サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ ロードスターが一部改良、同時に特別仕様車「シルバー・トップ」を設定

ここから本文です

マツダ ロードスターが一部改良、同時に特別仕様車「シルバー・トップ」を設定

2019年11月14日、マツダは「マツダ ロードスター」、「マツダ ロードスター RF」の一部改良を発表した。また、同時にロードスターに特別仕様車の「シルバー・トップ」を設定。全国のマツダ販売店で11月14日から予約受付を開始し、12月5日から販売する。(タイトル写真は特別仕様車「ロードスター シルバー・トップ」)

安全性能を高めたのが大きなポイント
2019年に誕生30周年を迎えたマツダ ロードスターは、2019年9月末時点で累計販売台数109万台を突破した。10月13日には、ロードスターファンによる「ロードスター30周年ミーティング」が広島県三次市のマツダ三次試験場にて、2200台のロードスターと3500名の参加者を集めて開催された。

【スクープ】新型ヤリスの「GR-4」がGRMNの正体? 3気筒ターボを搭載して2020年内に発売か

こうした人気の背景には常に商品をリフレッシュして、魅力を維持しているということがある。今回の一部改良では、ボディカラーにマツダ3から採用している「ポリメタルグレーメタリック」を追加し、インテリアではステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更するなど、内外装の質感向上を図った。

そして「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト SCBS)」に夜間歩行者検知機能を全機種に追加して、先進安全性能をさらに高めたことが大きなポイントとなっている。

また、「マツダ ロードスター」では、RAYS社と共同開発した鍛造16インチアルミホイールを設定。約3.2kgのバネ下重量の軽量化を実現した。さらに、RAYS社製ホイール装着車にはブレンボ社製フロントブレーキをオプション設定する。

「マツダ ロードスター RF」では、バーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用した新グレード「VS バーガンディセレクション」を追加設定した。

一部改良と同時に発表されたマツダロードスターの特別仕様車「シルバー・トップ」は、グレー色の幌を採用し、これまでのロードスターとは異なる、モダンで落ち着いたモデルだ。

車両価格(税込)は、ロードスターが「S」の260万1000円~「RS」の333万4100円。ロードスター RFは、「S」の343万9700円~「RS」の390万0600円。特別仕様車「ロードスター シルバー・トップ」は、6速MT仕様が316万9100円/6速AT仕様が328万4600円となっている。 

[ アルバム : マツダロードスター 一部改良 はオリジナルサイトでご覧ください ]

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します