現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「スポーティSUV」初公開! まるで“プリウスSUV”な「スポーツ クロスオーバー」は2025年登場! 斬新内装の新SUV欧州に登場

ここから本文です
トヨタ新型「スポーティSUV」初公開! まるで“プリウスSUV”な「スポーツ クロスオーバー」は2025年登場! 斬新内装の新SUV欧州に登場
写真を全て見る(1枚)

■トヨタ新型「スポーツ クロス オーバーコンセプト」初公開

 2023年12月4日、トヨタの欧州法人は、ベルギーのブリュッセルで開催されたトヨタのケンシキフォーラムで、新型「スポーツ クロス オーバーコンセプト」を欧州初公開しました。

【画像】超カッコイイ! まるで“プリウスSUV”?なトヨタ「スポーツ クロスオーバー 」を画像で見る(30枚以上)

 新型スポーツ クロス オーバーコンセプトは、2023年4月の上海モーターショーで初公開されたスポーティなスタイルを持つSUVです。このときは「bZ スポーツ クロスオーバー コンセプト」と呼ばれていました。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
AUTOSPORT web
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
くるまのニュース
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
レスポンス
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
AUTOSPORT web
レッドブル&フェルスタッペンの走りに開幕前から諦めムード? アロンソ「19人のドライバーは今季タイトルが無理だと分かっている」
レッドブル&フェルスタッペンの走りに開幕前から諦めムード? アロンソ「19人のドライバーは今季タイトルが無理だと分かっている」
motorsport.com 日本版
スバル「新型SUV」実車公開! 斬新「光るフェンダー」&ブルー×グレーツートン採用!イエローライトもカッコイイ「アウトバック」市販化の可能性は?
スバル「新型SUV」実車公開! 斬新「光るフェンダー」&ブルー×グレーツートン採用!イエローライトもカッコイイ「アウトバック」市販化の可能性は?
くるまのニュース
【2024年F1新車情報:レッドブル】独自の哲学で進化を遂げたRB20。新たなインレットが登場
【2024年F1新車情報:レッドブル】独自の哲学で進化を遂げたRB20。新たなインレットが登場
AUTOSPORT web
ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
レスポンス
ハミルトン「メルセデスはまだ望んだ場所にはいない」テストで改善確認もトップまで遠いと認識
ハミルトン「メルセデスはまだ望んだ場所にはいない」テストで改善確認もトップまで遠いと認識
motorsport.com 日本版
【開幕前テストの要点/2日目】期待高まる今季の角田裕毅。難コーナーで見えたレーシング・ブルズ新車の素性の良さ
【開幕前テストの要点/2日目】期待高まる今季の角田裕毅。難コーナーで見えたレーシング・ブルズ新車の素性の良さ
AUTOSPORT web
スペックや装備表といくらにらめっこしてもダメ! 長く愛せるクルマかどうかを見極める至極単純な要素とは?
スペックや装備表といくらにらめっこしてもダメ! 長く愛せるクルマかどうかを見極める至極単純な要素とは?
WEB CARTOP
これまでやってきた開発、無駄にはならない? お手製ダンパーで実績残したダンディライアン吉田監督、今季から共通部品化も「他より知見が多いと思っている」
これまでやってきた開発、無駄にはならない? お手製ダンパーで実績残したダンディライアン吉田監督、今季から共通部品化も「他より知見が多いと思っている」
motorsport.com 日本版
無料で最新「スーパーカー」が手に入る! 光岡が人気モデル「ロックスター」の車両協力を発表!
無料で最新「スーパーカー」が手に入る! 光岡が人気モデル「ロックスター」の車両協力を発表!
くるまのニュース

みんなのコメント

20件
  • *******
    電動化に疑問を呈していたトヨタが、EVが伸びている欧州と中国市場向けに、素早く参入するかつ撤退時の損失を最小化する策として採用したBYDとのコラボ車種。本気で世界展開するなら自社開発すると思います。
    トヨタってほんと上手く立ち回りますよね。素晴らしいと思います。
  • ykr********
    またトヨタはSUV出すんか?
    全世界で何種類目やねん
    もうええって
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村