現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 顔と車名が一致したら相当なマニア確定! 「オートザム・クレフ」というマツダの激レアセダンとは

ここから本文です

顔と車名が一致したら相当なマニア確定! 「オートザム・クレフ」というマツダの激レアセダンとは

掲載 35
顔と車名が一致したら相当なマニア確定! 「オートザム・クレフ」というマツダの激レアセダンとは

 この記事をまとめると

■オートザム・クレフについて解説

不人気でもよく見りゃ超イケてる! 実力は「一級品」なのに「中古が安い」絶版国産セダン4選

■クロノスをベースとした4ドアセダン

■キャッチコピーは「新世代のスポーツサルーン」

 なかなか出会うことのできない幻のクルマ

 今では“魂動デザイン”を採用し、プレミアム感溢れるモデルたちをリリースして多くのファンを獲得しているマツダ。しかし90年代初頭には自社のシェアを拡大しようと5チャンネル体制を打ち上げた結果、近い車格のクルマが増え、お互いにシェアを食い合ってしまうという悲劇に見舞われた過去があった。

 その代表格とも言えるのが、カペラの後継車種として登場した「クロノス」と、それをベースとする多くの派生車だ。

 なかでも当時のオートザム店用にリリースされた「オートザム・クレフ」は、当時から現在に至るまで、路上で見かけることはほぼない幻のクルマとなってしまっている。

 1992年5月に登場したクレフは、前述したように新たなマツダのミドルクラスセダンとして登場したクロノスをベースとした4ドアセダンだが、エクステリアについてはクロノスの面影は全くなく、クレフ専用の意匠がおごられていた。

 そのデザインは、当時としては画期的なグリルレスのフロントマスクに角の取れた丸みを帯びたスタイリングとなっており、今改めてみると輸入車を思わせる悪くないものとなっていた。

 キャッチコピーには「新世代のスポーツサルーン」で、4WDモデルにこそ直列4気筒2リッターエンジンが用意されていたものの、メインはV型6気筒の2リッターと2.5リッターとなっており、後者ではハイオク仕様で200馬力というスポーツサルーンに相応しい出力を持っていた。

 しかし当時のオートザム店はキャロルやレビュー、AZ-ワゴン(ワゴンRのOEM車)などのコンパクトカーが主力商品となっており、そもそも3ナンバーボディを持ったミドルクラスセダンを求めるユーザーが少なかったことや、輸入車感のあるデザインも、オートザム店は輸入車であるランチアのモデルも取り扱っていたため、ホンモノの前ではなすすべ無しだったのだろう。

 93年にはグリルレスが販売低迷の原因と考えたのか、グリル部分にスリットを入れ、大型フォグランプを備えたフロントマスクを持った特別仕様車「リミテッドX」をリリースするが、こちらもほとんど話題に上ることはなく、登場からわずか2年後の94年春には生産を終了。総生産台数は5000台ちょっとという惨憺たる結果となってしまった。

こんな記事も読まれています

嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP

みんなのコメント

35件
  • 顔と車名が一致したら相当なマニア確定! 

    じゃ、オレは相当なマニアだ!
  • 下手なマイナーモデルより「珍車」として知ってる人は多い
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.8228.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
クレフの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.8228.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村