現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 悪路王者だけど速さとは無縁……と思ったら全然違う! ジムニーはモータースポーツでも活躍していた

ここから本文です

悪路王者だけど速さとは無縁……と思ったら全然違う! ジムニーはモータースポーツでも活躍していた

掲載
悪路王者だけど速さとは無縁……と思ったら全然違う! ジムニーはモータースポーツでも活躍していた

 この記事をまとめると

■本格的なオフロード4WDモデルの軽自動車として長年親しまれているスズキ・ジムニー

海外では5ドアが登場したけど3ドアこそ至高! スズキ・ジムニー3ドアには魅力しかなかった

■じつはモータースポーツの世界でもジムニーは活躍している

■ジムニーの魅力をモータースポーツ関係者やドライバーのインタビューを通じて紹介

 モータースポーツでも多くの実績を残しているジムニー

 軽自動車ながら本格的なオフロード4WDモデルとして1970年にデビューしたスズキ・ジムニーは、林業などの業務用として活躍するほか、キャンプやアウトドアなど、カーライフの相棒としても定着。モデルチェンジを重ねるごとに、時代に合わせたアレンジが行われたこともあって、幅広い層に親しまれてきた。

 事実、2018年にデビューした4代目は、同年のグッドデザイン賞において金賞を受賞するなど、スタイリッシュなフォルムとなったほか、エンジンも専用チューニングを実施。さらに衝突被害軽減ブレーキが設定されるなど、安全性能も高められたことから一躍人気モデルとなっており、世界情勢の影響もあって、新車の納期待ちはいまもなお1年以上、中古相場も高値をキープするなど、なかなか手に入らないモデルとなっている。

 そんな抜群の人気を誇るジムニーは、じつはモータースポーツでも高い実績を持つ。軽自動車ながら頑丈なラダーフレームにボディが載せられていることもあって、古くからオフロードレースやトライアルで活躍。

 神奈川県藤沢市の「ジムニー歴史館」で館長を務める尾上茂氏が、2011年から2014年にかけてラリー・モンゴリアに参戦したほか、1997年のダカールラリーを制した篠塚建次郎選手が、2017年のアジアンクロスカントリーラリーに1600ccのNAエンジンを搭載したジムニーで参戦するなど、国際競技で活躍してきた。

 近年では2022年の全日本ラリー選手権・第6戦「ラリー・カムイ」にジムニーが参戦したほか、2023年の大会には同マシンを武器に織戸 学選手の娘である織戸茉彩選手が全日本ラリー選手権にデビューしたことは記憶に新しい。

 さらに、2023年12月30日から2024年1月14日にアフリカで争われた第15回アフリカエコレースに、かつて日野自動車のエースとしてダカールラリーで活躍した82歳の菅原義正選手がジムニーで完走を果たすなど、いまもなお、ジムニーは過酷な最前線で活躍している。

 ラダーフレームによるシンプルな構造がジムニーの武器だ

 もちろん、ジムニーが活躍するフィールドはオフロードだけではなく、ミニサーキットを舞台にしたローカルのタイムアタック競技などでも活躍。

 このようにモータースポーツにおいてもジムニーは最前線で活躍しているのだが、その理由はやはり、堅牢なラダーフレームを持つボディとシンプルな構造にあるようだ。

 全日本ラリー選手権や北海道を舞台に開催されているXCRスプリントカップにジムニーを投入するKZFサービスの代表かつメカニックの熊崎大介氏によると、「ラリー競技に投入しているジムニーはほぼノーマルの状態で、ロールケージとガード類を装着して、ダンパーとブレーキパッド、クラッチ、ガード類、マフラー、タイヤ&ホイールを交換した程度なんですけど、まったく壊れない。おそらく、車高が高いことと、シンプルな構造になっていることが大きいと思うんですけど、かなりハードなグラベルステージでも無傷で走破できる。しかも、作業性も高いから、メンテナンスも楽です。お金がかからないクルマですね」とのこと。

 さらに、熊崎氏は「車両重量が軽いのでコントロールしやすい。デビュー当初はロールオーバーを心配していたんですけど、コントロール性が高いこともあって、これまで誰が乗ってもひっくり返ることはありませんでした」と語る。

 ちなみに、唯一のネガティブな部分としては、「居住性が低いし積載量も少ないので、ラリー競技ではジャッキやスペアタイヤの搭載に苦労しています」と熊崎氏。

 このように軽クロカン4WDのジムニーは、モータースポーツでも素性のよさを発揮しており、ラダーフレームの堅牢性と軽さを武器に、さまざまなカテゴリーで活躍しているのである。

こんな記事も読まれています

パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
くるまのニュース
市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
WEB CARTOP
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
WEB CARTOP
【最新スーパースポーツ試乗】世界限定2500台、オフロードも走れるポルシェ911ダカールのオールラウンド性能
【最新スーパースポーツ試乗】世界限定2500台、オフロードも走れるポルシェ911ダカールのオールラウンド性能
カー・アンド・ドライバー
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
Merkmal
軍用車であることが明暗を分けた? いくつもの不運が重なった結果なのよ……今のランクルが生まれた衝撃の事実に涙
軍用車であることが明暗を分けた? いくつもの不運が重なった結果なのよ……今のランクルが生まれた衝撃の事実に涙
ベストカーWeb
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
ベストカーWeb
最高に楽しい! スズキの最新「軽トラ」が“遊びクルマ”に最適! 5速MT搭載の「スーパーキャリイ Xリミテッド」何がスゴい?
最高に楽しい! スズキの最新「軽トラ」が“遊びクルマ”に最適! 5速MT搭載の「スーパーキャリイ Xリミテッド」何がスゴい?
くるまのニュース
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
WEB CARTOP
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
くるまのニュース
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
くるまのニュース
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
WEB CARTOP
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
WEB CARTOP
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.8398.0万円

中古車を検索
ジムニーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村