現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!

ここから本文です

「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!

掲載 4
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!

 この記事をまとめると

■伸びやかになったデザインが話題の新型ホンダ・アコード

「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

■新型アコードはクローム類やノイズを減らしシンプルなデザインとすることを目指した

■新型アコードのデザインのテーマは、「低く、薄く、長くワイド」である

 新型アコードのデザイナーにそのスタイリングの意図を聞いた

 ホンダが3月8日に発売した11代目の新型アコードは、より伸びやかになったスタイリングがすでに各方面で話題になっているようです。

 では、その造形の意図や狙いはどこにあるのか? 今回は、エクステリアを担当したオートモビルデザイン開発室の石井さんにあらためてお話を聞いてみました。

 フォーマルでありながら個性的なスタイルを目指す

──では最初に。新型をデザインするに当たって先代のスタイルをどのように評価、総括したのでしょうか?

「先代は北米市場で好評でしたが、堂々として流麗な佇まいがセダンとして高い完成度をもっていたと思います。とくにAピラーを後ろに引いたスリークなキャビンによる車格感の高さや、クロームパーツ類による加飾的な質感は欧州のライバル車に肩を並べていました」。

──それに対して新型のコンセプトは「CREATIVE BLACK TIE」としましたが、その意図はどこにありますか?

「BLACK TIE」はドレスコードとして使われている言葉ですが、そこにCREATIVEを加え、フォーマルだけど個性的なスタイルを目指しました。セダンとしての基本をしっかり押さえ、どこに出しても恥ずかしくない信頼感や大人のセンスを示したい。そこで、先代に対してはクローム類をなくすこと、ノイズを減らしたシンプルな造形にすることを考えました」。

──パッケージ面では、先代と同じホイールベースに対し、全長を75mm延ばしました。長いオーバーハングはスタンスに悪影響を及ぼしませんか?

「延長分はフロントの歩行者保護要件に使っていますが、長いノーズはボディを低く見せることができるし、優雅さや伸びやかさも打ち出すことができます。また、オーバーハングの長さに対しては、ブラックのワイドなロアグリルによって鼻先を軽く見せているんですよ」。

──ファストバック風のシルエットは、たとえばアウディやBMWなど欧州のライバルを意識したのでしょうか?

「というより先代を踏襲した格好ですね。ただ、今回は骨格からすべて変えることでより伸びやかさを意識しています。とくに、ボディサイドの面のピークからリヤに向けて下る流れを作ることで、リヤスポイラーを先代より低く見せることができた。セダンとしてしっかり3ボックスに見えつつ、ぎりぎりファストバックでもあるんですね」。

「低く、薄く、長くワイド」である

 言いたいことがしっかり見えるデザインを目指す

──今回は「低く、薄く、長くワイド」をテーマにしています。最近は厚いボディに薄いキャビンが主流ですが、なぜそこまで「薄さ」にこだわったのでしょう?

「そこはホンダらしさでしょうか。1980年代のホンダ車はグラッシーなキャビンが特徴でしたが、基本はそれを引き継いでいる。ボディを厚くするとタイヤも大きくするなどクルマ全体が肥大してしまい、ランニングコストもかかってしまうんですね。また、薄さは視界の良さを重視した結果でもあるんです」。

──フロントグリルは繊細というか、構成パーツが薄く、折り紙のようなイメージが新鮮です

「はい。これはノイズを減らしてツルンとしたボディにすることと、ローアンドワイドを強調するためにシャープな造形を目指したものですね。先代は縦長のグリルでしたが、ここでも薄さを出したかった。これはリヤも同じで、ブラックのガーニッシュのなかにグラフィック類を収め、凹凸を極力なくしています」。

──ボディサイドではシンプルな面の張りが特徴的で、先代とはかなり表情が異なりますね

「先代のキャラクターラインは面を一度大きく引っ込めてから張り出したもので、非常にグラマラスな表現でした。新型は最近のホンダ車に沿い、ボディ全体をひとつのカタマリに見せるためにより繊細な表情とした。ここはモデラーの力が発揮された部分ですね」。

──しかし、こうしたシンプルな面に対しては専門家からも「ノッペリしている」「もの足りない」といった声が聞かれますが……。

「そうですね(笑)。全員に理解してもらうのは難しいのですが、ちゃんとわかってくれる人はいるだろうと……。私たちとしては、骨格のよさを前提にホンダらしいスポーティさ、ダイナミックさ、エレガントさなどを愚直にやることが大切だと思ってデザイン開発を行っています」。

──では最後に。前の質問にも関連しますが、今回の新型を手がけ、美しさとシンプルさを兼ね備えたデザインには何が必要だと感じられましたか?

