サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ノーマルエンジンでも筑波1分切り!」老舗のGDBインプレッサ超速レシピに大注目

ここから本文です

剛強ボディを武器に300馬力仕様で筑波1分切り!

10年以上の眠りから目覚めたサーキットスペシャル

「570万円でもバックオーダー2年!?」伝説の『TC24-B1Z』エンジンを搭載したOS技研S30Zの魔力

元々はサーキット仕様として15年ほど前に製作されたというこのGDBインプレッサ。走り好きのオーナーと神奈川県の“ザウィオートスタジオ”が、二人三脚で進化させてきた車両だ。家庭環境の変化などで10年近く眠っていたそうだが、5年前に復活。再びサーキットを走り始めたというエピソードを持つ。

心臓部のEJ20は、ザウィの手によって加工が施された純正改タービンを軸にした300psのファインチューン仕様。

おすすめのニュース

サイトトップへ