サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > R33GT-Rの中古車購入は最後のチャンスかも!? 今が狙い目だ!!

ここから本文です

R33GT-Rの中古車購入は最後のチャンスかも!? 今が狙い目だ!!

 良質な国産中古車は海外でも人気だ。アジア圏ではトヨタアルファード/ヴェルファイアが人気だし、スリランカではトヨタプレミオ/アリオンが高級車としてもてはやされている。

 そして、北米の「25年ルール」によって国産スポーツカーが流出していった。まさに中古車のグローバル化が進んでいることが証明されている。

R33GT-Rの中古車購入は最後のチャンスかも!? 今が狙い目だ!!

 北米の25年ルールによって最も注目度が高いのが、海外では“ゴジラ”と言われている第2世代の日産スカイラインGT-Rだ。

 すでに1989年に登場したR32型だけでなく、1995年に登場したR33型も25年ルールに適合し、海外へ流通。2ドアクーペだけでなく、4ドアセダンの中古車の流通台数が減少している。R32型やR34型に比べ、暴騰まではいっていないようだ。

 そこで、今回はR33型スカイラインGT-Rの中古車の購入は最後のチャンスということで、R33型スカイラインGT-Rとはどんなクルマだったのかを振り返りつつ、最新の中古車事情を紹介していこう。

※本稿は2022年2月に執筆されたものに適宜修正を加えています。中古車の相場・価格帯は執筆時のものとなります
文/萩原文博、写真/日産

■R32型やR34型と比べてR33型スカイラインGT-Rは安いのか?(1995年1月~1998年12月)

当時日産で行われていた「901運動」の集大成として開発されたR32型GT-R(1989年)。RB26DETTを搭載し最高出力280ps、最大トルク36.0kgmを発揮した。全長4545mm×全幅1755mm×全高1340mm、ホイールベース2615mmで総生産台数4万3661台となった

「スカイラインGT-R」の名義としては最終モデルとなるR34型GT-R(1999年)。キャッチコピーは「人に翼を」。R33型で不評だったボディサイズを縮め、全長4600mm(−75mm)×全幅1785mm×全高1360mm、ホイールベース2665mm(−55mm)となった

 R33型スカイラインGT-Rは1995年1月、東京オートサロンの会場でローンチされた。

 ベース車のスカイライン同様にGT-Rも先代のR32型から全長は+130mm、ホイールベースは105mm延長された。加えてボディには補強が施され、剛性が向上している。

 搭載されているエンジンはRB26型2.6L直列6気筒DOHCツインターボだが、ECUの16ビット化をはじめ、吸排気系、圧縮比、フリクションロスの見直しや改良によって最高出力は280psのままだが、最大トルクは37.5kgmまでアップしている。

 グレードは標準車とVスペックそしてN1耐久レース参戦用のベース車両のVスペックN1の3種類。

 R32型ではVスペックとVスペックIIに採用されていたブレンボ製ブレーキシステムを全車標準装備とした。

 R33型スカイラインGT-Rは1996年1月に1度目のマイナーチェンジを行い、デュアルSRSエアバッグを標準装備するとともに、ステアリングデザイン、リアフィニッシャーのデザイン変更している。

 さらに、1997年2月に2度目のマイナーチェンジを実施。

 外観ではフロントバンパーのデザイン変更をはじめ、ヘッドランプにプロジェクターキセノンヘッドランプを採用。

 さらにリアの右側後退灯がリアフォグランプに変更された。インテリアではドア内張りおよびシートを赤基調のものに変更している。

 1998年1月には、スカイライン誕生40周年を記念して、「大人のための最高性能スポーツセダン」をコンセプトにした4ドアのスカイラインGT-Rオーテックバージョン40th ANNIVERSARYが400台販売された。

 スカイラインGT-Rに単に4ドアボディを流用しただけでなく、2ドアGT-Rのブリスターフェンダーを4ドアでも再現するため、リアドアとリアフェンダーは新たに製作した専用品。

 また、リアシートは専用のバケットタイプになっており、乗車定員は5名ではなく4名。リアスポイラーは装着せず、フロントスポイラーも小型にするなど、外観は2ドアGT-Rに比べて落ち着いた雰囲気が漂っている。

■「誰が乗ってもバカッ速」なモデルへ進化したR33型

 R33型スカイラインGT-Rの標準車とVスペックの違いは、VスペックにはリアデフにアクティブLSDを採用し、これに合わせて4WDシステムにアテーサE-TSプロを採用していること。

 当時、筆者は社用車のR32型スカイラインGT-R VスペックIIを運転することが多かったが、R33型スカイラインGT-Rの走りはロングホイールベースを感じさせない旋回性能そして走行安定性の高さが強く印象に残っている。

 特にVスペックはハイスピードのコーナリングの際に、アクセルを踏めば踏むほど曲がっていった。

 運転していると、国産スポーツカーユーザーに絡まれることが多かったが、自分ではそれほど速度が出ていないはずなのに、コーナーで見えなくなってしまう。なんてことが多かった。

