現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【元陸自幹部が直伝】災害、緊急時、コロナ禍……、都合のいい情報ばかりを集めていないか自分に問うてみる

ここから本文です

【元陸自幹部が直伝】災害、緊急時、コロナ禍……、都合のいい情報ばかりを集めていないか自分に問うてみる

掲載 更新 3
【元陸自幹部が直伝】災害、緊急時、コロナ禍……、都合のいい情報ばかりを集めていないか自分に問うてみる

 元陸上自衛隊の幹部で、災害対応のエキスパートでもある二見龍氏。東日本大震災での経験なども踏まえて書かれた近著の『自衛隊式セルフコントロール』では、日常生活から災害対応まで幅広く役立つ自衛隊のノウハウが盛り込まれており、「目からウロコ」「すぐに実践できる」などと非常に好評だ。

 そこで本稿では、時に生死をわけるほどに重要になってくる「情報」との正しい付き合い方、取り扱い方について指南してもらった。

【元陸自幹部が直伝】仕事、災害、コロナストレス……。苦しい時にくじけない心をつくるたった一つの心がけ

『自衛隊式セルフコントロール』はこちら

文/二見 龍(ふたみ りゅう) 写真/写真AC 

■その情報源は確かか?

 自衛隊では、戦車、航空機、艦艇などさまざまなハード的な戦力を保有していますが、実は情報もまた重要な戦力の一つです。なぜなら、情報がなければ状況を評価し、適切な対処や作戦行動を実施することが難しくなってしまうからです。現代の戦闘では、情報戦に負けるということは、戦いにも負けることを意味します。それほど情報は重要なのです。

 しかし、手に入れた情報がいつも正しいとは限りません。アンテナは高く、広く張っておく必要がありますが、手に入れた情報を使用するには、情報資料(インフォメーション)の処理が必要となります。まず、その情報を発した組織や人物(情報源)を信じられるかどうかの評価が必要となります。情報の信頼性が低いにもかかわらず信じてしまうと、致命傷となりかねません。

 情報の信頼性は、日常生活においても大事です。例えば、災害時に頼りになるハザードマップや避難情報は、基本的には信頼性の高い情報源と考えることができます。しかし、確認しているハザードマップが、最新のものでない可能性がありますから、発信元までたどって、作成年月日の確認をしておくことが大事だとわかります。

■人の噂やSNSの情報は玉石混交

 また、惑わされてはいけないのが、「○○という状態らしい」などという、SNSの書き込みや噂です。情報源が何であるか不明であり、「らしい」という表現は、不確実な内容であると意識しておかなければなりません。

 こうした不確実な情報は、報告してきた人が実際に見て確認しているかどうかが評価の分かれ目となります。誰かが言った話をしているのであれば、その情報の正確性は落ちてしまいます。また、日頃の行動から、情報源として信じられる人物なのかどうかも、ポイントとなるでしょう。

 近年の大規模災害では、必ずデマや噂が広がっています。なかには善意で拡散協力した情報が、デマだったということもありました。また長引くコロナ禍を通して、信憑性の低い噂や情報が流れることもたびたびありました。情報源をしっかり確認し、正しく判断、行動することが基本となります。

■都合のいい情報ばかりを信じていないか

 情報の取り扱いで、もうひとつ注意しておきたいのが、自分にとって都合のいい情報ばかりを集めていないか、という点です。

 人は誰しも弱いものです。ついつい、自分が正しいと思ったことを肯定する情報ばかりを集めてしまったり、否定する情報を避けたり無視したりということに陥りがちです。これを「確証バイアス」といいます。

 皆さんにも心当たりはありませんか。

 日々の仕事や日常生活、あるいはニュースやSNSなど……、自分にとって都合のいいことばかりに流されてはいませんか。これは、人間が心を平静に保とうとするために無意識のうちに行っていることですが、緊急時や危険な状況が近づいている時には、こうした行為が正しい判断を狂わせ、かえって危険な状況に陥ってしまうことがあります。

 例えば、台風時の避難指示の場面を考えてみましょう。

 台風が接近し大雨洪水警報が発令されている状態で、夕方頃、市役所から避難指示が発令された場合、どのように判断するでしょう? 台風が最接近するのは夜半からです。夕方の時点では、まだ台風との距離があるので風雨が強くなく、明るいので周囲の状況が見えて危険や不安を感じることはありません。

「近くの河川はほとんど増水していない」、「今のところ、雨と風はたいしたことはない」、「避難所へ行っている人はまだ少数である」、「この周辺まで浸水したことはなかった」、「ライフラインがダウンすることはないだろう」と避難の必要性がないことを肯定する情報ばかりを集めてしまい、自分の考えを正当化してしまうような状態になりがちです。

■情報に向き合い、一つずつ点検する

 このような状態になると、「早めの避難を心がけて下さい」、「大きな災害が発生する可能性があります」という情報を耳にしたとしても、「大げさに言って避難させようとしている」、「不安を煽っているだけ」というように捉え、こうした情報を相手にせず、かえって反感を抱く状態になってしまいます。

 このバイアスから逃れるためには、例えば災害発生時に、「避難しないとどのようなリスクがあるのか」、「避難するために残された手段はいくつあるのか」、「避難する場合、どこに行けばいいのか」、「家族を連れて避難するにはどうすればいいのか」など、選択の幅を広げて考えることにより、妥当な判断ができるようになります。

