現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】ダッジ、新型エントリーSUVは17年前のあのコンセプトモデル!? これが『ホーネット』市販型だ!

ここから本文です

【スクープ】ダッジ、新型エントリーSUVは17年前のあのコンセプトモデル!? これが『ホーネット』市販型だ!

掲載 11
【スクープ】ダッジ、新型エントリーSUVは17年前のあのコンセプトモデル!? これが『ホーネット』市販型だ!

アルファロメオのコンパクトSUV『トナーレ』がベースか

ダッジが2006年に発表した欧州Bセグメントのコンセプトモデル、『ホーネット』がいよいよ発売される可能性が高いことがわかった。

【スクープ】新開発の48Vマイルドハイブリッドを搭載か!? BMW X6『M50i』の後継プロトタイプを激写!

【写真7枚】ダッジの新型コンパクトSUV「ホーネット」の予想CGとコンセプトカーの画像はコチラ

ホーネットは、センターピラーレスの観音開きドアを装備、乗降性や居住空間の快適性が高く、「PTクルーザー」のようなインパクトを残したコンセプトモデルだったが、市販化はされていない。

しかし、現在エントリーレベルのクロスオーバーSUVを開発中とみられ、「ホーネット」の車名が与えられるという。市販型では、アルファロメオのコンパクト・クロスオーバーSUV『トナーレ』をベースにしていると伝えられている。

KOLESA.RUから入手した予想CGのフロントエンドには、鋭く光るL字型LEDデイタイムランニングライト、スリムなヘッドライトを装備。バンパーには大型のラジエーターグリルが見てとれ、「チャレンジャー」や「デュランゴ」を組み合わせたイメージだ。

また後部では、ポルシェ『マカン』を彷彿させるスリムなLEDストリップライトを装着、滑らかに弧を描くルーフラインがスポーティである。

ホーネットコンセプトのパワートレインは、1.6L直列4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、最高出力170psとされていたが、市販型では、アルファロメオ「トナーレ」から、1.5L直列4気筒ターボエンジン+電気モーターを流用、最高出力272psを発揮するプラグインハイブリッドが予想される。また15.5キロワットのバッテリーを積み、1回の充電で30マイル(48km)のEV航続が見込まれる。

ホーネット市販型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。


こんな記事も読まれています

15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

11件
  • デブになったダッジチャーシュー、ダッジチャージャーみたいですね
  • 元祖ホーネットはPTクルーザーと言うよりサイオンxB(トヨタbB→カローラ・ルミオン)に似ていると言われたけど、この予想CGは安易にも程がある。眉唾だな。

    情報源がロシアというのもね。前任にあたるダッジ・キャリバーはロシアで大変人気があったようで、オーナーズクラブまであるそうだけど、いかんせんこのご時世では……。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.2336.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0108.0万円

中古車を検索
PTクルーザーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.2336.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0108.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村