現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > そんなに好きでお金もあるのにナゼ? スーパーカー乗りが「普段使い」しない理由をフェラーリオーナーが激白

ここから本文です

そんなに好きでお金もあるのにナゼ? スーパーカー乗りが「普段使い」しない理由をフェラーリオーナーが激白

掲載 更新 75
そんなに好きでお金もあるのにナゼ? スーパーカー乗りが「普段使い」しない理由をフェラーリオーナーが激白

 この記事をまとめると

■スーパーカーを普段のゲタに使うのは、お金持ち視点からすると、無意味な浪費そのものだ

新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

■フェラーリ乗りの中には10万km以上を乗り、車体に直接自転車を載せるような猛者もいる

■フェラーリはフォアグラみたいなものでフォアグラは毎日食べるもんじゃない

 フェラーリに毎日乗ることは無意味な浪費以外の何者でもない

 またまたWEB CARTOP編集部より素朴な疑問が届いた。疑問というより不満、あるいは怒りだろうか?

「なぜスーパーカーオーナーは、普段からスーパーカーに乗らないんでしょう。お金持ちなんだから、スーパーカーをゲタに使うとかもアリかと思うんですが、みんなあんまり距離を走らないですよね。お金持ちってみんなそんなにケチなんですか!?」

 お金持ちはケチかと言われれば、確かにケチが多い。必要な時にはドカーンと使うけれど、必要のない出費はしっかり抑えるのがお金持ちというもの。だからお金持ちになるのだと言われる。

 スーパーカーを普段のゲタに使うのは、お金持ち視点からすると、無意味な浪費そのものだろう。なにしろ不便な上に下取りが下がるばかりで、メリットがひとつもない。そんなことをしていては、お金持ちになれない(笑)。

「お金持ちなんだから、普段からスーパーカーを乗りまわすくらい、豪快だっていいじゃないですか!」(編集部)

 確かにそういう豪快なオーナーがいてもいい。私の知る限り、フェラーリ458イタリアを普段のゲタに使い、比較的短期間に10万キロ以上乗ったという猛者がふたりいる。

 そのうちのおひとりは、チェーン店の経営者で、フェラーリで毎日自分の店舗を巡回し、距離が伸びたという。それは、趣味と実益を兼ねたもので、従業員への軍事的プレゼンスの側面があったように思える。ただ無駄に距離を伸ばしたわけではなさそうだ。

 フェラーリを普通のクルマ同様に使用していた猛者もいた

 また、決してそれほどのお金持ちではないのに、フェラーリに乗って乗って乗り倒して乗り潰した伝説の男がいる。予備校講師のOさんという方だ。

 彼は、スーパーやコンビニへの買い物から地方への出張講義まで、ありとあらゆるところにフェラーリF355スパイダーで出かけた。しかもほとんどオープンで! 電動オープン機構の酷使により、しょっちゅう幌が閉まらなくなっていたが(F355スパイダーの幌は、100回開閉すると損耗して故障し、修理に150万円かかるという伝説がある)、そのままボディカバーをかけて露天の賃貸駐車場に止めていた。風が吹けばカバーは飛び、大雨が降るとカバーが落ち込んでプールになり、車内も水浸しになった。

 O氏は「せっかくフェラーリ買ったんだから、乗らなきゃ意味ないじゃないですか!」と、編集部とまったく同じことを言っていた。彼は自ら「フェラーリ破滅教教祖」と名乗り、フェラーリをボロ雑巾のように酷使した偉人である。

 が、彼のF355スパイダーは、酷使によって文字通りのボロ雑巾になり、エンジンをはじめあらゆるところが不調になり、タダ同然になった。それでも彼は続いて360スパイダーを購入し、車体に直接自転車を載せるなどの荒行を続けたが、そちらも破滅し、結婚を期についにフェラーリを降りた。

 いずれにせよ、フェラーリに乗りまくる人は非常にまれだ。「なぜ?」と問われれば、冒頭の「一般的には、メリットがなにもないから」という答えに戻ってしまう。

 フェラーリなどのスーパーカーは、食べ物に例えればフォアグラのようなものである。あなたは毎日毎食フォアグラが食べたいですか? 私は遠慮します。体に悪いし出費もかさむし、毎日食べてたら美味しいとも感じなくなるじゃないですか!

 それでも、フェラーリを買ってすぐのころは、その麻薬的な快楽の虜になり、私の場合、年間4000~5000キロ走っていました。もちろん目的地は箱根などで、コンビニではありませんでした。一度、韓国・ソウルまで自走しましたが、半分取材でした。

 でも、そのペースはせいぜい4~5年。その後は年間2000~3000キロくらいに落ち着きました。平均は年間1000~2000キロと言われています。

 私がいま乗っているフェラーリ328GTSは89年式ですが、走行距離2万8000キロ。以前のオーナーの皆様に感謝! やっぱりフォアグラは、毎日食べるもんじゃないんです。

こんな記事も読まれています

えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
ベストカーWeb
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
レスポンス
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
ベストカーWeb
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
グーネット
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
グーネット
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
グーネット
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
グーネット
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
グーネット
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦モンテカルロ終了時点/新人ポール・アーロンが首位浮上
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦モンテカルロ終了時点/新人ポール・アーロンが首位浮上
AUTOSPORT web
文明の利器をおおいに活用!! 2026年からイベントデータレコーダーを大型車にも義務化
文明の利器をおおいに活用!! 2026年からイベントデータレコーダーを大型車にも義務化
ベストカーWeb
VW「ゴルフGTI」は「老舗の蕎麦屋のカツ丼」!? 本家FFホットハッチの高度なトータルバランスは感動ものです【AMWリレーインプレ】
VW「ゴルフGTI」は「老舗の蕎麦屋のカツ丼」!? 本家FFホットハッチの高度なトータルバランスは感動ものです【AMWリレーインプレ】
Auto Messe Web
王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート
王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート
AUTOSPORT web
いつものカーナビで動画や音楽が楽しめる!AIBOX新製品が登場 マックスウィン
いつものカーナビで動画や音楽が楽しめる!AIBOX新製品が登場 マックスウィン
グーネット
トヨタ 出光・エネオス・三菱重工とクルマ向けカーボンニュートラル燃料導入普及に向け検討開始
トヨタ 出光・エネオス・三菱重工とクルマ向けカーボンニュートラル燃料導入普及に向け検討開始
グーネット

みんなのコメント

75件
  • ディラーの話だとほんとの車の好きは三割くらい
    あとは車に詳しくなく税金対策と投機がほとんどなのは有名な話です
  • スーパーカーに限らずスポーツカーは乗るのに覚悟が要るので
    毎日乗りたいとは思わない。
    街乗りであんな不便な乗り物は無いよ。
    非日常の乗り物だからここ一番って時だけで良いでしょ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1700.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1290.01458.0万円

中古車を検索
F355スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1700.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1290.01458.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村