現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これぞニッポンのベストサイズ!! トヨタがカローラアクシオを意地でも残す意義はどこにあるのか

ここから本文です

これぞニッポンのベストサイズ!! トヨタがカローラアクシオを意地でも残す意義はどこにあるのか

掲載 更新 26
これぞニッポンのベストサイズ!! トヨタがカローラアクシオを意地でも残す意義はどこにあるのか

 「5ナンバーセダン」かつて世の中の自動車そのものを表していたと言っても過言ではない言葉が、今や死語になりかけている。数々の名車が姿を消す中で、今、唯一新車購入できる5ナンバーセダンがカローラアクシオだ。

 もはや主流ではなくなり、本家カローラが3ナンバーセダンとして健在の中、アクシオは残り続けている。トヨタが意地になって販売をつづけているだけなのか、それともアクシオには何か大きな存在意義があるのだろうか。販売現場から見えるカローラアクシオの今に迫っていく。

気が付いたら専用車はたったの3種類……教習車激減の理由とは!?

文:佐々木 亘
画像:トヨタ

■日本人が日本のために作り、残したクルマ「アクシオ」

 カローラが世界共通のプラットフォームを使用していたのは、2000年~2006年まで販売されていた9代目までだ。10代目以降は、グローバル視点のカローラと日本国内のカローラでは仕様が異なる。

 オーリスのプラットフォームを使ったグローバル仕様の10代目は、全幅が1,760mmと5ナンバーサイズを大きく超える。この仕様では日本国内での販売が厳しいと判断したトヨタが、日本向けに登場させたのが「アクシオ」だ。プラットフォームは先代のものを改良流用し、全幅を1,695mmに抑えている。

グローバル仕様の10代目は5ナンバーサイズを大きく超えるため、日本向けに登場させた。先代のプラットフォームを改良し、全幅は1,695mmに抑えている

 現行型となるアクシオが登場したのが2012年、以降2度のマイナーチェンジを経て現在に至る。10代目と比較して全長を50mm短くし、エンジンは1.3L~1.5Lのラインナップとなった。

 2019年にはグローバルモデルと同じ、3ナンバー化されたカローラが日本国内にも登場したが、国内特化したアクシオは消えずに残っている。国内の道路事情や交通事情を中心に考え、ボディサイズを変えずに作り続けるアクシオは、クラウンのようだなと筆者は思う。

 日本人が日本のためだけを思い作られた「アクシオ」は、日本のクルマが守るべき、価値や品質を背負っているのではなかろうか。

■不人気で絶版へ?いやいや需要は残っているぞ

 2021年3月、トヨタの全チャネル併売化と車種整理のあおりを受け、コロナ・カリーナの系譜を持つ、プレミオ・アリオンが姿を消した。トヨタから相次いで5ナンバーセダンが消えたことで、アクシオも廃止されるのではないかという噂が立ったが、これは杞憂に終わる。

 一般ユーザー向けのカローラとしては、TNGA採用の3ナンバーセダンが幅を利かせており、アクシオの影は非常に薄くなった。しかし、2021年の累計販売台数は10,090台と、需要は底堅い。月販800台以上をコンスタントに稼ぎ出し、アクシオだけでカムリと同等の販売台数を維持している。

 アクシオの現在について、カローラ店のベテラン営業マンに話を聞くと、「需要として最も多いのはビジネスユースだが、一般ユーザーにもまだまだ売れている。特に60代~70代で、マニュアルトランスミッションを希望するユーザーへの販売が多い」という。

 購入相談は、運転者本人からではなく子の世代(30代前後)から寄せられることが多いらしい。「父のクルマがもうボロボロで買い替えさせたいだが、本人はマニュアルしか運転しないと言ってきかない。国産・マニュアル・手頃なクルマとして考えると、カローラアクシオしかないんです」という要望に対し、月に1回程度は自宅へ訪問商談を行い、契約をもらうことがあると話してくれた。

