サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 戦後直後は電気自動車が一般的だった? 日産リーフのご先祖「たま電気自動車」がスゴ過ぎた

ここから本文です

電気自動車の源流を探ってみよう

 純ガソリンエンジンは減り、ハイブリッドが当たり前になってきた。今後は電気自動車や水素が増えていくだろう。今や日産リーフが当たり前のように走る時代になってきた。しかし、電気自動車は実は新しいモノではない。戦後間もなく多数のEVが発売されていた。その背景と、現在の日産リーフの先祖ともいうべき「たま電気自動車」、そして日産のEVへの取り組みに迫ってみよう。

「ガソリン車」の代替として捉える「無意味さ」! EVにはEVならではのモータースポーツがある

日産リーフのルーツ「たま電気自動車」とは?

 たま電気自動車は、1947~50年に発売されていた、東京電気自動車製のEVである。

おすすめのニュース

サイトトップへ