現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【賢者の選択】クロカンの雄ランドローバーの雰囲気も漂わせる味わい深いアメ車「フォード エクスプローラー スポーツトラック」はいかが?

ここから本文です

【賢者の選択】クロカンの雄ランドローバーの雰囲気も漂わせる味わい深いアメ車「フォード エクスプローラー スポーツトラック」はいかが?

掲載
【賢者の選択】クロカンの雄ランドローバーの雰囲気も漂わせる味わい深いアメ車「フォード エクスプローラー スポーツトラック」はいかが?

今回は、自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が注目している中古車モデルを紹介してもらった。ぜひ、中古車選びの参考にしてほしい。 

様々なブランドのテイストが融合した奥深いピックアップトラック

カーセンサーEDGE.netはこちら

「キング・オブ・ピックアップ」といえばフォードのFシリーズである。

フォードのFシリーズは、米国で1948年より売上NO.1を維持している最強のピックアップトラックだ。もちろん、スタイリングだけで半世紀以上トップに君臨することができるわけではない。信頼性、耐久性、そして性能も加味されているに違いない。そう考えれば、フォードのピックアップ系は絶対的なメソッドがあるのだと思うのだ。

それをもって今、注目している中古車の狙い目モデルが、フォード エクスプローラースポーツトラックだ。

1990年に発売されたSUVのエクスプローラーだが、2001年に発売された3代目、2005年の4代目の人気が高かったため、ご存じの方も多いだろう。正規輸入としては途絶えてしまったが、本国では依然人気が高い。日本ではSUVのパトカーを見かけることはほとんどないが、アメリカでは5代目エクスプローラーのポリスカーが結構多く走っている。それだけ地域を統括する、ジェネラルな雰囲気が漂ったモデルということだろう。日本でいうクラウンっぽい車といえばわかりやすいだろうか。とにかく認知度が高いモデルなのである。

フォード エクスプローラースポーツトラックは、本場のSUVにピックアップトラック史上最強のメソッドを組み合わせて誕生したモデルだ。このピックアップが日本に正規輸入されたのは、2007年に登場した2代目のみである。  もともとフォードという会社は、英国のランドローバー社とつながりがある。フォードはランドローバーやアストンマーティン、ジャガー、ボルボといったブランドを傘下としていた時代があったからだ。これらを売却した後もプラットフォームとエンジン、そしてデザインを見れば、そのつながりが続いたことはおわかりいただけるのではないだろうか。ちなみに、日本のマツダも大いに関連性がある。

ジャガーのデザインで著名なイアン・カラム氏の弟は、フォードのデザイン責任者であり副社長まで務めたモーレイ・カラム氏。今回フューチャーしたエクスプローラースポーツトラックの随所に、どことなく英国車の雰囲気が漂っているのはそういう理由からだ。

アメリカ車でありながらどこか武骨すぎないデザイン。それは飽きのこないデザインと言い換えることもでき、10年経っても色あせない。特にAピラーより後ろのデザインは塊感があって力強く、それでいて繊細な雰囲気もある。後席のキャビンとドアまわり、荷台の部分のデザインは練りに練りこまれていて、ランドローバー ディスカバリー3のアイデンティティも入っている。だから、「ただのざっくりとしたアメ車感」「ただ大きいだけのSUV」という感じが薄いのである。

デザインだけでなく、中身を見れば大陸で鍛えたタフな4WD性能を持ち合わせていることがわかる。このエクスプローラースポーツトラックは後に、4ドア版ミッドサイズピックアップのレンジャーに変わってしまった。

フォードというSUVのブランドが販売した、乗用車系最後のピックアップ4ドアがエクスプローラースポーツトラックなのだ。カーセンサーEDGE.net上において、ピックアップモデルの掲載台数は全体的に少なく、それだけでかなりEDGEの効いた選択となるが、エクスプローラースポーツトラックの掲載台数は現在約30台とまだまだ選べる品を揃えている。中古車平均価格は170万円台に落ち着いていることから、ワイルドに使うこともでき、街中でもセンスを感じさせる、今買いの1台といえるのではないだろうか。  フォード エクスプローラースポーツトラックの中古車を探す▼検索条件フォード エクスプローラースポーツトラック × 全国フォード エクスプローラーの中古車を探す▼検索条件フォード エクスプローラー × 全国文/松本英雄、写真/Ford Motor Company

カーセンサーEDGE.netはこちら

こんな記事も読まれています

たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
WEB CARTOP
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
motorsport.com 日本版
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
レスポンス
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
バイクブロス
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
乗りものニュース
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
VAGUE
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
くるまのニュース
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
バイクのニュース
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
AUTOSPORT web
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
motorsport.com 日本版
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
モーサイ
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
月刊自家用車WEB
【ドライブグルメ】上信越自動車道・横川SA(下り)で、軽井沢に着く前に腹ごしらえをしておこう!
【ドライブグルメ】上信越自動車道・横川SA(下り)で、軽井沢に着く前に腹ごしらえをしておこう!
Webモーターマガジン
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0498.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

90.0258.0万円

中古車を検索
エクスプローラースポーツトラックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0498.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

90.0258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村