サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 停車時にNAロードスターから「チャポン」音? 致命的な水回りトラブルを、FRPでスパッと解決

ここから本文です
雨漏りをはじめ、初代ロードスターにとって雨、水との格闘は日常茶飯事。とくに初代ともなれば生産から30年以上も経過しているので、深刻なトラブルも発生してくる。その中でも「サイドシル」のサビは厄介だ。これをキレイさっぱりと補修できるというので、さっそく試してみた。

ボディ表面にサビが浮き出てくると内側は相当ひどい状態かも!?
オープンカーはその構造上、雨水の影響を受けがち。とくに初代ロードスターは、「サイドシル」と呼ばれる部位が致命的だ。これは雨水の通り道なのだが、この穴が詰まってしまうと、ここに水がたまってしまうのだ。素材は鉄、サビが発生するのは必至だろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