サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽自動車の進化とライバル列伝「5メーカーがしのぎを削りあった名5番勝負」

ここから本文です
切磋琢磨で進化してきた日本が誇るクルマ

 日本が世界に誇る“モノづくり”によって進化してきた軽自動車。そもそも国内に軽自動車というカテゴリーが誕生したのは、今から70年前、戦後間もない1949年(昭和24年)のこと。当初は全長×全幅×全高(2800mm以下×1000mm以下×2000mm以下)の3サイズが決められ、排気量は4サイクルが150cc、2サイクルが100ccまでと定められていました。その後、何回かの規格変更があり98年からは現行の、3400mm×1480mm×2000mm以下の車体サイズで、660cc以下のエンジンとなっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