現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「22B」より激レアな「幻の限定車」! ちょっとやり過ぎのSTIコンプリートカー「S201」が今再評価されるワケ

ここから本文です

「22B」より激レアな「幻の限定車」! ちょっとやり過ぎのSTIコンプリートカー「S201」が今再評価されるワケ

掲載 更新 29
「22B」より激レアな「幻の限定車」! ちょっとやり過ぎのSTIコンプリートカー「S201」が今再評価されるワケ

STIファン垂涎のSシリーズの初代モデルとしてとして登場

「インプレッサS201 STiバージョン」は、STiコンプリートカーシリーズの最高峰にあたる「S」モデルの記念すべき最初のモデル。ベース車は初代インプレッサの最終進化系となるWRX STiバージョンVIで、もちろん軽量コンペティショングレードとなるRAをベースとしている。

独特の「ドコドコ」音がこっそり復活? スバル車に「ボクサーサウンド」が出ていた理由とは

空力を追求した結果、酷評を受けることに……

 S201最大の特徴は、なんといってもそのエクステリア。当時はラリーのイメージが強いインプレッサWRXシリーズだが、S201はサーキットでのイメージを色濃く演出し、フロント、サイド、リヤにエアロダイナミクスを追求した迫力のエアロが目を惹くスタイリングだ。 現行モデルのSTI製エアロパーツは、風洞実験を経て開発されている本格的な空力パーツとしても効果が高くユーザー人気の高いアイテムだが、その原点はS201にあるといえるだろう。 2段式のリヤウイングはS201に標準装備されただけでなく、スポーツパーツとしても当時販売されていた。実際の空力性能が高いS201に装備されたエアロパーツは、強烈なインパクトを放つデザインに評価が分かれ、まだまだラリーファンが多かったスバルユーザーからは酷評を受けることも多かった。

280psの馬力自主規制を打ち破る300psの高出力エンジンを搭載

 しかし空力性能だけでなく、エンジンスペックは280ps自主規制全盛の時代にコンプリートカーという「例外」のおかげで、専用スポーツECUと高効率な吸排気系を採用することで、2L水平対向4気筒ターボで300psを発生。今ではさほど驚くほどの数値ではないものの、2000年当時としては格上のスペックであり、現代のクルマにも十分通用するどころか、むしろ現代のWRX STIに匹敵する高性能を20年以上も前に実現していたことに驚かされる。 そのハイパワーを受け止める足まわりには、なんと車高調整式のサスペンションを採用。歴代Sモデルのなかでも車高調整式を採用しているのは、現時点でこのS201だけとなっている。バネレートはフロント3.7kg/mm、リヤ3.3kg/mmと、ベースモデルと比較するとフロントが0.2kg/mm、リヤが0.3kg/mm程度のバネレートアップとしたことで極端にハードな乗り味とはしていなかった。 ちなみにコイルスプリングは純正形状となるため、調整幅はわずか30mmだが、それでもノーマル状態で車高が調整できるサスペンションが装着されていたことに驚かされる。そして専用装備されるホイールにはレイズとSTI共同開発となる専用の鍛造アルミホイールを採用。ベースモデルに対して約20%の軽量化を実現している。 STIは現行モデル向けにレイズと共同開発したSTIパフォーマンスホイールをラインアップしているが、当時からレイズとの関係が続いていることが非常に興味深い。ほかにも足まわりでは、ラテラルリンク、トレーリングリンクにピロボールを採用したほか、当時としては珍しかったヘリカル式L.S.Dをフロントに採用するなど、気持ちの良いコーナリング性能を実現するためにさまざまなアイテムが専用パーツとしてお奢られていた。

超希少モデルをあえて今狙うのはいかがだろうか!

 インテリアはエクステリアとは異なり、カラーマテリアルこそ専用となるがシート形状などは基本的にベースモデルと同一で、現代のコンプリートカーのようにレカロ製シートなどは装備されていない。しかし、コンプリートカーならではと感じる部分としては、コンペティションモデルのRAをベースとしながらも、オートエアコンやパワーウインドウといった快適装備も充実している点が魅力だ。 2000年の発売時はわずか300台限定のモデルで、インプレッサSTiバージョン22Bと同じく初代インプレッサをベースとしたSTiコンプリートカーでありながら、人気としてはいまひとつだった。当時の販売台数も少なかったことから、いまではその希少性が人気となり、中古車サイトでも程度の良いものは価格応談という個体が多い。そして、そのポテンシャルは初代インプレッサのなかでも最強といわれるほど高いパフォーマンスを発揮する、Sシリーズ初モデルに相応しい1台であったことは確かだ。

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

29件
  • 当時はデザインに酷く驚いたが、改めて今見ると・・・・・・・・
    ヤッパリ要らないや。
  • 今見ても当時見てもやはりダサい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索
インプレッサリトナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村