現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > エアコンスイッチも直しました! 内燃機関はこれが最後? VWゴルフに「8.5世代」の改良型が登場だ!

ここから本文です

エアコンスイッチも直しました! 内燃機関はこれが最後? VWゴルフに「8.5世代」の改良型が登場だ!

掲載 10
エアコンスイッチも直しました! 内燃機関はこれが最後? VWゴルフに「8.5世代」の改良型が登場だ!

 小型車のベンチマークでもあるフォルクスワーゲン ゴルフ/ゴルフ ヴァリアントがマイナーチェンジを行った。ゴルフ誕生50年を記念するモデルであり、おそらく内燃機関ゴルフとして最後の1台となるであろう「8.5世代」は、なにがどう変わったのだろうか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/フォルクスワーゲン

エアコンスイッチも直しました! 内燃機関はこれが最後? VWゴルフに「8.5世代」の改良型が登場だ!

■フロントのVWマークも光ります

マトリックスLEDを使った「IQライト」はVWバッジも光るように

 早速新型ゴルフの外観からチェックしてみよう。まずフロント周りでは、ヘッドランプの形状が変更された。やや中途半端に見えたライトのデザインが改良されたことで、新型は鋭い視線を獲得している。

 これまでも上位グレードのヘッドランプには、多数のLEDを複雑に制御する「IQライト」が搭載され、ライトを点灯すると中央のグリル部分も真一文字に光るのがカッコよかった。新型ではこのIQライトがさらに進化し、グリル中央にあるVWマークまで点灯するようになっている。

 ちなみにIQライトではメインビームの照射能力自体もアップ、最大到達能力は500mを実現したという。

 フロントマスクではバンパー形状も変更された。もともと大きな口がガバッと開いていたGTE/GTIやRライン系の変化はそれほどでもないが、eTSI系はPHEVは開口部が小さくなり、内部に2段のルーバーフィンが走っている。

 リアに回ってみると、こちらの変化は少ないように見える。テールレンズの形状も旧型と同じようだし、わずかにマフラー回りの意匠が変化している程度だろうか。

 とはいえテールレンズ内部のLED構成は進化したようだ。そのおかげで施錠時と開錠時には、ライトがパラララッとアニメーションして消灯/点灯する新機能が採用された。兄弟ブランドのアウディが先行していたものだ。

■PHEVに急速充電機能。航続距離もアップ!

新型ゴルフのPHEVモデル

 パワートレーンを見ていこう。今回のマイナーチェンジで、ラインナップ自体に大きな変更はない。とはいえドイツ本国のゴルフは多彩で、プラグインハイブリッドモデル(eHybridとGTE)に48Vマイルドハイブリッド(eTSI)、さらにオーソドックスなガソリンターボ(TSI)とディーゼルターボ(TDI)がある。

 進化の目玉はPHEVだろう。1.4リッター直噴ターボという心臓部に変更はないが、システム出力が向上し、EVモードでの走行可能距離が100kmまで延長された。急速充電システムを備え、1回の満タンで1000kmの総航続距離を得た点もトピックだ。

 なお今回の発表には、高性能モデルのGTIおよびRは含まれなかった。この2台については追って発表されるというが、GTIの画像はすでに公開済みなので、気になる人はチェックするといいだろう。

[articlelink]

■不評だったエアコンスイッチも改良

ダッシュ中央のインフォテインメントディスプレイが大きくなり操作系も変わった

 インテリアを見てみよう。最大の変化はインフォテインメントシステムの刷新だ。フォルクスワーゲンが新たに開発した次世代型モジュラーインフォテインメントを採用した結果、ディスプレイの操作系や音声アシスタントが新しいものとなった。

 音声アシスタントは、エアコンやカーナビだけでなく、天気予報や一般的な質問にも自然言語で対応している。なお将来的には、いま話題の生成AI「チャットGPT」とも連携を果たす予定だというから楽しみだ。

 インフォメーションディスプレイ自体も大型化された。標準で10.4インチ、最上位のDiscoverバージョンだと12.9インチとなる。

 このディスプレイでは、第8世代ゴルフで不評だったエアコンのタッチ式スイッチも改良されている。またRラインなどに搭載されていたステアリングホイール上のハプティック(触覚)ボタンも、物理ボタンへと変更されている。

■車外から駐車を可能にする「パーク アシスト プロ」を搭載

遠隔駐車を可能にする「パーク アシスト プロ」

 ADAS(先進運転支援)系だが、既存のクルーズコントロールやレーンキープアシストなどに大きな変更はない。

 そんな中、新たな機能として加わったのが「パーク アシスト プロ」だ。これは車外からスマホを使って駐車操作を可能とするもので、乗り降りしにくい狭い駐車場などで効果を発揮する。

