サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜそんなに差が? マツダのスカイアクティブXは欧州4割超え、日本は1割未満…のワケ

ここから本文です

欧州と日本で、なぜそんなに差がついたのか?

今、マツダで最も旬なモデルといえば、世界で初めて圧縮着火を実用化した新世代ガソリンエンジン、スカイアクティブXを搭載したマツダ3とCX-30だ。

同じような顔つきなのに! eKクロスとeKスペース クロスのヘッドライト配置が違うのはなぜ?

スカイアクティブXは、ディーゼルエンジンのような高トルクと、ガソリンエンジンの伸びのよさを併せ持ち、そして燃費面でも我慢せずに気持ちよく走らせられるのが特徴。だが、「ちょっと価格が高いのでは…?」という声もある。排気量が同じ2Lの、スカイアクティブG搭載モデルとの価格差は約70万円。決して小さくない。

おすすめのニュース

サイトトップへ