サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ プリウスが一部改良、同時に福祉車両も仕様変更

ここから本文です

トヨタ プリウスが一部改良、同時に福祉車両も仕様変更

トヨタ プリウスが一部改良、同時に福祉車両も仕様変更

2020/7/1(水)配信

 トヨタは、2020年7月1日、プリウスおよびプリウスPHVを一部改良し、同日発売した。また福祉車両(ウェルキャブ)についても、ベース車と同様の改良が施された。

【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

 今回の改良では、予防安全パッケージ機能を向上。具体的には、プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者、昼間の自転車に拡大したことに加え、レーダークルーズコントロール使用時において、操舵を支援するレーントレーシングアシストを装備するなど、使い勝手を向上させている。さらに、インテリジェントクリアランスソナーも全車標準装備となった。

 また、トヨタ初の「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」を採用。これは、プラスサポート用スマートキー(販売店オプション)で解錠すると、ペダルの踏み間違いを検知した際、進行方向に障害物がなくても加速を抑制するシステム。これにより踏み間違いによる事故の抑止や被害軽減を期待できる。

 そのほかAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備したほか、プリウスPHVでは、ソーラー充電システムを全車オプション設定とした。

●価格帯
・プリウス助手席回転チルトシート車”Aタイプ”:282万7000円~328万円*1
・プリウス助手席回転チルトシート車”Bタイプ”:264万4000円~305万6000円*1
・プリウスフレンドマチック取付用専用車”タイプI”:272万1000円~317万4000円*2
・プリウスフレンドマチック取付用専用車”タイプII”:280万7000円~318万9000円*2
・プリウスフレンドマチック取付用専用車”タイプIII”:299万8000円~341万円*2
・プリウスフレンドマチック取付用専用車”タイプIV”:332万9000円~371万1000円*2
・プリウスPHV助手席回転チルトシート車:349万1000円~398万3000円*1

*1消費税10%。北海道、沖縄のみ価格が異なる。

*2消費税非課税。ただしフレンドマチック取付用専用車”タイプI”は、車両購入時に運転補助装置を装着した場合のみ消費税は非課税。北海道、沖縄のみ価格が異なる。

トヨタ プリウスが一部改良、同時に福祉車両も仕様変更はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します