 併せて日本車では多くみられる俯瞰視点の車両モニターシステム「エリアビュー」も搭載したから、駐車時の利便性は確実に向上したといえるだろう。

 大きな進化を遂げたゴルフ「8.5」だが、日本にどんなパワートレーン、グレードが導入されるのかはいまのところ未知数。いっぽう日本での発表時期だが、現行モデルの販売車種がすでに「プラチナムエディション」という特別仕様車に絞られていることを考えると、それほど先のことではなさそうだ。

 ゴルフ誕生50年目のモデルにして、内燃機関車としても最後となりそうなゴルフ8.5。日本発売を楽しみに待ちたい!

こんな記事も読まれています

日産が新型「高級スポーティセダン」実車公開へ! 次期「スカイライン」か!? 「Vision Qe」中国初披露に
日産が新型「高級スポーティセダン」実車公開へ! 次期「スカイライン」か!? 「Vision Qe」中国初披露に
くるまのニュース
一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
レスポンス
初代ソアラが大記録を樹立!! スープラにGT-R、NSXの戦いが熱い……最高速チャレンジをした「ヤタベ」激闘史
初代ソアラが大記録を樹立!! スープラにGT-R、NSXの戦いが熱い……最高速チャレンジをした「ヤタベ」激闘史
ベストカーWeb
春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
レスポンス
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
くるまのニュース
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
motorsport.com 日本版
レッドブル・パワートレインズの2026年PU、設定した目標を達成中とホーナー代表自信「ライバルとの比較は、現時点ではできないが……」
レッドブル・パワートレインズの2026年PU、設定した目標を達成中とホーナー代表自信「ライバルとの比較は、現時点ではできないが……」
motorsport.com 日本版
カッコいいじゃん……ホンダが[イエ]ブランド[GTコンセプト]を世界初公開! EV[e:N]シリーズに続く第2弾は2027年までに6車種一挙投入
カッコいいじゃん……ホンダが[イエ]ブランド[GTコンセプト]を世界初公開! EV[e:N]シリーズに続く第2弾は2027年までに6車種一挙投入
ベストカーWeb
富士山に朱雀……どころかくまモンにみきゃんってゆるキャラまで! 続々増える「図柄入りナンバー」の人気ランキングをチェックしてみた
富士山に朱雀……どころかくまモンにみきゃんってゆるキャラまで! 続々増える「図柄入りナンバー」の人気ランキングをチェックしてみた
WEB CARTOP
日産がフォーミュラEをモチーフとした「シビれる」音楽を配信!? イノベーションと情熱を表現
日産がフォーミュラEをモチーフとした「シビれる」音楽を配信!? イノベーションと情熱を表現
Webモーターマガジン
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
くるまのニュース
各メーカーの性能が拮抗し過ぎたから? 開幕戦で追い抜きの少なかったGT500にHRCも訝しげ「かつてのスーパーフォーミュラのよう」
各メーカーの性能が拮抗し過ぎたから? 開幕戦で追い抜きの少なかったGT500にHRCも訝しげ「かつてのスーパーフォーミュラのよう」
motorsport.com 日本版
ホンダ、人気の軽バン「N-VAN」の一部改良を実施。内外装にアウトドアテイストをプラスした特別仕様車「STYLE+ NATURE」も同時発売
ホンダ、人気の軽バン「N-VAN」の一部改良を実施。内外装にアウトドアテイストをプラスした特別仕様車「STYLE+ NATURE」も同時発売
月刊自家用車WEB
川口の“あまりにも惜しい”道路が奇跡の全線開通!? “高速越えたら虚無”30年越しの解消!
川口の“あまりにも惜しい”道路が奇跡の全線開通!? “高速越えたら虚無”30年越しの解消!
乗りものニュース
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
AUTOSPORT web
日産が「和製スーパーカー」投稿! ゴールドアクセントが強烈!? わずか50台の限定発売… 「GT-R50」とは
日産が「和製スーパーカー」投稿! ゴールドアクセントが強烈!? わずか50台の限定発売… 「GT-R50」とは
くるまのニュース
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
バイクのニュース
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
くるくら

みんなのコメント

10件
  • mok********
    何でもかんでもディスプレイと言うのは安全性に欠ける。物理スイッチで良い。無駄に電力を消費する最近の車は嫌いです。
  • aai********
    1.0廃止か?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.2698.0万円

中古車を検索
ゴルフ ヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.2698.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村