 確証バイアスに陥らないためには、すべての情報を、客観的に見て、多角的に判断できることが重要となります。そのためには、信頼できる仲間の意見を聞いたり、違う立場の目線になったりして、もう一度情報を見直すことが必要です。緊急時こそ、自分にとって都合のいい情報ばかりを集めていないか、注意しましょう。

二見 龍(ふたみ りゅう)
1957(昭和32)年東京生まれ。防衛大学校卒業。陸上自衛隊第8師団司令部3部長、第40普通科連隊長、中央即応集団司令部幕僚長、東部方面混成団長などを歴任し陸将補で退官。防災士として自治体、一般企業で危機管理を行う。著書に『自衛隊式セルフコントロール』、『自衛隊最強の部隊へ』シリーズ、『弾丸が変える現代の戦い方』、『自衛隊は市街戦を戦えるか』、『特殊部隊 vs. 精鋭部隊』などがある。近著の『自衛隊式セルフコントロール』はすぐに実践できる自衛隊のノウハウが満載

関連タグ

こんな記事も読まれています

異例の手法「海だったところ」に道路通す!? 大規模崩落で通行止め続く国道で“ウルトラC”発動 能登半島地震
異例の手法「海だったところ」に道路通す!? 大規模崩落で通行止め続く国道で“ウルトラC”発動 能登半島地震
乗りものニュース
マクラーレン初のハイパフォーマンス ハイブリッド コンバーチブル「アルトゥーラ スパイダー」が日本上陸|
マクラーレン初のハイパフォーマンス ハイブリッド コンバーチブル「アルトゥーラ スパイダー」が日本上陸|
OPENERS
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
令和の時代では もはや死語!? 「慣らし運転」って今でも必要? 新車で買ったあとに行う“儀式”の具体的な方法とは
令和の時代では もはや死語!? 「慣らし運転」って今でも必要? 新車で買ったあとに行う“儀式”の具体的な方法とは
VAGUE
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
レスポンス
ピット作業の課題に悩むキック・ザウバーF1。日本GPでのトラブル再発にボッタスも「がっかり」
ピット作業の課題に悩むキック・ザウバーF1。日本GPでのトラブル再発にボッタスも「がっかり」
AUTOSPORT web
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
Auto Messe Web
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
グーネット
あの悔しさがあったから、ホンダは強くなれた……HRC渡辺社長、アロンソの契約延長を歓迎「今度は絶対、共に笑顔になれるように!」
あの悔しさがあったから、ホンダは強くなれた……HRC渡辺社長、アロンソの契約延長を歓迎「今度は絶対、共に笑顔になれるように!」
motorsport.com 日本版
ダイハツ、国内の全完成車工場を再稼働へ 軽スポーツカー「コペン」と軽SUV「タフト」生産再開
ダイハツ、国内の全完成車工場を再稼働へ 軽スポーツカー「コペン」と軽SUV「タフト」生産再開
くるまのニュース
スバル フォレスター、特別仕様車「STIスポーツ ブラックセレクション」発表
スバル フォレスター、特別仕様車「STIスポーツ ブラックセレクション」発表
レスポンス
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
スーパーGT開幕間に合った! 体調不良乗り越え岡山にやってきた牧野任祐「あとは自分がどこまで走れるかにかかっている」
スーパーGT開幕間に合った! 体調不良乗り越え岡山にやってきた牧野任祐「あとは自分がどこまで走れるかにかかっている」
motorsport.com 日本版
プーチン大統領も金総書記も乗ってる! 日本じゃ見たことないロシアの「アウルス」は結構衝撃のスペックだった
プーチン大統領も金総書記も乗ってる! 日本じゃ見たことないロシアの「アウルス」は結構衝撃のスペックだった
WEB CARTOP
マツダ大きな「新型セダン」世界初公開!? 次期型“MAZDA 6”か「謎の画像」で予告! 4月末に発表へ
マツダ大きな「新型セダン」世界初公開!? 次期型“MAZDA 6”か「謎の画像」で予告! 4月末に発表へ
くるまのニュース
KURE、一度でガラスの油膜除去と撥水コートができる「ルックス ウィンドウ デュアル」を発売
KURE、一度でガラスの油膜除去と撥水コートができる「ルックス ウィンドウ デュアル」を発売
driver@web
コルベット「幻の試作車」と「伝説の始まり」をそれぞれオマージュした特別仕様車が登場! 「エディション・サーヴ・ワン」と「ヘリテージエディション」を各20台限定販売
コルベット「幻の試作車」と「伝説の始まり」をそれぞれオマージュした特別仕様車が登場! 「エディション・サーヴ・ワン」と「ヘリテージエディション」を各20台限定販売
WEB CARTOP

みんなのコメント

3件
  • 確かに最新の情報の見極めが必要で早めのは避難も重要です
    消防車が来て避難した人も多く
    山奥だったりご高齢者やペットなど避難困難な避難者も多く課題も多い
  • 正常性バイアス、災害に限らず企業戦略などでも。

    儲かると内部(自分たち)が有能だと言い、損すると外部環境のせいにする。そうやって、小さく儲け大きく損してを繰り返し、自分たちは有能だと思いながら何故か会社が滅んでいく。

    これ、CARVIEWの記事にしてはもったいないよ。タイヤモンドや東洋の変な評論よりもずっと核心的です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村