現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マクラーレン史上もっともパワフルなコンバーチブル「765LTスパイダー」が世界限定765台でオーダーを受付中

ここから本文です

マクラーレン史上もっともパワフルなコンバーチブル「765LTスパイダー」が世界限定765台でオーダーを受付中

掲載 更新
マクラーレン史上もっともパワフルなコンバーチブル「765LTスパイダー」が世界限定765台でオーダーを受付中

2021年7月27日、マクラーレン オートモーティブはニューモデルの「765LTスパイダー」を発表。世界限定765台で現在オーダーを受付中だ。

765LTクーペからの重量増は、わずか49kg!
765LTスパイダーは2020年に発表されてすでに完売した765LTクーペのオープンモデルだ。ただし、スパイダーという車名だがフルオープンではなく、ほかのマクラーレンのオープンモデル同様、電動開閉のリトラクタブルハードトップを採用し、オープン時もシート後方にフライングバットレス(飛梁)が残る、独特のスタイルを継承している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

トップの開閉に要する時間はわずか11秒で、速度が50km/h以下なら走行中でも開閉できる。ルーフパネルはLTモデル初のオープンモデルだった675LTスパイダーより大幅に長くなり、Aピラーの頂点を80mm前方に移動したのでドアの開口部が広がり、乗り降りしやすくなっている。

クローズド状態でもリアウインドーを開閉でき、4本出しの総チタン製エグゾーストシステムが放つ強烈な「LTサウンド」を楽しむこともできる。

LT=ロングテールの名称を与えられたモデルは、その名のとおりロングテール化されて空力性能が追求され、また軽量化も徹底して図られており、それはこの765LTスパイダーも例外ではない。

765LTクーペ同様、シャシやボディパネルはカーボンファイバー製、エキゾーストシステムはチタン製、ポリカーボネート素材なども多用して、765LTクーペから車両重量の増加はわずか49kgにおさえられている。この増加分は、主にリトラクタブル ハードトップとその作動メカニズムによるものだ。765LTスパイダーのDIN重量(フルード類+90%の燃料)は1388kgで、720Sスパイダーより80kgも軽い。

パワーユニットは765LTクーペと同じ、4L V8 DOHCツインターボで、最高出力765ps/最大トルク800Nmのパワースペックも同じ。車両重量が49kg増加しているにもかかわらず、専用のエンジンマネジメントシステムによって、最高速は330km/h、0→100km/h加速は2.8秒というパフォーマンスも変わっていない。

ドライバーとの一体感を高めるようトランスミッションのギアレシオを最適化し、インギア加速時間(同一ギアでの中間加速)を720Sより15%短縮し、LTスパイダー史上最速の加速力を実現している。

エクステリアでは、フロントスプリッター、フロントフロア、サイドスカート、前後バンパー、リア ディフューザーといったカーボンファイバー製の空力パッケージは765LTクーペと同一だ。アクティブリアウイングのみ、ルーフの開閉位置に合わせて調整されている。

シャシダイナミクスも強化され、LT専用のサスペンション、カーボンセラミックディスクのブレーキ、10本スポークのウルトラライトウエイト鍛造ホイール、ピレリと開発したタイヤなど、専用のアイテムを装備している。

インテリアもカーボンファイバー製シェルのシートや、ネットに交換されたドアポケット、カーボンファイバーを多用したインテリアのパーツ、そしてフロアカーペットや空調システム、オーディオシステムなどを省いて軽量化を図っている。ただし、空調システムとオーディオは追加費用なしで搭載できる。

マクラーレン史上もっともパワフルなコンバーチブルスーパーカー、「765LTスパイダー」日本仕様の車両価格(税込)は4950万円に設定されている。世界限定765台の生産だが、2021年の生産分はすべて売約済みであるという。

■マクラーレン 765LTスパイダー 主要諸元
●全長×全幅×全高:4600×1930×1193mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1388kg(DIN、フルード類+90%の燃料)
●エンジン:V8 DOHCツインターボ
●総排気量:3994cc
●最高出力:563kW(765ps)/7500rpm
●最大トルク:800Nm(81.6kgm)/5500rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:リア縦置きミッドシップRWD
●WLTP 複合燃費:8.1km/L
●タイヤサイズ:前245/35R19、後305/30R20
●車両価格(税込):4950万円

[ アルバム : マクラーレン 765LTスパイダー はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
motorsport.com 日本版
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
Auto Prove
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
くるまのニュース
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
レスポンス
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
くるまのニュース
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
バイクのニュース
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
レスポンス
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
グーネット
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
日刊自動車新聞
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
レスポンス
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
motorsport.com 日本版
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
くるまのニュース
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
レスポンス
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
WEB CARTOP
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ  新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ 新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
くるまのニュース
ヤマハとホンダのコラボで実現! TVアニメ「ゆるキャン△SEASON3」登場キャラクター「志摩リン」「土岐綾乃」仕様のバイクを「コミュニケーションプラザ」に展示
ヤマハとホンダのコラボで実現! TVアニメ「ゆるキャン△SEASON3」登場キャラクター「志摩リン」「土岐綾乃」仕様のバイクを「コミュニケーションプラザ」に展示
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5138.06000.0万円

中古車を検索
765LTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5138.06000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村