サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 被害金額急上昇! 盗難車はなぜ海外に? 中東に「輸出」される衝撃の裏事情

ここから本文です

被害金額急上昇! 盗難車はなぜ海外に? 中東に「輸出」される衝撃の裏事情

 毎年発表される自動車盗難被害の実態を調べると、年々被害件数が減っている一方で、被害金額は高くなっているという。さらに既存のセキュリティシステムを突破するような新たな手口が次々に見つかるなど、警察と窃盗団とのいたちごっこが続いている。

 そこで、愛車を守りたい我々として、さらに気になるのが、盗難された車両はいったいどういった方法で、どんな国へ運ばれるのか。今回は、いくつかのデータや証言から、自動車ライターの柳川洋氏がその実態を調査した。

どこが凄い? 何がいい?? 空前の大人気 新型ランクル300 圧倒的実力と世界のライバル

文/柳川洋 写真/柳川洋、フォッケウルフ、トヨタ、メイン画像/Александр-Поташев-Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】自動車盗難の被害車両はどこへいくのか?

■盗難件数は減ってはいるものの被害は高額化

 新型コロナのせいもあって、「自動車泥棒」は大きく減った。2020年の全国の自動車盗難の認知件数は5210件と、2019年と比べて3割近く減少した。9年前と比べると、件数ベースではおよそ5分の1となり、犯人の逮捕率も1.7倍高まっている。

 では、そろそろ警戒を緩めていいかというと、そんなことはない。愛知県警によると、愛知では2020年の6月で自動車盗難の件数は底打ち状態になったものの、2020年の1件当たりの被害額は約370万円と、なんと前年比で74万円も上昇しているという。

盗まれた車両は、自動車解体工場に持ち込まれて車体番号が加工される(写真はイメージ)

 2021年8月には、レクサスやアルファード、ヴェルファイアなど、合計195台(未遂も含む)で約10億3000万円相当という巨額の窃盗容疑で、犯人グループが兵庫県警に逮捕された。

 この事件では、「CANインベーダー」という機器が使われている。クルマのフロントバンパー近くにあるCANシステムのコネクターに「CANインベーダー」を接続することでシステムを乗っ取り、セキュリティ解除やエンジン始動を行うという新たな手口で、これが初の摘発事例となった。

 このように自動車盗難の被害金額は高額化し、窃盗団の手口も進化し続けている。しかし、窃盗団がいざ盗難車両を売却するとなると、日本では登録制度や車検制度がしっかりしていて足がつきやすい。そのため、国内ではなく海外へ輸出されるケースが多いと言われている。では、盗まれた車両は世界のどんな国に売られていくのだろうか。

■盗難車両の最大輸出国は中東に? その理由とは

 早速、「日本で窃盗している人、100人に聞きました! 盗難車をサバくのに最も都合のいい国はどこ?」とアンケートを取って……というわけにはいかないが(笑)、過去の警察の摘発事例を丹念に調べると、日本の盗難車が売られていく可能性が最も高い国は、どうやらアラブ首長国連邦(UAE)のようである。

 警察の発表では、「広域にわたって高級自動車盗を行い、窃取した自動車をパキスタン人等を介して、アラブ首長国連邦等へ不正に輸出した」などと書かれているケースが多く、最近でも「正規中古車輸出を装って税関を通過し、コンテナが船積みされる前にヤードで窃盗したレクサスやランドクルーザーとすり替えてアラブ首長国連邦に輸出した」などと報じられている。

UAEで高い人気を誇るランドクルーザー。新型は同国のVIPイベントで初公開された

 UAEは日本からおよそ8000km、中東アラビア半島を長靴にみたてると足の甲に当たる場所にある。日本との経済的なつながりは強く、原油の3割はUAEから輸入されているほど。828mと世界一の高さを誇るビル「ブルジュ・ハリファ」や「フェラーリ・ワールド」も有名で、近隣の裕福な産油国だけでなく、アジア・アフリカなど世界中から観光、ビジネス客が集まる。

 どうしてここに日本の盗難車が送られるのかといえば、UAE最大の都市であるドバイが、世界の中古車・自動車部品貿易の中心地のひとつとなっているからだ。

 中心街からクルマで20分ほどのところに、「DAZ(Dubai Auto Zone)」と呼ばれる、世界中の中古車貿易業者にとって天国のようなエリアがある。貿易に関する税金も、儲けに対する税金も(関税・法人税・所得税)すべてタダで、外国人が会社を設立するのも簡単。人も雇い放題で、儲けたお金も海外に送金し放題という、中古車貿易に特化した経済特区なのだ。

 DAZはペルシャ湾に面しており、世界の中古車貿易を牛耳っているパキスタンへも船ですぐ。そのため、DAZは世界最大の中古車・自動車部品貿易ハブのひとつとなっており、ここからアフリカやアジアなどにクルマやパーツが再輸出される。

■盗難車両は部品を外されたりハーフカットされることも

 そもそも日本で盗難件数が多いランドクルーザーやハイエースなどは、機能性の高い頑丈なクルマで、高い気温や湿度、砂漠や沼地など過酷な環境のアジアやアフリカでの人気が高い。また、これらの地域では、イギリスの旧植民地だった影響で左側通行・右ハンドル、自動車の登録制度や税関の監視もゆるいなど、日本車を売りさばくのに都合がいい。

 また、厳しい環境で酷使されれば頑丈なクルマでも部品の交換が必要になってくるので、中古部品に対するニーズも多い。そのため1台のクルマを普通に売るよりも、部品にバラして売ったほうが、売値の合計が高くなるケースもある。コンテナに部品を満載して輸出できて、儲けやすく効率がいいうえ、パーツで売れば車台番号から足がつくリスクも減る。

海外の日本車部品販売業者の工場、エンジンが整然と並べられている(※本文とは関係ありません)写真提供:有限会社オートトレーディングロック

 たとえばUAEでは左ハンドル車しか登録できないが、10万円ほどの費用で右ハンドル車を左ハンドル車にコンバートしてくれる業者が多数存在する。ステアリングやペダルを左右入れ替えたり、ボディに穴を開けたり穴を埋めたりするような大掛かりな改造は普通に行われており、ここではハーフカットされたボディを接続して一台の車両にすることなど、特段驚くことでもないのだ。

 そのため、日本で盗まれたクルマがそのまま輸出されるのではなく、ハーフカットにされたり、部品が外されてスケルトンに近い状態になってUAEに送られることも多く、そこから他の国や地域に再輸出されている。

MR2のハーフカットとエンジンが積まれたコンテナのイメージ(※こちらは正規にマレーシアに輸出されるもので本文とは関係ありません)写真提供:有限会社オートトレーディングロック

 一度クルマが盗まれて、分解されてしまったら、車台番号が刻印された部分以外は自分のクルマだと証明する手段はほとんどない。また盗難車からの部品だと薄々わかっていながら購入した業者も「盗んだものだとは知りませんでした」と言えば、摘発するのは簡単ではなく、警察が盗難部品を認定するのは難しいのだ。

 “自動車泥棒”の手口は、日々巧妙に、そして高度になっている。愛車を絶対に守りたいのであれば、盗難件数が減ったからといって油断せず、純正システムに連動しない後付けのカーセキュリティ機器を装着するなど、一層の対策が求められる。

【画像ギャラリー】自動車盗難の被害車両はどこへいくのか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します