現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ新型「小型バン」世界初公開! 「一文字ライト&つるつるボディ」の“斬新”モデルがインドネシアで実車展示! 反響は?

ここから本文です

ダイハツ新型「小型バン」世界初公開! 「一文字ライト&つるつるボディ」の“斬新”モデルがインドネシアで実車展示! 反響は?

掲載 16
ダイハツ新型「小型バン」世界初公開! 「一文字ライト&つるつるボディ」の“斬新”モデルがインドネシアで実車展示! 反響は?

■次期モデルへの期待も?

 ダイハツのインドネシア法人アストラ・ダイハツ・モーターは、2023年8月10日から11日間にわたって開催されている「ガイキンド(GAIKINDO・インドネシア自動車製造業者協会) インドネシア国際オートショー2023」(以下インドネシアショー)で、コンセプトカー「VIZION-F」を世界初公開しました。
 
 このVIZION-Fについて、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしており、さまざまな感想が投稿されています。

【画像】「えっ…」 何このカオ!? 斬新すぎる「VIZION-F」を画像で見る(70枚)

 VIZION-Fは現地法人ADM R&Dが企画・製作し、小型商用車「グランマックス バン」をベースとしたしたコンセプトEVです。

 パワートレインは28kWhの大容量バッテリーと35kWのモーターを組み合わせ、最高時速は100km/h、航続可能距離は約200kmを確保しました。

 主な用途として、レスキューユニット(緊急時に電力を供給できるバッテリーを搭載した緊急車両)、キッチンカー、キャンピングカー、公用車などを想定しているといいます。

 エクステリアはボディラインやドア形状などにグランマックス バンの面影を残していますが、フロント・リアフェイスをはじめスタイリッシュにデザインされています。

 カラーはシルバーとグレーを基調とし、EVをイメージしたというエレクトリックイエローのアクセントカラーを取り入れたほか、フロントは真一文字のヘッドライトや文字やロゴを表示できるデジタルレイヤーを取り入れました。

 デジタルレイヤーはヘッドライト間に加え、通常ロアグリルが装備される位置にも大型のものを設け、広告などを表示できるようになっています。

 リアドアおよびクオーターのウインドウは塞がれ、フロント同様にデジタルレイヤーを搭載。ドアハンドルは段差のないフラッシュ型を採用し、ドアミラーもかなり小型のものを装備するなど、全体的に滑らかなボディが特徴です。

 インテリアも実用重視のグランマックスとは大きく異なっており、8インチのデジタルメーターを基本とする水平基調のダッシュボードを採用。

 中心には15.6インチにタッチスクリーンディスプレイを装備し、異型ステアリングや電制シフトを装備するほか、外装同様アクセントのイエローが随所にあしわられています。

 そんなVIZION-Fですが、SNSなどではさまざまな感想が投稿されています。

「EVは(純ガソリン車と違い)給排気もいらないからデザイン自由だなぁ」「今後この手のフロントが流行るのかもしれない」など、デザインの自由度が高いEVの特性や真一文字デザインのフロントフェイスがトレンドとなっているのを再認識する声がありました。

 また、「コンセプトは素晴らしいですね」「開発頑張って欲しい!」など、斬新な発想を支持し、今後の開発について応援とも取れる投稿も。

 さらに、「次期グランマックス?」「次期タウンエースのデザインはこういう方向性なのか?」など、登場から15年が経過したOEM車のトヨタ「タウンエース」とともに次期型登場を期待する人もいるようです。

※ ※ ※

 ダイハツブースではこのほか、2023年3月に発売した5人乗りコンパクトカーの新型「アイラ」のショーモデルや、日本のみで展開している軽自動車「アトレー」も展示しています。

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「カローラパトカー」初公開! ド派手カラー&警察専用“特殊装備”を完備! 最新モデルを英で発表!
トヨタが新型「カローラパトカー」初公開! ド派手カラー&警察専用“特殊装備”を完備! 最新モデルを英で発表!
くるまのニュース
エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
レスポンス
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
カー・アンド・ドライバー
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
LE VOLANT CARSMEET WEB
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
月刊自家用車WEB
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
レスポンス
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
月刊自家用車WEB
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
バイクブロス
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
WEB CARTOP
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
くるまのニュース
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
AUTOSPORT web
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
Auto Prove
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
ベストカーWeb
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
motorsport.com 日本版
いすゞ 新型「3列シートSUV」初公開! ド迫力でカッコいい“旗艦モデル”新型「MU-X」登場! 新グレード「RS」も追加し泰発売!
いすゞ 新型「3列シートSUV」初公開! ド迫力でカッコいい“旗艦モデル”新型「MU-X」登場! 新グレード「RS」も追加し泰発売!
くるまのニュース
データシステムがバックランプ用高輝度LEDバルブ「LED-T16A」を発売
データシステムがバックランプ用高輝度LEDバルブ「LED-T16A」を発売
レスポンス

みんなのコメント

16件
  • 未来感はとってもアリマス。
  • 保安基準や製造要件の為、このまま出るとはおもわないけどツルンとしてて良いと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
アストラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村