現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > お…おおお…これカッコいいぞ…新型エクスパンダークロスに待望の新開発HV追加!! タイで発表、日本でも売ってよーー!!

ここから本文です

お…おおお…これカッコいいぞ…新型エクスパンダークロスに待望の新開発HV追加!! タイで発表、日本でも売ってよーー!!

掲載 8
お…おおお…これカッコいいぞ…新型エクスパンダークロスに待望の新開発HV追加!! タイで発表、日本でも売ってよーー!!

 2024年2月1日、三菱自動車はタイ・バンコクで、「エクスパンダー」および「エクスパンダークロス」に新開発のHVシステムを搭載した仕様を世界初披露、同日からタイにて販売を開始すると発表しました。三菱初の独自開発HVであり、今後ASEAN諸国に広く浸透する世界戦略車となる見込み。日本にも導入してください。ぜひ。

文/ベストカーWeb編集部、画像/三菱自動車

お…おおお…これカッコいいぞ…新型エクスパンダークロスに待望の新開発HV追加!! タイで発表、日本でも売ってよーー!!

■三菱初となる独自開発のHV仕様がノーマルとクロスにそれぞれ追加

「エクスパンダー」は、三菱にとって「トライトン」、「アウトランダー」に次ぐグローバル販売台数(通年で13万台以上)を誇る3列シート7人乗りの世界戦略SUV。

 2017年にインドネシアで発売開始以降、ASEAN諸国、中南米、中東と版図を広げ、三菱の成長を牽引している。「エクスパンダークロス」はその最上位モデルに位置づけられており、タフな外観と走行性能を与えられたオフロード仕様。

三菱らしいデザインとタフな走行性能を持つエクスパンダークロス。カッコいいぞこれ…

 このたび、この2台に三菱初となる独自開発のHV仕様がそれぞれ追加された(これまでPHEV車両はあったし、他メーカーとの兄弟車、OEM供給を受けた車両の販売はあったが、三菱独自開発のHVはこれが初めて)。

 三菱自動車による公式リリースでの紹介文は以下のとおり。

「今回追加するHEVモデルでは、三菱自動車が得意とする電動化技術と四輪制御技術を融合することで、『エクスパンダー』シリーズの魅力をいっそう高めました。プラグインハイブリッドEV(PHEV)から派生した新開発のHEVシステムによって電動車ならではの環境に優しく気持ちのよい走りを実現するとともに、FF方式の2WDをベースに、アクティブヨーコントロールを始めとした独自の四輪制御技術による意のままで安全・安心な走り、多彩なドライブモードによる天候や路面状況に応じた最適な走りを提供します。また、HEVでありながら任意でEV走行を選択できるため、早朝の閑静な住宅街でエンジン音が気になる時など、シチュエーションに応じた走りを可能とします」

タイでの生産、販売なので右ハンドル仕様。すぐ日本にもってこれるのでは!???

 三菱がPHEVに力を入れ始めた10年前から、「PHEVはガソリンエンジンを取ればEVとして、プラグインの仕組みを取ればハイブリッドとして使える」と言われてきた。

 今回発表・発売された新型ユニットは、(アウトランダーPHEVに搭載されている2.4L+モーターのシステムを改良・最適化して)新開発1.6Lエンジン+モーターの2WD仕様のみ。

 もともと評判がよく素性のいい(アウトランダーPHEVの)システムを踏襲しているから、性能面、環境面での安心感は抜群。折り紙付きだ。これ、アジアを席巻するのでは。

 この新型エクスパンダー、タイのレムチャバン工場で生産される。近年、タイ工場の品質は急上昇しており、クオリティは新型トライトンで証明済み。

 個人的には、三菱らしい武骨さと切れ味のよさを兼ね備えたデザインが大変好みです。

 タイでは本日から発売となり、「エクスパンダーHEV」で93万3000タイバーツ(約385万6,456円)、「エクスパンダークロスHEV」は96万1000タイバーツ(約397万2,191円)。日本にもってくるとなると+100万円…、ううーん、500万円か…。ちょっと高い…かな……。これ、もし(上乗せなしで)このままの価格で日本に入れられれば(ミドルクラス3列シート7人乗りSUV市場に殴り込みをかければ)すごく売れそうだが……。

 ASEANでたくさん売れて、ぜひ日本への導入価格を押し下げてもらいたい。期待しております。

こんな記事も読まれています

出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
くるまのニュース
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レスポンス
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
ベストカーWeb
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
WEB CARTOP
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
AUTOSPORT web
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
motorsport.com 日本版
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
乗りものニュース
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
Merkmal
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
motorsport.com 日本版
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
レスポンス
レクサス新型「GX」日本登場!  先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
レクサス新型「GX」日本登場! 先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
VAGUE
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
くるまのニュース
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
レスポンス
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
レスポンス
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
motorsport.com 日本版
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
ベストカーWeb
マツダ 新型CX-80を欧州で発表。国内導入もあるミッドサイズSUV
マツダ 新型CX-80を欧州で発表。国内導入もあるミッドサイズSUV
Auto Prove

みんなのコメント

8件
  • KEI
    デリカD5程大きくなく、いざという時に人数も乗れる車高の高い車…。
    競合車はランクル等では全く無く、シエンタ等のミドルクラスだと思う。
    D5は大き過ぎてちょっと…という人に向く車かも知れない。
    問題は日本導入がされるか、価格はどうなるかという面か。
  • ivq********
    アウトランダー
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索
アウトランダーPHEVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村