サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ライズ」が絶好調! なぜかダイハツの販売店が盛況な理由とは

ここから本文です

■販売店数の差は4000店以上 それでも「ロッキー」絶好調

 トヨタのコンパクトSUV「ライズ」の売れ行きが好調です。2019年11月に発売されて以降の販売台数は、2019年11月は約7500台、そして2019年12月から2月は各月で約1万台を記録しています。

トヨタ新型「ライズ」がワイルドに変身! TRDがイカすエアロパーツを発売へ

 一方、ダイハツにはライズのOEM元モデルとなる「ロッキー」が存在しますが、このモデルの存在によって、いまダイハツの販売店には変化が起きているといいます。いったい、なにが起きているのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