現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクルもいいけどワゴンもよくない? フォルクスワーゲン9代目パサート ヴァリアントが8月末に世界初公開!

ここから本文です

ランクルもいいけどワゴンもよくない? フォルクスワーゲン9代目パサート ヴァリアントが8月末に世界初公開!

掲載 16
ランクルもいいけどワゴンもよくない? フォルクスワーゲン9代目パサート ヴァリアントが8月末に世界初公開!

 世間ではSUVの天下が続いているが、セダン感覚で荷物も積めるステーションワゴンも捨てがたい。そのワゴンの老舗中の老舗、フォルクスワーゲンのパサート ヴァリアントが8月中にフルモデルチェンジすることをご存じだろうか。今作で9代目となる新型パサートの最新情報をお届けしよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/フォルクスワーゲン

ランクルもいいけどワゴンもよくない? フォルクスワーゲン9代目パサート ヴァリアントが8月末に世界初公開!

■セダンを廃止しステーションワゴンに一本化!

フォルクスワーゲン新型パサート ヴァリアント(テストミュール車両)

 派手な存在感はないが、使い勝手のいいセダン&ワゴンとしてフォルクスワーゲンの屋台骨を支えてきたパサート。初代の発売が1973年だから、その歴史はなんと50年にもなる。

 そのパサートが8月末にフルモデルチェンジを迎える。先代デビューが2014年の発売(日本デビューは翌年)だったから、9年ぶりの完全刷新だ。

 新型だが、土台とするプラットフォームはゴルフ8と同じ「MQB-Evo」。ゴルフ7や現行ティグアンが採用したMQBと基本は同じだが、剛性面や軽さで進化し、電動化のバッテリー搭載なども考慮されている。

 とはいえ新型パサート最大のトピックはそこではない。次期パサートはセダンボディを廃止し、ヴァリアント(ステーションワゴン)に一本化されるのだ。一説にはアウディの次期A4もアバントを廃止するという情報だが、世界的なセダン不振を受けての決定だろう。

 さておきパサートヴァリアントのボディだが、現行よりもさらに一回り大きくなり、全長は4900mmを突破するもよう。全幅も1850mmをわずかにオーバーしそうだから、立体駐車場利用時などは注意が要りそうだ。

 とはいえホイールベースも2850mmまで拡大するはずだから、乗り心地面では優位になる。さらに新世代のアダプティブシャシーコントロール(DCC Pro)を採用し、後席シートは足元スペースを5cm拡大、形状もよりコンフォートに改良されるというから、路面を問わず快適なドライブが楽しめそうだ。

■サイズはさらに大きく。PHEVもラインナップ

センターコンソール上に大型のタッチ式ディスプレイを搭載

 ボディサイズ拡大は当然ラゲッジスペースにも寄与する。荷室容量は後席使用時でも690リットルというから、新型Eクラスワゴンよりも広い。さらに後席を倒せば1920リットルまで拡大するから(Eクラスは1820リットル)、荷物が積めないという不満は感じないだろう。

 インテリアだが、歴代パサートの合理的なたたずまいは残しつつ、大画面ディスプレイを融合した。センターコンソール上のディスプレイは標準で12.9インチだが、オプションにより15インチも取り付け可能だという。

 ディスプレイ下には、ゴルフ8で採用したタッチスライダーが装着されている。オーディオ音量やエアコンを指のスライドでコントロールするUIだが、ゴルフ8については使い勝手に不評があり、VW自身も変更を発表している。新型パサートでは新しいUIが適用されているのかもしれない。

 パワートレインについては多彩なラインナップとなる。TDI、TSI、eTSI(マイルドハイブリッド)のほか、プラグインハイブリッドも登場するという。このPHEV、1.5リッターにモーターを組み合わせると予想されており、EVモードで100km超の走行が可能というから楽しみだ。

 日本導入がいつになるのかは今のところ不明だが、来春までには実現するだろう。今年のフォルクスワーゲンはフルモデルチェンジラッシュで、パサートに続いて秋にはティグアンもフルモデルチェンジするというから楽しみだ!

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
くるまのニュース
【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
バイクのニュース
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
バイクブロス
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
ベストカーWeb
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
くるまのニュース
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
motorsport.com 日本版
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
WEB CARTOP
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
くるまのニュース
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
motorsport.com 日本版
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
レスポンス
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
motorsport.com 日本版
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
乗りものニュース
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
VAGUE
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
くるまのニュース
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
Auto Messe Web
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
新グラフィック「DISCIPLINE」がツーリング用ヘルメット「GT-Air 3」に追加!首もと斜めストライプが目立つ!  
新グラフィック「DISCIPLINE」がツーリング用ヘルメット「GT-Air 3」に追加!首もと斜めストライプが目立つ!  
モーサイ

みんなのコメント

16件
  • アウディのアバントってステーションワゴンでしょ?
  • アウディA4で廃止になるのはセダンでしょ。
    校閲していないのかね?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0508.0万円

中古車を検索
パサートヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0508.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村