サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期型「エクストレイル」どうなる? 日産新型「ローグ」登場で日本投入迫る!

ここから本文です

次期型「エクストレイル」どうなる? 日産新型「ローグ」登場で日本投入迫る!

■次期型エクストレイルを示唆する新型ローグってどんなモデルなのか

 2020年6月15日に、日産は米国にて新型「ローグ」を発表。ローグは日産の北米市場で重要な1台で、2013年に登場した現行ローグは日本の「エクストレイル」と兄弟関係にあります。

日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

 つまり新型ローグを見ると、「次期エクストレイルがわかる」というわけです。では、次期型エクストレイルはどのようなモデルとなるのでしょうか。

 2020年5月28日に産の内田誠社長兼CEOは、事業構造計画発表「NISSAN NEXT」の会見で、「失敗を認め、正しい軌道に修正し、構造改革を一切の妥協なく断行する」と語りました。

 その内容は工場の閉鎖、生産能力の最適化、アライアンスのさらなる強化、そして商品の高齢化を解消するために「積極的な新車投入」を公言。具体的には今後18か月の間に12の新型車が投入されるといいます。

 そして、会見の締めくくりに流された「NISSAN NEXT:From A to Z」という映像には12の新型車が登場しましたが、その新車投入第1弾は5月15日にタイで発表されたコンパクトクロスオーバーSUV「キックス」、そして第2弾が前述の新型ローグです。

 新型ローグの外観デザインは、都会派を意識したデザインだった現行エクストレイルに対して初代/2代目を彷彿とさせるボクシーなフォルムへと変貌。

 とくにフロントマスクは進化したVモーショングリルと上下2分割式のヘッドライト、サイドはUシェイプと呼ばれるハイライト、リアは現行モデルのイメージを残していますが、全体的には力強さをアップ。

 ちなみにボディサイズは現行ローグとほぼ同等です。つまり、「SUVらしさ」をより強調したデザインというわけですが、この辺りはトヨタ「RAV4」とよく似ているような気がします。

 一方、内装は現行ローグよりも乗用車テイストの洗練されたデザインで、12.3インチのフルデジタルメーター、10.8インチのフルカラーヘッドアップディスプレイ、センターの9.0インチタッチスクリーンなどにより先進性を高めながらも、フローティング形状が特長の「ブリッジセンターコンソール」で、SUVらしい堅牢で守られた室内空間をイメージしているといいます。

 ちなみに上級モデルの「プラチナ」はキルトデザインのレザーシートやBOSEプレミアムオーディオシステムなどが奢られます。つまり、ノーマルの時点で「エクストレイル AUTECH」レベルといってもいいかもしれません。

■走り&安全はどのような進化を遂げた?

 パワートレインは、現行ローグの進化版となる自然吸気の2.5リッター直列4気筒エンジンを搭載。しかし今回、日産の重要な柱のひとつ「電動化」を用いたパワートレインに関してのアナウンスはありませんでした。

 ただ、次期エクストレイルは間違いなく電動化パワートレインが主になるでしょう。

 筆者(山本シンヤ)としては、高効率の新エンジンと組み合わせた「e-POWER」であることを期待したいです。

 ちなみにプラグインハイブリッドを搭載するという噂もありますが、これはアライアンス関係のある三菱からシステムが供給される可能性も否定できません。

 シャシ関係はどうでしょうか。発表時のプレゼンでは「新プラットフォーム採用」と語っていましたが、ホイールベースは現行ローグと同じであることから予想すると、剛性アップと軽量化がおこなわれている「進化版CMF-C/D」だと思われます。

 もちろんサスペンションの最適化やクイックギアレシオのステアリング&ラックマウントEPSの採用に加えて、走行モードと連動して4つのタイヤを個別制御してコーナリングをアシストする「ビークルモーションコントロール」を採用。

 ちなみにAWDシステムの詳細は不明ながら、プレゼンでは「新開発の電子制御クラッチを採用」と発表されています。

 先進の安全支援システム「プロパイロット」もバージョンアップ。センサーはミリ波レーダーと単眼カメラのセンサーフュージョンタイプを採用。

 実は、このタイプは2020年に実施された現行ローグの一部改良で先行投入された物です。北米向けはナビと連動して速度調整をおこなう「Withナビリンク」機能が追加されていますが、日本向けとしては「スカイライン」に続く「プロパイロット2.0」搭載モデルになるのでしょうか。

 新型ローグは、最初から「カラーヘッドアップディスプレイ」と「ラックマウントEPS」が採用されていることを踏まえると、その可能性は非常に高いと筆者は予測しています。

 新型ローグの発売は、北米市場で2020年の秋からの予定と発表されましたが、新型エクストレイルはどうなるのでしょうか。

 ちなみに、現行エクストレイルの仕様変更は2020年1月に実施されているので、それを踏まえると2021年の初頭というのが現実的な日本市場への投入タイミングなのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します