 つまりR32型スカイラインGT-Rはドライバーのスキルによって速さの変わる幅は大きかったが、R33型はドライバーのスキルに関係なく、バカッ速なモデルだった。

 もちろん、ロングホイールベースの恩恵は直視な安定性にも大きく貢献し、ロングドライブを行っても疲労感はR32型とはまったく違っていた。

 個人的には第2世代GT-Rの中ではR33型の印象は良く、まだ中古車雑誌の編集部に在籍した当時はNISMOとの20周年コラボ企画で世界に1台だけの中古車をベースとしたコンプリートカーを製作した。

 万が一、売れなければ自分が買い取るという話だったが、無事に新しいオーナーの元へと旅立っていったが、いま思えば自分が買っておくべきだったかもと後悔している。

ドイツにあるニュルブルクリンクでテストを重ねられたR33型GT-R。先代型のR32GT-Rから1周21秒速かったことから「マイナス21秒のロマン」とキャッチコピーがついた

 R33型スカイラインGT-Rのキャッチコピーは「マイナス21秒のロマン」これはドイツのニュルブルクリンクでのタイムがR32型よりR33型が21秒速かったことが由来している。

■開発担当者 渡邉衡三氏に話を聞く

ニュルブルクリンクを7分台で走ることで与えるインパクトが大きく違うと当時の商品本部長に言われ、テストを重ね7分59秒を実現。「これで日本に帰れるなと正直思いましたよ」と当時のことを振り返る開発担当者だった渡邉衡三氏

 当時のことを開発担当者だった渡邉衡三氏に話を聞くと、

「ニュルブルクリンクへテストに行って、R32型は8分20秒ぐらいで走っていたけれど、R33型はどうなのだと当時の商品本部長に言われました。

 そこで私は、計算すれば8分2秒ぐらいですかねと言ったら。お前バカか、本当に技術屋は頭が硬いと言われましたよ。その世代替わりということがどれくらいのインパクトがわかっているのかと。4万200円と3万9800円その差は400円しかない、しかしインパクトはどうなのだといわれたので、それは3万9800円ですよねと返事しました。ホレ見ろ。そしてもっとがんばれと。

 8分を切れないとは言えないけれど、やってみてダメだったら謝ればいいやと開き直って、まぁ、3人が計測してスタートは遅く、ゴールは早押しだったかもしれませんけれど、7分59秒だったということでマイナス21秒という言葉が生まれました。僕はこれで日本に帰れるなと正直思いましたよ」

と当時の裏話を話してくれた。

 そして、R33型スカイラインGT-Rで忘れてはならないのはル・マン24時間耐久レースへの参戦だ。

 渡邉氏は

「R32型GT-Rは豪州やスパで勝っているけれど、ル・マンには参戦していない。水野君(水野和敏氏)と一生懸命考えて、ハコのクルマの中ならば、どうにかなるかなということになって参戦したのです。

 ポルシェ904との戦いから始まって、スカイラインGT-Rというのはハコで速いというのが良く言われていますけど、それが本来の役割だと思っています。

 だからル・マンでもハコで戦おうと思ったし、ル・マンに出したおかげで、ル・マン参戦記念車といってボディカラーで商売するということを教えてももらいました」

と振り返ってくれた。

■R33型の中古車相場は値落ち傾向 今が購入のラストチャンス!!!

●R33型スカイラインGT-Rの中古車情報はこちら!

 そんな渡邉衡三氏の想いの詰まったR33型スカイラインGT-Rの現在の中古車事情は今どうなっているのか?

 現在、R33型スカイラインGT-Rの中古車の流通台数は約39台で、平均価格は約709万円となっている。

 (※執筆時の2022年2月から見て)3カ月前の2021年11月当時は流通台数約33台で、平均価格は約756万円だったので、平均価格は値落ち傾向となっている。

 中古車の価格帯は約508万~約1599万円でほとんど変わっていない。

 流通している中古車はほとんどが前期型~中期型で、ヘッドライトがプロジェクターキセノンランプになった後期型はほとんど流通していないし、流通していてもほとんどが価格応談となっている。

 一方、1998年に約400台販売された、4ドアのGT-Rオーテックバージョン40th ANNIVERSARYの中古車は現在、中古車は約8台しか流通しておらず、平均価格は約880万円。

 3カ月前の平均価格は約940万円だったので、2ドアクーペ同様に値落ち傾向となっている。

 現在の中古車の価格帯は約850万~約1400万円と2ドアクーペ以上にプレミアム相場となっている。

 R33型スカイラインGT-Rは2ドアクーペ、4ドアセダンともの値落ち傾向となっているが、これは良質な中古車が減少しているというサインでもある。

 まさに現在が最後の購入チャンスを迎えているといえる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら