現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本では1500台限定だった日産マイクラC+C。ドイツでは「気軽に楽しめるコンパクトオープンカー」として今でも人気!

ここから本文です

日本では1500台限定だった日産マイクラC+C。ドイツでは「気軽に楽しめるコンパクトオープンカー」として今でも人気!

掲載 更新
日本では1500台限定だった日産マイクラC+C。ドイツでは「気軽に楽しめるコンパクトオープンカー」として今でも人気!

北海道よりも北にありながら、今シーズンは暖冬だったドイツの首都、ベルリン。最近の気温は10度を優に超え、日照時間も伸びてきていることもあり、人々は早速テラス席でお茶を飲んだり、食事をしたりしています。日本人の筆者からすると、「まださすがに寒すぎるのでは?」と思うのですが…

道を行くクルマの様子も、少しずつ春めいてきました。冬の間は幌を閉めていたオープンカーも、この陽気に誘われるようにして、開け放って走る人々も増えてきています。今回ご紹介するクルマは、そんなドイツでよく見かける「気軽なオープンカー」のひとつ、日産マイクラC+Cです。

5ナンバーに収まるコンパクトさが魅力!現行3シリーズよりもコンパクトなBMWの2代目5シリーズ(E28)、「525e」に遭遇

日本名は「マーチ」

「マイクラ」の名前に聞き覚えがなくても、このスタイリングを見ればピンとくる方も多いのではないでしょうか。マイクラは日産マーチの欧州名で、マイクロ(micro)からの造語です。ちなみにC+Cはクーペ+コンバーチブル (Coupe+Convertible) から取られています。

一見、3代目マーチであるK12型の屋根を切ってハードトップのオープンカーに仕上げただけのように見えますが、車高は110mm低められ、全長も90mm延長されるなど、プロポーションにも手が入れられています。数値的にはわずかではありますが、ロー&ロングかつ、エレガントな雰囲気を強めていて、クローズ状態のスタイリングもなかなかスポーティ。オープン化にあたっては、大衆車をエレガントなカブリオレに変身させることに関しては一流の、カルマン社が開発・生産について協力しています。

「肩肘張らない」コンパクトオープンカー

ヨーロッパでは、マツダ・ロードスターやスマート・フォーツー・カブリオのような完全2シーターのオープンや、ポルシェ・911カブリオレのような高性能スポーツカーのカブリオレだけでなく、プジョー・306カブリオレやフォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレのような、ハッチバックをベースにしたオープンカーも一定の人気があります。

小さいながらも後部座席を備えたオープンカーは、人を乗せるのにはちょっと狭いとしても、普段の荷物置き場として重宝するなど、ある程度の実用性も確保。そのおかげで、普段から気楽に乗れるクルマとして市民権を得ているのでしょう。

マイクラC+Cがデビューしたのは2005年、同年11月からヨーロッパで販売されました。販売当初の反響は大きく、当時ライバルだったプジョー206CCやミニ・コンバーチブル、オペル・ティグラといった、スポーツカーを除いた小型オープンカー部門でそれらに次ぐ販売実績を記録。年間15,000台を売り上げる人気車種となりました。マイクラC+Cは、2010年に次期型へバトンタッチするまで生産されます。

マイクラC+Cのユニークなところは、「マーチ」の名前に変更されず、このままのネーミングで日本でも発売されているところです。2007年から2010年まで1500台限定で販売され、日本へは1.6リッターエンジンのCVTと5速マニュアルの2種類が導入されていました。日本ではマーチ25周年記念モデルとして華々しく宣伝されましたが、新車価格は249.9万円と、先代K11型のマーチ・カブリオレと比較するとかなり強気の値段設定。現在ではかなり値段が下がってきているので、中古車市場で探してみるのも面白いかもしれませんね。

幅広い年齢層に人気

ハードトップ製ルーフの開閉時間は約22秒、さらにルーフはかなり広いグラスエリアが取られているなど、オープン・クローズ状態を問わず開放感の高いマイクラC+C。ドイツでは生産終了から10年近く過ぎている今でも、街中で多くの元気なマイクラC+Cを見かけることができます。女性ドライバーや、ご高齢のドライバーも多く、老若男女問わず多くの人々に愛されている様子が伺えます。

日本での価格はそれほど安くはなかったマイクラC+Cでしたが、ヨーロッパは手軽で気楽なオープンカーとして今でも親しまれています。今後もこうした、ハッチバックベースの気軽に楽しめる4座のオープンカーが、安く販売されたらいいなと常々思っているのですが、SUV一辺倒の世界的な流れを見ているとなかなか難しそうですね。そうしたことからも、マイクラC+Cがヨーロッパの地で完全に引退するのは、まだまだ先のことになりそうです。

[ライター・カメラ/守屋健]

こんな記事も読まれています

角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
motorsport.com 日本版
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
乗りものニュース
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
バイクブロス
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
くるまのニュース
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
バイクブロス
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
バイクブロス
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
レスポンス
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
Auto Messe Web
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
AutoBild Japan
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
AUTOCAR JAPAN
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
くるまのニュース
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
レスポンス
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
くるまのニュース
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0140.0万円

中古車を検索
マイクラC+Cの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0140.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村