現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どうみても市販車の「スペーシア」と「スイフト」はなぜコンセプトを名乗った? ジャパンモビリティショー展示車の疑問に迫る!

ここから本文です

どうみても市販車の「スペーシア」と「スイフト」はなぜコンセプトを名乗った? ジャパンモビリティショー展示車の疑問に迫る!

掲載
どうみても市販車の「スペーシア」と「スイフト」はなぜコンセプトを名乗った? ジャパンモビリティショー展示車の疑問に迫る!

 この記事をまとめると

■「ジャパンモビリティショー」にはさまざまなコンセプトカーが発表・展示された

いち早く市販化を切望! ジャーナリストがJMSで見つけた「現実味のある」BEVコンセプト5台

■コンセプトとして展示された車両のなかにはほぼ「市販車」のようなデキのモデルがあった

■「スペーシア・コンセプト」「スペーシア・カスタム・コンセプト」はコンセプトを名乗る市販車の展示車だった

 コンセプト然としたものとほぼ市販車な2種類のコンセプトカー

 2023年10月26日から11月5日まで開催され、自動車産業の枠を超え、他産業やスタートアップを含め475社の企業・団体が参加、出展した「ジャパンモビリティショー(JMS)」を訪れた自動車ファンは数多いと思う。なにしろ111万2000人もの来場者が訪れたのである。トヨタの会長、そして一般社団法人日本自動車工業会会長の豊田章男さんによれば、100万人を超える来場者のイベントは、モーターショー、現ジャパンモビリティショーと夏の甲子園ぐらいのものだそうだ。

 そんなJMSでは、最新の電気自動車や、未来のクルマのスタディカー、コンセプトカーが目立ち、たとえば三菱デリカD:5の未来形である「D:Xコンセプト」や、日産エルグランドの新型を想像させる「ハイパーツアラー」など、どう考えても「このままじゃ出ないだろう」と思わせるコンセプトカー然としたモデルもあった。

 その一方、コンセプトカーを名乗った出展ながら、どう見ても「新型車そのものじゃん!」と思える花形出展車もあったのである。

 その最たるクルマが、まずはスズキのブースのメインとなっていた「スペーシア・コンセプト」。標準車のスペーシアとスペーシア・カスタムが展示され、標準車のデコレーションはともかく、実際に内外装をじっくり観察したところ、ほぼ、じゃなく、完全な市販車そのもの!

 細かい話では、電子パーキングブレーキとオートブレーキホールドのスズキ初採用(祝!)。現場にいた開発者責任者へのインタビューでは、先進運転支援機能の向上、ACCのカーブ手前減速制御といった新型スペーシアの機能、装備の内容まで教えてもらうことができたほど。

 つまり、デザインはもちろん、スペックや機能、装備など、JMSの開催初日には、すべて決まっていて、あとは発売するだけの状態で、スペーシア・コンセプトを名乗る展示車だったというわけだ。

 だったら、「新型スペーシア」です……と紹介すればいいようだが、そうはいかない事情もある。というのは、「新型スペーシア」、「スペーシア・カスタム」の発売日は11月9日。そう、JMSの開催期間後のタイミングだったのである。

 自動車メーカーとしては、発売日前の一般公表はできない。よって、もう新型スペーシアとスペーシア・カスタムが完成され、発売を待つだけにもかかわらず、コンセプトとしてしか紹介できないというわけだ。逆に、発表、発売がJMS開催前なら「新型スペーシア」となる。

 新型発表の時期で「コンセプト」か「新型」かにわかれた

 スズキのブースに展示されていた「スイフト・コンセプト」も同様。すでにスズキのホームページでは、「新型スイフトまもなく誕生」というティザー広告が出ていて、5代目となる新型スイフトのほぼすべての内容が公開されている。

 が、これも、JMSの開催期間中では正式発表前のタイミングであり、展示されていたのがどう見ても新型スイフトそのものなのに、「スイフト・コンセプト」と呼んでいた理由である。

 ちなみに、ホンダのブースに展示されていた、スペーシアのライバルとなるN-BOXは、2023年10月5日発表、10月6日発売のため、JMSでは堂々と「新型N-BOX」として展示できたわけだ。

 ギリギリのタイミングとしては、スバル・レヴォーグレイバックだ。発売日は10月25日、つまり一般公開日に先駆けたプレスディの初日が25日で、一般公開日が10月28日だったので、一般公開日に訪れた来場者は、市販車の「新型レヴォーグレイバック」として見ることができたのである。

 スバルのコンセプトカーとして注目してほしいのは、スバル初のグローバルBEV(電気自動車/ソルテラはトヨタbZ4Xとの共同開発車)である「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」のほうだったのだ。

 JMSでコンセプトカー(!?)として展示されていた「スペーシア・コンセプト」「スペーシア・カスタム・コンセプト」に話を戻そう。会場でスペーシアに興味津々の来場者が「これ、まったくのコンセプトカーなんですか? それとも市販車そのものですか?」とスタッフに聞いたとすれば、こっそり「市販車にかなり近いですよ」ぐらいに、ニンマリ、教えてくれた……に違いない(想像)。

こんな記事も読まれています

残り1周、衝撃の「ノー・パワー」で2位失ったプジョー9X8。スローダウンの原因はガス欠か
残り1周、衝撃の「ノー・パワー」で2位失ったプジョー9X8。スローダウンの原因はガス欠か
AUTOSPORT web
クワトロリゴの新アンプとスピーカーを搭載したBMW M3を聴く!!
クワトロリゴの新アンプとスピーカーを搭載したBMW M3を聴く!!
レスポンス
【ヤマハ】YZF-R7/MT-07/XSR700/Tenere700 が特別金利で手に入る!「YSPスペシャルローン(自由返済型)1.9%特別金利」を6/30まで実施中
【ヤマハ】YZF-R7/MT-07/XSR700/Tenere700 が特別金利で手に入る!「YSPスペシャルローン(自由返済型)1.9%特別金利」を6/30まで実施中
バイクブロス
X350用のカスタムパーツも続々登場! キジマが新製品情報「KIJIMA NEWS EXPRESS」2024年3月号を公開
X350用のカスタムパーツも続々登場! キジマが新製品情報「KIJIMA NEWS EXPRESS」2024年3月号を公開
バイクブロス
全長5m超え! 日産の新型「最上級6人乗りSUV」がスゴい! ド迫力グリルに光るロゴ採用! 「エクストレイル超え」のめちゃ豪華な「新型パスファインダー」とは
全長5m超え! 日産の新型「最上級6人乗りSUV」がスゴい! ド迫力グリルに光るロゴ採用! 「エクストレイル超え」のめちゃ豪華な「新型パスファインダー」とは
くるまのニュース
街の景色を変える圧倒的存在感! 光岡自動車 2代目ヒミコ試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
街の景色を変える圧倒的存在感! 光岡自動車 2代目ヒミコ試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
マツダを救った驚異の小型車! 初代デミオは驚異的なパッケージと価格だった
マツダを救った驚異の小型車! 初代デミオは驚異的なパッケージと価格だった
WEB CARTOP
ボルボが前方の事故を警告する業界初の安全機能「アクシデント・アヘッド・アラート」を欧洲で搭載
ボルボが前方の事故を警告する業界初の安全機能「アクシデント・アヘッド・アラート」を欧洲で搭載
@DIME
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
AUTOSPORT web
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
レスポンス
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!?  「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!? 「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
くるまのニュース
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
バイクブロス
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
Auto Messe Web
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
Webモーターマガジン
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
Auto Prove
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
motorsport.com 日本版
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村