「足し算のデザインは簡単ですが、やはり引き算は難しいですね。これは個人的な考えですが、シンプルとは何もないことではなく「洗練」だと思っています。いい方を変えれば一貫性を持つということで、「いいたいことが見えている」のが重要です。それには熟成が必須で、いろいろな雑音が聞こえても、そこまでグッと我慢することが大切なんですね」。

──意図が明快に見えるというのは重要ですね。本日はありがとうございました。

こんな記事も読まれています

「あのクルマ電車じゃん!」……ってEVのことじゃなかった! カスタムカー界隈で揶揄される「電車」ってなんのこと?
「あのクルマ電車じゃん!」……ってEVのことじゃなかった! カスタムカー界隈で揶揄される「電車」ってなんのこと?
WEB CARTOP
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
カー・アンド・ドライバー
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
庶民でも頑張ればなんとか!? いまV8フェラーリ買うなら一番現実的なモデル「360モデナ」とは
庶民でも頑張ればなんとか!? いまV8フェラーリ買うなら一番現実的なモデル「360モデナ」とは
WEB CARTOP
ニッポンも捨てたもんじゃない──新型ホンダ・アコード試乗記
ニッポンも捨てたもんじゃない──新型ホンダ・アコード試乗記
GQ JAPAN
トヨタ「小さなミニバン」に強敵登場! シエンタと双璧のホンダ「新型フリード」公開! どんな人が検討? 販売店への影響は?
トヨタ「小さなミニバン」に強敵登場! シエンタと双璧のホンダ「新型フリード」公開! どんな人が検討? 販売店への影響は?
くるまのニュース
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
カー・アンド・ドライバー
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
グーネット
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
ベストカーWeb
【最新モデル試乗】国際派11代目ホンダ・アコードは最新技術を積極投入。スポーティセダンを名乗るに十分な気持ちのいい走りの持ち主である
【最新モデル試乗】国際派11代目ホンダ・アコードは最新技術を積極投入。スポーティセダンを名乗るに十分な気持ちのいい走りの持ち主である
カー・アンド・ドライバー
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
くるまのニュース
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
ホンダ新「フィット」登場!? 約215万円のスポーティモデル! 「なかなか格好いい!」反響多い「無限仕様」 中国が羨ましい…
ホンダ新「フィット」登場!? 約215万円のスポーティモデル! 「なかなか格好いい!」反響多い「無限仕様」 中国が羨ましい…
くるまのニュース
壊れて当然のノリだけど現代のクルマにはない楽しさがある! 沼る可能性しかないハチマルイタフラ車
壊れて当然のノリだけど現代のクルマにはない楽しさがある! 沼る可能性しかないハチマルイタフラ車
WEB CARTOP
マフラー出口の本数やデザインに意味はあるのか? なつかしの「竹ヤリ」から最新トレンドまでを元チューニング雑誌編集者が解説します
マフラー出口の本数やデザインに意味はあるのか? なつかしの「竹ヤリ」から最新トレンドまでを元チューニング雑誌編集者が解説します
Auto Messe Web
ついに新型が先行公開! コンパクトミニバンの「鉄板」フリード完全包囲網
ついに新型が先行公開! コンパクトミニバンの「鉄板」フリード完全包囲網
ベストカーWeb
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
くるまのニュース
アンダー200万円! トヨタの「快適小型SUV」何が良い? デビュー“4年”でも売れまくり! 「ヤリスクロス」の魅力は?
アンダー200万円! トヨタの「快適小型SUV」何が良い? デビュー“4年”でも売れまくり! 「ヤリスクロス」の魅力は?
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • cid********
    シンプルをホンダの文化にするなら、20年は踏ん張って!
    昔のエレガントなホンダ車が好きでした。
  • ydw********
    どの業界でもそうだろうが、性能に支障がないのであれば、自分達のこだわりを持って作りたいものを作るのが良いだろうね。特にデザインなど、売れるからとアレでもないコレでもないと弄るのでなく、浸透するまで根気強くアピールしていくのが必要かと。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0400.0万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0400.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村