現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「オデッセイ」改良モデルがついに発売!後席の快適性をアップデート

ここから本文です

「オデッセイ」改良モデルがついに発売!後席の快適性をアップデート

掲載 更新 20
「オデッセイ」改良モデルがついに発売!後席の快適性をアップデート

車種別・最新情報 [2023.12.07 UP]


「オデッセイ」改良モデルがついに発売!後席の快適性をアップデート

発売間近!?今おさえておきたい新型モデル最新情報を総チェック!

ホンダ オデッセイ
 ホンダは12月7日、上級ミニバン「オデッセイ」を一部改良し、12月8日に発売すると発表した。今回の改良ではデザイン、快適性、機能性を磨き上げるとともに、新タイプ「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」を設定している。

 メーカー希望小売価格は4,800,400円~5,164,500円(消費税込)。


ラインナップはe:HEV搭載の3タイプに
 今回の一部改良では、e:HEV ABSOLUTE、e:HEV ABSOLUTE・EX、さらに新タイプのe:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITIONの計3タイプを設定。

 歴代オデッセイの特長だった超低床プラットフォームによるセダンライクな安定感のある走りと、ミニバンを感じさせないスタイリングを継承しつつ、ユーザーニーズに応える仕様を追加し、独創的なスタイリングと快適な室内空間に磨きをかけた。


高級感を高めたデザイン

大開口フロントグリル
 デザインにおいては、新デザインのフロントグリルを採用。グリルの開口部を拡大してワイド感を強調し、水平基調の5本メッキバーに突起状のデザインを組み合わせて高級感を演出した。また、ホンダのエンブレムをより前方に配置してフロント部の突き出し感を高め、迫力と重厚感を感じさせるデザインに仕立てた。

 また、新たに導入したe:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITIONは、ブラッククロームメッキのフロントグリルを始め、ブラックスモークレンズのリアコンビランプ、マットベルリナブラックの18インチアルミホイール、ブラックのルーフ/ピラーライニングなど、内外装の随所にブラック加飾を取り入れて、最上級モデルとしての洗練さを演出している。


2列目シートの快適性を大きく向上

インテリア
 車内はユーティリティの進化を図り、全タイプの2列目に4ウェイパワーシートを採用。オットマンとリクライニングは電動で操作できるようになり、きめ細やかな調節でより快適な着座姿勢をとることができる。

 また、2列目シートにはシートヒーターや折りたたみ式のセンターテーブル、ミニテーブル付きのアームレスト、シート足元にはUSBチャージャー(Type-C)を全タイプに標準装備し、快適性をさらに向上させた。

 3列目シートは、前モデル同様に全タイプに床下格納シートを採用し、大容量の荷室空間と利便性の両立を図った。

 加えて、上位グレードには本革シートやワイヤレス充電器、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートなども標準装備している。

 このほか、車載通信モジュール「Honda CONNECT」をオデッセイとして初採用した。


減速セレクター、エレクトリックギアセレクターを採用

減速セレクター(左写真)、エレクトリックギアセレクター(写真右)
 操作面では減速セレクターを新たに設定し、アクセルオフ時の減速の調節が可能に。下り坂での走行や、前走車との車間距離の調整などに活用できる。

 また、指一本でスムーズなシフト操作ができるエレクトリックギアセレクターもオデッセイに初採用された。

 加えて、先進安全運転支援システムのホンダセンシングに、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能を新たに追加。また、フロントカメラの広角化により衝突軽減ブレーキの検知対象を拡大し、新たに交差車両、右折時の対向車、横断自転車、二輪車、夜間の歩行者の検知を可能とした。


主要諸元&メーカー希望小売価格一覧

オデッセイ e:HEV ABSOLUTE・EX(ボディカラー:プレミアムヴィーナスブラック・パール)

主要諸元
ボディサイズ:全長4,860mm×全幅1,820mm×全高1,695mm
ホイールベース:2,900mm
最低地上高:145mm
車両重量:1,920~1,950kg
乗車定員:7人


メーカー希望小売価格一覧
タイプ乗車定員パワートレーントランス
ミッション駆動方式価格(消費税込)e:HEV ABSOLUTE7名2.0L DOHC i-VTEC
+2モーター
ハイブリッド電気式
無段変速機FF4,800,400円e:HEV ABSOLUTE・EXFF5,000,600円e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITIONFF5,164,500円ホンダ 公式HP:
https://www.honda.co.jp/auto/?from=auto_header

【あわせて読みたい】

https://www.goo-net.com/magazine/contents/buyers-guide/189714/

こんな記事も読まれています

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
motorsport.com 日本版
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
レスポンス
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ベストカーWeb
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
WEB CARTOP
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
Merkmal
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
カルモマガジン
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
くるまのニュース
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
月刊自家用車WEB
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
バイクブロス
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
くるまのニュース
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
バイクのニュース
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
レスポンス
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
motorsport.com 日本版
業界初技術で追突事故はゼロに!?  ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
業界初技術で追突事故はゼロに!? ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
Auto Prove
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

20件
  • umi********
    ホンダ車に使われてる中国製の部品は真っ先に壊れるから(ホンダの整備士談)
    まんま中国製のオデッセイって、冗談抜きに大丈夫なんだろうか
  • ********
    遂に登場(中華製)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村