現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国産「高級ミニバン」最強モデル!? ホンダの巨大な「爆速ミニバン」が凄すぎ! 300馬力を叩き出す「エリシオン プレステージ」の驚異的な加速とは

ここから本文です

国産「高級ミニバン」最強モデル!? ホンダの巨大な「爆速ミニバン」が凄すぎ! 300馬力を叩き出す「エリシオン プレステージ」の驚異的な加速とは

掲載 49
国産「高級ミニバン」最強モデル!? ホンダの巨大な「爆速ミニバン」が凄すぎ! 300馬力を叩き出す「エリシオン プレステージ」の驚異的な加速とは

■ホンダらしい!最速の「大型高級ミニバン」とは

 トヨタは2023年6月に、新型高級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」を発売。
 
 また2023年秋にはレクサスブランドの新型高級ミニバン「LM」を日本でも発売することを公表していることから、日本の大型高級ミニバン市場が活気づいています。
 
 その中でも、最大出力279馬力を発揮するハイパワーなエンジンを用意した新型ヴェルファイアが高い注目を集めていますが、実はホンダが過去にこれ以上にパワフルな大型高級ミニバンを販売していたといいます。一体どのようなクルマなのでしょうか。

【画像】この顔は恐すぎ!? 中国仕様のホンダ「エリシオン」の凄いデザインを見る(52枚)

 そのクルマは、2007年にホンダが発売した「エリシオン プレステージ」。

 全長4920mm×全幅1845mm×全高1790-1810mmと巨大なボディに、300馬力を発揮する高出力エンジンを搭載した、かつてなくパワフルな大型高級ミニバンでした。

 エリシオン プレステージのベースモデルとなったホンダ「エリシオン」は、広い室内空間を持った上級ミニバンです。

 2004年に発売されたエリシオンは、それまで同社のラインナップにおける最大サイズのミニバンだった「オデッセイ」を上回る全長や全幅、全高を持つ、より大型のモデルとして登場。

 さらに新開発の低床プラットフォームによって、より広い室内と安定した操縦安定性を武器に、国内のミニバン市場で独自のポジションを築きました。

 エリシオンはデビュー時に、上位グレードとして最高出力250馬力を発揮する3リッターV型6気筒エンジンをラインナップしており、すでに加速力や走行性能に一切の不足もなく快適な走行を可能としていました。

 しかしそのレベルの走りではホンダは満足できなかったのか、3年後の2007年にさらなる上位モデルをホンダは誕生させます。

 それが先述のエリシオン プレステージでした。

 同車が新たに採用した3.5リッターV型6気筒エンジンは、当時国内のホンダ車として最大排気量であり、さらにホンダにとって最高級車である「レジェンド」に当時搭載していたエンジンと同じもの。

 そのスペックは最高出力300馬力・最大トルク36.0kgmにも上り、車重1940kgという約2トンのボディを軽々と走らせ、0-100km/h加速が7秒台前半という、スポーツカー並みの性能を発揮します。

 そのため、プレステージ専用の迫力ある攻撃的なフロントマスクの特別感とも相まって、当時「国産最強最速のミニバン」とうたわれていました。

こうしたエリシオン プレステージのミニバンらしからぬ高性能ぶりは、今でもコアなファンから支持されており、ミニバンとは思えない加速を紹介する動画もSNSなどで見られます。

 そんなホンダ渾身の大型高級ハイパワーミニバンだったエリシオン プレステージですが、先行して登場していたライバルを上まわるほどの人気を獲得するには至らず、ベースモデルのエリシオンともに、2013年には生産を終了しました。

 現在では、エリシオンの名は中国市場で展開される大型ミニバンの車名に採用されており、日本で販売されない寂しさもありますが、エリシオンの名前は今も生き続けています。

こんな記事も読まれています

スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
くるまのニュース
[15秒でわかる]SVE『YENKO/SC 1000HP C8コルベット』...1000HPのモンスターマシン
[15秒でわかる]SVE『YENKO/SC 1000HP C8コルベット』...1000HPのモンスターマシン
レスポンス
ブガッティの名車「タイプ35」、75%スケールのEVで再現…最高速68km/h
ブガッティの名車「タイプ35」、75%スケールのEVで再現…最高速68km/h
レスポンス
GSで慌てる「給油口どっち!?」 実は車に乗ったまま確認できる! 覚えておきたい“便利なマーク”ってどんなもの?
GSで慌てる「給油口どっち!?」 実は車に乗ったまま確認できる! 覚えておきたい“便利なマーク”ってどんなもの?
くるまのニュース
バイクはクルマより体力が必要! その理由とは?
バイクはクルマより体力が必要! その理由とは?
バイクのニュース
電動ゴルフの高性能版「GTE」に改良新型、272馬力に強化…VWが欧州で受注を開始
電動ゴルフの高性能版「GTE」に改良新型、272馬力に強化…VWが欧州で受注を開始
レスポンス
インディ500予選2日目、佐藤琢磨は10番手。ペンスキーがフロントロウ独占、マクログリンが圧巻ポール
インディ500予選2日目、佐藤琢磨は10番手。ペンスキーがフロントロウ独占、マクログリンが圧巻ポール
motorsport.com 日本版
出会ったらびっくり… 1700万円超え「レクサス・パトカー」登場! GT-R&NSXなど“最強パトカー軍団”も!? 栃木で目撃されるワケ
出会ったらびっくり… 1700万円超え「レクサス・パトカー」登場! GT-R&NSXなど“最強パトカー軍団”も!? 栃木で目撃されるワケ
くるまのニュース
日本発売直前で幻となったVWのEVを覚えていますか?【懐かしのカーカタログ】
日本発売直前で幻となったVWのEVを覚えていますか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
スズキが「大排気量スポーツアドベンチャーツアラー」を新発売! Vツインエンジン搭載の新型「Vストローム1050」は長距離ツーリングも快適です
スズキが「大排気量スポーツアドベンチャーツアラー」を新発売! Vツインエンジン搭載の新型「Vストローム1050」は長距離ツーリングも快適です
VAGUE
角田裕毅、スタートで順位を落としたのが痛すぎた「ストレートが速いヒュルケンベルグに先行され、レースに妥協を強いられてしまった」
角田裕毅、スタートで順位を落としたのが痛すぎた「ストレートが速いヒュルケンベルグに先行され、レースに妥協を強いられてしまった」
motorsport.com 日本版
アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
レスポンス
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
WEB CARTOP
日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日刊自動車新聞
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
AutoBild Japan
JLR ピュアEVブランド化目前のジャガーF-PACEにICE搭載の25MY受注開始
JLR ピュアEVブランド化目前のジャガーF-PACEにICE搭載の25MY受注開始
Auto Prove
予選2番手のピアストリにペナルティ。マグヌッセンへの妨害で決勝3グリッド降格/F1第7戦
予選2番手のピアストリにペナルティ。マグヌッセンへの妨害で決勝3グリッド降格/F1第7戦
AUTOSPORT web
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
くるまのニュース

みんなのコメント

49件
  • 「走りは良かった」

    ミニバンに走りを求める事が売れない原因ですね。
  • 後出しジャンケンなのに勝てなくて、もう日本じゃ作りません。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.6157.8万円

中古車を検索
エリシオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.6157.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村