サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > Sクラス譲りの先進性。ジャストサイズの新型メルセデス・ベンツCクラスが世界を驚かせる、これだけの理由

ここから本文です

新型は、かつての190Eの再来。この先10年の世界基準を提示する意欲作

 Cクラスとしては5世代目、1982年デビューの190E(W201)から数えると第6世代になるメルセデスの主力モデルがフルチェンジした。欧州では春以降、日本でも早ければ年内に発売の予定だ。Cクラスは30年間で1050万台を世界中で販売したベストセラーモデルである。昨年はメルセデスの販売台数中、実に7台のうち1台がCクラスだったという。なお、フルチェンジはつねに7年刻みである。

第7世代となる新型メルセデス・ベンツ・Sクラスが日本上陸。内外装デザインの変更や機能装備のバージョンアップで商品力を強化

 新型Cクラス(W206)のオンライン発表会を見て「これは190Eの再来だ」という印象を抱いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