現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW X2 年内発表へ 現行と大きく異なるクーペSUVへ進化 バッテリーEV「iX2」も登場予定

ここから本文です

新型BMW X2 年内発表へ 現行と大きく異なるクーペSUVへ進化 バッテリーEV「iX2」も登場予定

掲載 4
新型BMW X2 年内発表へ 現行と大きく異なるクーペSUVへ進化 バッテリーEV「iX2」も登場予定

スタイル重視の小型クーペSUV

2代目BMW X2の発表が間近に迫っている。予告では、X6のような新しいルーフラインと大型グリルの採用が確認されている。

【画像】BMWのコンパクトSUV、スタイル重視のクーペモデルに【次期BMW X2のプロトタイプと現行型X2 M35iを写真で比較する】 全43枚

BMWのデザイン責任者であるドマゴイ・ドゥケック氏が正式発表に先駆けて公開した予告映像では、現行型のハッチバック・シルエットから、X4やX6に近いクーペ風のフォルムに変更されるようだ。

また、新型i7のようなイルミネーションが施されたグリルも確認できる。グリルは兄弟車X1と同様のLEDヘッドライトに挟まれているが、明らかに大型化している。

今回のモデルチェンジは、X3とX4、X5とX6の関係のように、実用性重視のX1に対するスタイル重視の兄弟車としてX2の位置づけをより強固なものにするだろう。機械的、技術的にはX1と同じになると予想される。

つまり、170psから326psまでの幅広い出力のガソリン、ディーゼル、ハイブリッド・パワートレインが設定される見込みであり、また初めてバッテリーEV「iX2」が設定されることもすでに明らかとなっている。

新型iX2は、フォルクスワーゲンID.5やボルボC40に相当するモデルで、iX1と同じ最高出力312psのツインモーターを搭載し、0-100km/h加速約5.6秒、64.7kWhのバッテリーで航続距離約420kmを実現するだろう。

先日、ニュルブルクリンクで4本出しマフラーを備えたプロトタイプのテスト走行が目撃されたが、こちらは高性能モデルのX2 M35iと思われる。

インテリアでは、現行車のロータリー式コントロール・ノブは廃止され、10.7インチのインフォテインメント・スクリーンと10.25インチのインストゥルメント・ディスプレイを中心としたタッチコントロール重視の配置となる見込み。主な違いは、ルーフが傾斜しているため、ヘッドルームとトランクルームが若干狭くなることだ。

3月に開催されたBMWの年次カンファレンスでオリバー・ツィプセ会長が明らかにしたところによると、新型X2は2023年末に発売予定だという。

関連タグ

こんな記事も読まれています

デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
レスポンス
WECハイパーカークラス、来季から各メーカー2台体制での参戦が義務に。既存メーカーに加え、新規参戦アストンも用意に動く
WECハイパーカークラス、来季から各メーカー2台体制での参戦が義務に。既存メーカーに加え、新規参戦アストンも用意に動く
motorsport.com 日本版
GR86/BRZ等のオーナー必見! HKSからカーボンファイバー巻きシフトノブと3車種用のフロアマットが登場
GR86/BRZ等のオーナー必見! HKSからカーボンファイバー巻きシフトノブと3車種用のフロアマットが登場
くるまのニュース
ノートオーラに『AUTECH』を新設定。湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインを採用
ノートオーラに『AUTECH』を新設定。湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインを採用
AUTOSPORT web
2024年ル・マン24時間、波乱の予感。23台参加のハイパーカークラスは「誰が速いのか全く読めない」とトヨタ小林可夢偉代表
2024年ル・マン24時間、波乱の予感。23台参加のハイパーカークラスは「誰が速いのか全く読めない」とトヨタ小林可夢偉代表
motorsport.com 日本版
損保ジャパン、社外調査報告書で経営陣の証拠破棄や隠蔽工作が判明 営業情報を損保業界で共有も
損保ジャパン、社外調査報告書で経営陣の証拠破棄や隠蔽工作が判明 営業情報を損保業界で共有も
日刊自動車新聞
ニッサン、『ノート オーラ』のマイナーチェンジでフロントデザインを一新。90周年記念車も発表
ニッサン、『ノート オーラ』のマイナーチェンジでフロントデザインを一新。90周年記念車も発表
AUTOSPORT web
軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
レスポンス
「黒いクルマ」が欲しいのですが、夏はボディが熱くなりそうで心配です…「ボディカラー」によって車内温度に違いは出るのでしょうか?
「黒いクルマ」が欲しいのですが、夏はボディが熱くなりそうで心配です…「ボディカラー」によって車内温度に違いは出るのでしょうか?
くるまのニュース
宅配業の皆さんスタンバイOK? アウトドア派は貯金できてる!? 10月10日発売の「ホンダN-VANe:」がガチで使えるクルマだった
宅配業の皆さんスタンバイOK? アウトドア派は貯金できてる!? 10月10日発売の「ホンダN-VANe:」がガチで使えるクルマだった
WEB CARTOP
所有車なしの自動車評論家が買うクルマ【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
所有車なしの自動車評論家が買うクルマ【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
ピレリ、ムジェロでF1タイヤテストを実施。初日はルクレールがフェラーリの今季マシン走らせる
ピレリ、ムジェロでF1タイヤテストを実施。初日はルクレールがフェラーリの今季マシン走らせる
motorsport.com 日本版
全日本ラリーRd.5「モントレー2024」は新井大輝組が地元群馬で圧勝! 碓氷峠旧道で勝負を決める
全日本ラリーRd.5「モントレー2024」は新井大輝組が地元群馬で圧勝! 碓氷峠旧道で勝負を決める
くるまのニュース
[低予算サウンドアップ術]「低価格・パワーアンプ内蔵DSP」で、聴こえ方をガラリと変える!
[低予算サウンドアップ術]「低価格・パワーアンプ内蔵DSP」で、聴こえ方をガラリと変える!
レスポンス
[15秒でわかる]ドゥカティ『RR24I』…週末世界をイメージしたデザイン
[15秒でわかる]ドゥカティ『RR24I』…週末世界をイメージしたデザイン
レスポンス
WEC、全8戦の2025年カレンダーを発表。富士6時間は9月28日決勝に……イモラも開催継続
WEC、全8戦の2025年カレンダーを発表。富士6時間は9月28日決勝に……イモラも開催継続
motorsport.com 日本版
昨年の悔しさ晴らせるか。トヨタ8号車の平川亮、ル・マンは11番手スタートも目指すは優勝のみ「それ以外はリベンジとは言えない。全力を注ぎます」
昨年の悔しさ晴らせるか。トヨタ8号車の平川亮、ル・マンは11番手スタートも目指すは優勝のみ「それ以外はリベンジとは言えない。全力を注ぎます」
motorsport.com 日本版
トヨタ、認証不正のヤリスクロスなど 7月も稼働停止 新型「クラウンエステート」は発売延期
トヨタ、認証不正のヤリスクロスなど 7月も稼働停止 新型「クラウンエステート」は発売延期
日刊自動車新聞

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0810.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0589.9万円

中古車を検索
X2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0810.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0589.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村