現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 黒グリルが「めちゃ精悍」! 斬新シフト搭載の「小さな高級車」日本発売! 新型「A3」セダンとハッチで426万円から登場

ここから本文です

黒グリルが「めちゃ精悍」! 斬新シフト搭載の「小さな高級車」日本発売! 新型「A3」セダンとハッチで426万円から登場

掲載 28
黒グリルが「めちゃ精悍」! 斬新シフト搭載の「小さな高級車」日本発売! 新型「A3」セダンとハッチで426万円から登場

 アウディジャパンは2023年12月5日、アウディ「A3スポーツバック」「A3セダン」にそれぞれ特別仕様車「Signature Edition(シグネチャーエディション)」を発売しました。

 A3シリーズは、アウディラインナップの中でも特に人気が高いプレミアムコンパクトモデルです。

【画像】めちゃカッコいい! アウディの小さな高級車「A3」を画像で見る(27枚)

 初代は1996年に世界デビュー。プレミアムコンパクトのパイオニアとして、スポーティかつエレガントなスタイル、高品質なインテリア、安全性、卓越した走行性能が、ユーザーから高い評価を得ています。

 現行型は、2021年に国内デビューした4代目。

 5ドアハッチバックのA3スポーツバックと、4ドアセダンのA3セダンが用意されます。

 現行型は、スポーティなデザインや、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化した操作系やディスプレイ、さらに高機能になったインフォテイメントシステムやドライバーアシスタンスシステムと、全方位での進化を果たしました。

 基本のグレード構成は、ベース車に加え「advanced」と、スポーティな「S line」の3タイプを設定します。

 今回新設定された特別仕様車のシグネチャーエディションのベースモデルは、A3スポーツバック/セダンの各「30TFSI advanced」です。

 ボディサイズは、A3スポーツバックが全長4345mm×全幅1815mm×全高1450mm、A3セダンが全長4495mm×全幅1815mm×全高1425mmで、ホイールベースは両モデル共通で2635mmと、共に都市部でも扱いやすいコンパクトなボディを持ちますが、十分な室内環境を確保しています。

 パワートレインは、1リッター直列3気筒直噴ガソリンターボエンジンで、最高出力110ps、最大トルク200Nmと必要十分な性能を発揮します。

 トランスミッションは、7速Sトロニックトランスミッション。センターコンソール上にコンパクトなシフトスイッチ形状を備え、シンプルな操作感とスッキリしたインテリアを実現しています。。

 これに、街中での燃費も優れるベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を採用することで、エネルギー回生機能を高め、コースティング(惰力走行)時にエンジンを完全に停止するなどして、高効率的で快適なドライビングを可能とします。

 特別仕様車シグネチャーエディションでは、A3シリーズのオプションパッケージとして特に人気が高い「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」と「ブラックAudi rings&ブラックスタイリングパッケージ」のオプションを標準装備するのが大きな特徴です。

 コンビニエンス&アシスタンスパッケージには、ランバーサポート4ウェイフロントシート(電動シート調整機能付き)、アドバンストキーシステム、シートヒーターフロント、パークアシスト、リヤビューカメラ、アウディホールドアシスト、アダプティブクルーズアシスト、リヤクロストラフィックアシスト、サイドアシスト、エグジットワーニング、オートマティックトランクリッド(電動機能はオープンのみ。Sportbackは設定なし)が含まれます。

 またブラックAudi rings&ブラックスタイリングパッケージでは、ブラックフォーリングスエンブレムやフロントのシングルフレーム、そして前後のバンパーの一部とウィンドウモールをブラックアウト。

 これらの装備に合わせて、通常単品オプションとなるブラックのエクステリアミラーハウジング(ミストブラックメタリックボディのみボディ同色)、プライバシーガラスを装備しています。

 こうしたスポーティな外観にマッチする5Yスポークデザインの18インチアルミホイール(グラファイトグレーポリッシュト)も標準装備します。

 これらの特別装備により、advancedをベースとしながらS lineのエクステリアに並ぶシックでスポーティな特別仕様車に仕上がりました。

 また価格設定も抑えられ、買い得感も高められています。

 特別仕様車シグネチャーエディションの販売価格(消費税込み)は、A3スポーツバック シグネチャーエディションが426万円、A3セダン シグネチャーエディションが448万円です。

 なお全モデルが右ハンドル仕様で、前輪駆動(FF)のみの設定となっています。

こんな記事も読まれています

コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!!  温冷庫がついてたの初代は!!  やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!! 温冷庫がついてたの初代は!! やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ベストカーWeb
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
AUTOSPORT web
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
くるまのニュース

みんなのコメント

28件
  • min********
    時代が違うとは言え、A3が1Lエンジンとは何とも
  • oga********
    ボディサイズは街中でも使いやすそうなサイズだが、110PS とはちょっと小さすぎないか? バイクでも180~200PSのものはゴロゴロあるのに。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.0509.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8448.5万円

中古車を検索
A3スポーツバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.0509.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8448.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村