していたこと。吸気側カムシャフトにのみハイ/ローの2種類のカム駒を設定し、ロッカーアームを切り替えて吸排気バルブの開閉タイミングとリフト量を変化させる凝ったシステムを採用していた。

 当時、ほかの1.5Lエンジンでめぼしい存在はマツダがファミリアNEOやオートザムAZ-3などに採用していたB5-ZE型があったくらい。その最高出力も115~125psだったことを考えればシビックVTiは1.5Lトップクラスのパフォーマンスだった。

エクステリアもSiRよりVTiは簡素な感じに

 しかも当時のシビックVTiの新車価格は128万6000円と内容を考えると格安。また、当時の10.15モード燃費もライバルを凌駕する16.4km/Lをマークしていたのだから文句なし。

 当時、大学生だった実弟が最初のマイカーとしてシビックVTiの5MT車を購入したのだが、仕事で使っていた私のR32スカイラインタイプMが故障のため1カ月間の長期入院となった際に1カ月間借りて乗っていたことがある。

 そこそこ速いミドルクーペのR32スカイラインに乗っていたこともあり、1.5Lのシビックじゃ大したことないだろうと勝手に先入観を抱いていたのだが、1カ月間乗っていたらすっかりVTiの虜になってしまっていた(笑)。

 パワー感こそさほどでもなかったが、まるでバイクのようにシュンシュンと回る1.5LVTECエンジンに、わずか990kgと1トンを切る軽量ボディ、5MTを駆使して走り回っていると、その爽快感たるや2LターボのタイプMとはまた違った世界を味わせてくれたことに驚かされたものだ。

 何となくだけど、テンロクNAを積んでいた先代型スイフトスポーツのような感じだったのかなあと今さらながら感慨に耽っていたりする。

こんな記事も読まれています

400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
くるまのニュース
ヨス・フェルスタッペンがオーストリアGPでレッドブルRB8をデモランへ。息子マックスとの”共演”が実現?
ヨス・フェルスタッペンがオーストリアGPでレッドブルRB8をデモランへ。息子マックスとの”共演”が実現?
motorsport.com 日本版
大学への通学2時間でドラテク磨き!「若者のクルマ離れ」がウソのような「軽自動車レース」に青春を捧げた20代男子の英才教育とは
大学への通学2時間でドラテク磨き!「若者のクルマ離れ」がウソのような「軽自動車レース」に青春を捧げた20代男子の英才教育とは
Auto Messe Web
日産ローレルHT2000SGX(昭和47/1972年4月発売・KHC130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト069】
日産ローレルHT2000SGX(昭和47/1972年4月発売・KHC130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト069】
Webモーターマガジン
トヨタ『カローラFX』が米国で登場…現代的でスポーティ
トヨタ『カローラFX』が米国で登場…現代的でスポーティ
レスポンス
日産はレクサスLMよりずっと早く「超VIPミニバン」を作っていた! 「エルグランド・ロイヤルライン」の中身がスゴイぞ!!
日産はレクサスLMよりずっと早く「超VIPミニバン」を作っていた! 「エルグランド・ロイヤルライン」の中身がスゴイぞ!!
WEB CARTOP
サリーン、水素エンジン車でのル・マン復帰を計画中。数年以内にロードカーを生産へ
サリーン、水素エンジン車でのル・マン復帰を計画中。数年以内にロードカーを生産へ
AUTOSPORT web
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
WEB CARTOP
トヨタ「“丸目”商用バン」実車公開! めちゃ「四角い」懐かし系「車中泊」モデル! オシャ内装も魅力的な「Fillmore」がカッコイイ
トヨタ「“丸目”商用バン」実車公開! めちゃ「四角い」懐かし系「車中泊」モデル! オシャ内装も魅力的な「Fillmore」がカッコイイ
くるまのニュース
市販カーナビ最大!アルパイン「11型大画面カーナビ」にトヨタ・ハイエース専用モデルが登場
市販カーナビ最大!アルパイン「11型大画面カーナビ」にトヨタ・ハイエース専用モデルが登場
VAGUE
「台湾の巨匠」ホウ・シャオシェン最後のプロデュース作品『オールド・フォックス 11歳の選択』
「台湾の巨匠」ホウ・シャオシェン最後のプロデュース作品『オールド・フォックス 11歳の選択』
バイクのニュース
フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
レスポンス
まさか!? 4時間セーフティカー&またSCでレースは振り出しに……2号車キャデラックが暫定トップ|ル・マン24時間:18時間経過
まさか!? 4時間セーフティカー&またSCでレースは振り出しに……2号車キャデラックが暫定トップ|ル・マン24時間:18時間経過
motorsport.com 日本版
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
くるまのニュース
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
モーサイ
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
Merkmal
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
Webモーターマガジン

みんなのコメント

16件
  • altimaser
    元オーナー。新車で150万以下。サスも腰がありVTECで気持ちいい。
    高速行くとドイツ車のように安定しふらつかない。
    あの頃のホンダ車はまだまだ宗一郎さんのオーラがあったように
    感じる。今のクルマは時代に合って素晴らしいがあの時代に
    存在したトップモデルの下のグレードも素晴らしかった。
  • tmo********
    ホンダさんよ
    これでいいんです!
    高級高額な車もいいけど、こんなクルマ作ってくれよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9260.3万円

中古車を検索
シビックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9260.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村