現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック

ここから本文です

新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック

掲載 更新 4
新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック

車種別・最新情報 [2023.12.04 UP]


新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック

発売スタンバイ! スズキ「スイフト コンセプト」

ズバリ、こいつは見逃せない! 気になる「市販濃厚モデル」先取りチェック
先日開催されたジャパンモビリティショー(JMS)2023では、各メーカー渾身のショーモデルが多数展示されていた。その中でも大きな注目を集めていたのが、いずれ発売されるであろう「市販化濃厚」のモデルたち。発売時期こそ異なるだろうが、どれもが売れそうな気配でいっぱい。絶対に注目すべきモデルをあらためて紹介しよう!

●文:横田晃/月刊自家用車編集部


SUZUKI スイフト コンセプト
ハード面もソフト面も、最新仕様に大幅アップデート
 各メーカーの展示に近未来コンセプトカーが多かった今回のジャパンモビリティショー(以下JMS)の中では、リアルな市販化前提モデルの出展が目立ったスズキ。参考出品された新型スペーシアがショー直後の11月9日に正式発表&発売されたのに続き、新型スイフトも特設サイトが立ち上げられて、すでに事前商談が始まっている。

 内外観は歴代スイフトのテイストを受け継ぐキープコンセプトだが、代を重ねるごとに向上してきた質感は完成の域。とくに「人とクルマの一体感を感じられる高い質感」と謳う新型のインテリアは、かつての大衆コンパクトカーとはまったく違う上質な仕立てだ。

 装備も充実しており、上級グレードでは指先で操作できる電動パーキングブレーキや、コーナー手前やレーンチェンジ時の速度制御まで加わった全車速追従機能付きACC、自転車や2輪車にも対応するデュアルセンサーブレーキサポートIIなど、運転支援システムも完備している。9インチモニターが備わる全方位モニター付きメモリーナビやディスプレイオーディオも選択可能だ。

 発表されているグレード構成は、マイルドハイブリッドが2タイプとガソリン車が1タイプ。いずれも新型の1.2ℓの3気筒エンジンと、専用開発の高効率CVTを搭載する。

 気になるスポーツの存在はまだ見えないが、標準車でもドライバーを包み込むサイドサポート付きシートをアピールするだけに、スズキファンは、こちらも大いに期待していいだろう。


JMSの会場に展示されていた車両は、どこからどうみても市販モデルにしか見えない完成度を持っていた。これがユーザーの元に届くのは間違い無いだろう。

9インチのワイドディスプレイがダッシュ上に配置されるなど、今風のキャビンレイアウトに刷新。サイズ以上に広さを感じるキャビンなど、従来型の美点はそのままに上手にブラッシュアップされている。

パワートレーンは、純内燃機車とマイルドハイブリッド車の2つ。ともにエンジンは新開発の1.2ℓ直3ユニットだが、低速から十分なトルクを発揮。新CVTとの組み合わせで静粛性と燃費性能の両立を実現している。

荷室はスペースも格納方法も、2BOXハッチとしては標準的なタイプ。従来型と同様、実用車として十分なユーティリティ性能が与えられている。

障害物の検知は、ミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーの3種類のセンサーが担当。安全&運転支援機能の進化も、新型の見どころのひとつ。

こんな記事も読まれています

いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
レスポンス

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.0389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.0389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村