現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキが水素エンジン版Ninjaのプロトタイプ披露! 水素の可能性を追求…水素・燃料電池展 2024

ここから本文です
カワサキが水素エンジン版Ninjaのプロトタイプ披露! 水素の可能性を追求…水素・燃料電池展 2024
写真を全て見る(26枚)

川崎重工業は、2月28日に開幕したスマートエネルギーウィーク「H2 & FC EXPO 水素燃料電池展」にて、水素エンジンモーターサイクルのプロトタイプを一般向けに初公開した。2023年12月に行われた同社の「グループビジョン2023」進捗報告会で世界初公開されたもので、カワサキ『Ninja H2 SX』をベースに水素エンジンを搭載している。

川崎重工業のグループ会社であるカワサキモータースは、カーボンニュートラル社会の実現に向け、電動化のみならず水素事業にも注力している。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

5/17申込締切【池田直渡の着眼大局セミナー】第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術
5/17申込締切【池田直渡の着眼大局セミナー】第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術
レスポンス
エリーパワー、リン酸鉄リチウムイオン電池を鈴鹿8耐のスズキチームに供給
エリーパワー、リン酸鉄リチウムイオン電池を鈴鹿8耐のスズキチームに供給
日刊自動車新聞
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
レスポンス
バイクなのにストロングハイブリッド!? カワサキ「Ninja 7 Hybrid」に驚いた
バイクなのにストロングハイブリッド!? カワサキ「Ninja 7 Hybrid」に驚いた
バイクのニュース
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
レスポンス
アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
レスポンス
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
レスポンス
デンソー製燃料ポンプ“大量リコール”の後遺症、ホンダ車など無償修理1年待ちも[新聞ウォッチ]
デンソー製燃料ポンプ“大量リコール”の後遺症、ホンダ車など無償修理1年待ちも[新聞ウォッチ]
レスポンス
ホンダ『CB125R』が5インチフルカラー液晶メーターを採用 4月25日発売
ホンダ『CB125R』が5インチフルカラー液晶メーターを採用 4月25日発売
レスポンス
三菱製ハイブリッド搭載、新型『エクスパンダー』を公開 “買える”モーターショーで価格アピール
三菱製ハイブリッド搭載、新型『エクスパンダー』を公開 “買える”モーターショーで価格アピール
レスポンス
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ポルシェ初の3列シートSUVをスクープ! 全長5mを超える3000万円級モデルか
ポルシェ初の3列シートSUVをスクープ! 全長5mを超える3000万円級モデルか
レスポンス
スズキ「Vストローム800」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
日本で買える「排気量のデカいバイクTOP3 2024」1位は2000ccオーバー、意外にもハーレーではなく…!?
日本で買える「排気量のデカいバイクTOP3 2024」1位は2000ccオーバー、意外にもハーレーではなく…!?
モーサイ
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
レスポンス
メルセデスベンツ『Gクラス』、EV「G580」は4月24日デビューへ
メルセデスベンツ『Gクラス』、EV「G580」は4月24日デビューへ
レスポンス
まるで「往年のレーサーレプリカ」のよう! 再び実車展示されたヤマハ「XSR900GP」は3気筒エンジンによるパワフルな走りも魅力的
まるで「往年のレーサーレプリカ」のよう! 再び実車展示されたヤマハ「XSR900GP」は3気筒エンジンによるパワフルな走りも魅力的
VAGUE
ヤマハがローラ・カーズと提携! 狙いは「フォーミュラE」にあった。実戦投入は早ければ次のシーズンから
ヤマハがローラ・カーズと提携! 狙いは「フォーミュラE」にあった。実戦投入は早ければ次のシーズンから
Auto Messe Web

みんなのコメント

2件
  • furima-jirosan
    このプロトタイプバイク、よく見るとヘッドライトが「H」の形になってますな。
    ベースとなった「H2」のHと、水素(H2)のHを掛合わせた意味があるのでしょう。

    このバイクにも「H2」に搭載されているスーパーチャージャー(SC)が
    載っておりますがこのSC、本当はガソリン車に劣る水素エンジンの出力特性を
    カバーする狙いで開発された技術だったのではないかと…

    このSCの遠心式コンプレッサの回転を増速させるプラネタリギヤなど、同社が
    製造に関わっているGTF(ギヤードターボファン)エンジンの技術を「逆」利用
    しているのかもしれません。

    2輪の世界も特にアジアの新興メーカーが続々台頭してきていますが、彼らの
    一歩どころか十歩も先を行く技術を開発しているところに、カワサキの底力の
    ようなものを感じずにはいられませんね…。
  • 葛葉恭次
    ニンジャというか折紙サイクロン…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

850.5955.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

130.01298.0万円

中古車を検索
H2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

850.5955.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

130.01298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村