最も多い需要はビジネスユースだが、一般ユーザーにもまだまだ売れており、2021年の累計販売台数は10,090台と月販800台以上を稼ぎ出している

 確かに5ナンバーセダンがなくなり、同時にマニュアルトランスミッションの選択肢はスポーツカーにしか存在しなくなった昨今だ。アクシオを必要とする日本のユーザーは、まだまだ多いのだろう。

■プロボックスやハイエースと同じ?アクシオは日本に必要なクルマ

 欧州カローラと分離し、アクシオとして独立性を保ったことから、独自の進化を遂げてきたのがアクシオだ。国内のビジネスカーとして、5ナンバーセダンを使い続けてきた法人客から圧倒的な支持を得ている。

 トヨタ販売店の法人営業部(法人専門営業部隊)にとって、プロボックスやハイエースと同じくらい、アクシオの存在は大切なものだろう。大きさが変わらず、良く走り、安価で壊れにくく、乗用車としてしっかり使える。アクシオは、商用バンのプロボックスやハイエースとは違う、ホワイトカラービジネスの相棒的存在になった。

 ラインナップ全体から受ける窓際な印象とは大きく違い、カローラアクシオは、日本の社会活動を支えるクルマなのだ。トヨタのメンツや意地で残っているのではなく、しっかりとした需要がある。トヨタラインナップの中で、絶対に消えてはならないクルマの一つと考えていいだろう。

 現行カローラにはプリウスという近しいサイズの代わりがいるが、アクシオの代わりを務められる存在は現在のトヨタにない。今後も「日本の大衆車」として活躍していたカローラの直系血族であるアクシオは、日本という市場に寄り添いながら、活躍の場を広げていくのではないだろうか。アクシオの役割が消えることは無い。

こんな記事も読まれています

今や「絶滅危惧種!?」 後ろ姿がカッコイイ! 1度は憧れる「ウイング付き」の国産車3選
今や「絶滅危惧種!?」 後ろ姿がカッコイイ! 1度は憧れる「ウイング付き」の国産車3選
くるまのニュース
TEAM IMPUL、スーパーフォーミュラ第3戦SUGOに平良響を起用。トヨタ育成の若手がトップフォーミュラデビューへ
TEAM IMPUL、スーパーフォーミュラ第3戦SUGOに平良響を起用。トヨタ育成の若手がトップフォーミュラデビューへ
motorsport.com 日本版
ロービーム車検で黄ばんだヘッドライトのクルマに「落検」続出の可能性! 地域によっては「あと2年」ハイビームでOKな場所もある
ロービーム車検で黄ばんだヘッドライトのクルマに「落検」続出の可能性! 地域によっては「あと2年」ハイビームでOKな場所もある
WEB CARTOP
トヨタ「新型ハイエース」市販化は? 全長5m超ボディ&“斬新”4灯テール採用!? 特許庁公開で現実味帯びてきた?
トヨタ「新型ハイエース」市販化は? 全長5m超ボディ&“斬新”4灯テール採用!? 特許庁公開で現実味帯びてきた?
くるまのニュース
【MotoGP】マルティン獲得のアプリリア、2025年タイトル争いに向け「言い訳の余地ナシ」とリボラCEO
【MotoGP】マルティン獲得のアプリリア、2025年タイトル争いに向け「言い訳の余地ナシ」とリボラCEO
motorsport.com 日本版
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
motorsport.com 日本版
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
motorsport.com 日本版
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
くるまのニュース
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
VAGUE
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
レスポンス
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
ベストカーWeb
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
Auto Messe Web
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
モーサイ
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
carview!
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
くるまのニュース
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
日刊自動車新聞
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

26件
  • >特に60代~70代で、マニュアルトランスミッションを希望するユーザーへの販売が多い

    まさに、「新車で買える昭和」!!!

    5ナンバー+MT+地味な四角セダン、、、これって急にマニアックな渋いチョイスに思えてきた!!
  • 日産がタイ製マーチを10年以上放置して漫然と売り続けているようなのとは、似て非なる話ですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0223.0万円

中古車を検索
カローラアクシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0223.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村