現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型VWアルテオン シューティングブレークに速攻試乗!! 適度にスタイリッシュでアクティブでちょうどいい感じなのだ!!

ここから本文です

新型VWアルテオン シューティングブレークに速攻試乗!! 適度にスタイリッシュでアクティブでちょうどいい感じなのだ!!

掲載 更新 8
新型VWアルテオン シューティングブレークに速攻試乗!! 適度にスタイリッシュでアクティブでちょうどいい感じなのだ!!

 フォルクスワーゲンが2017年にデビューさせたアルテオンは、流麗なラインをまとった5ドアハッチバックのグランツーリスモだ。このアルテオンのマイナーチェンジモデルが2021年7月13日に発表された。

 また同時に追加設定されたスポーティなワゴンモデル、シューティングブレークも公開された。

新型も好評らしいけど…… なぜVWゴルフはそんなに高く評価されるのか?

 今回はアルテオンシューティングブレークに加え、2021年4月6日にマイナーチェンジを受けたミッドサイズクラスのパサートの試乗を行った!

文/清水草一、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】2021年にマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン アルテオン&パサートを見る!!

■フォルクスワーゲンアルテオンにクールなシューティングブレークが追加された!

フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレーク。質実剛健なVWにあって程よい色気を持つ車だ

 フォルクスワーゲンのアルテオンというクルマは、とにかくレアだ。フォルクスワーゲンブランドは、基本的に実用車のイメージなので、アルテオンのような高級でスタイリッシュな5ドアハッチバックは、選択肢から外れやすい。そういうクルマが欲しい人は、アウディに流れるのが自然だろう。

 その分と言うかなんと言うか、アルテオンは、カーマニア的には「レア度が高くてお買い得」という意味で、注目のクルマだった。街でアルテオンを見かけると、珍しいこともあって、つい凝視してしまう。アルテオンを選ぶなんてシブイ! って感じで。個人的には、前身に当たるパサートCC時代からそうでした。

 アルテオンのライバル(?)は、アウディA5スポーツバックだ。そりゃアウディのほうが高級ブランドとしてわかりやすいけれど、アルテオンはA5スポーツバックよりお安いうえにデカくてパワーもあるし、デザインだってカッコいい! やっぱりシブい選択だよネ!

 そのアルテオンがマイナーチェンジを受けて、これまでの5ドアハッチバックに加えて、シューティングブレークが登場した。

 シューティングブレークと聞くと、メルセデスのソレのようなツルンとした曲面フォルムをつい思い浮かべるが、アルテオンシューティングブレークは、スポーティなステーションワゴンというくらいのところで、あんなにツルンとはしていない。これはステーションワゴンと5ドアハッチバックの中間ですかね?

大径タイヤが非常にマッチョで贅沢な雰囲気を醸し出す

 で、かなりカッコいい。適度にスタイリッシュでアクティブで、フォルクスワーゲンというブランドにとって、ちょうどいい感じなのだ。サイドから見ると、大径タイヤ(245/35R20)がグッと大地を踏ん張っていて、非常にマッチョでゼイタク。「この謎のカッコいいワゴンは何?」という感じだ。

 フォルクスワーゲンのワゴンと言えば、ゴルフワゴンやパサートワゴンだが、どっちも超実用的で質実剛健なデザインだ。それがフォルクスワーゲンの生きる道なんだけど、もうちょっと色気のあるモデルがあってもいいじゃないですか。

 やりすぎると、フォルクスワーゲンのイメージにそぐわず、売れない。アルテオンがまさにそれだった。

 でも、アルテオンシューティングブレークはちょうどいい! そう思うのです。

■カタくもないしチャラくもない、丁度よいカッコよさと変わらぬ実用性が魅力

後席に座るとかなり広さを感じる。実用性はさすがのフォルクスワーゲンだ

 アルテオンシューティングブレークをパサートヴァリアントと並べると、健康的な遊び人対公務員。アルテオンシューティングブレークのほうが、断然イケてる。でも、遊びすぎてはいないし、高級すぎることもない。なんとも絶妙な落としどころだ。

 サイズは、アルテオンとまったく同じで、全長が伸ばされていたりはしない。全長4870mm、全幅1875mmは十分大柄だけど、この大柄さがアルテオンのウリではないだろうか? 同クラスのアウディA5スポーツバックより一回り大きいのに安いという、この大盛り感がイイんだよ!

 後席に座ってみると、閉塞感もなくてメッチャ広い! さすが全長4870mm。スタイリッシュだけど、居住性をまったく犠牲にしていないところは、さすが実用車ブランドのフォルクスワーゲンだ。

 ラゲージスペースがまた広い。VDA方式による容量は、アルテオンもシューティングブレークもほぼ同じ(563L対565L)だけど、シューティングブレークのほうが天地方向のサイズがあるので、いざとなったら当然いっぱい積める。もちろん、A5スポーツバック(456L)よりずっと広いのは言うまでもないですね。

 そして、ゴルファーにとって嬉しいのは、ラゲージ後端部が左右に凹んでいて、ゴルフバックを真横に積めるようになっていること。アウディはこの凹みが小さくて、真横に積むのはムリだ。アルテオンシューティングブレークの勝利!

■パワフルで快適な走りも楽しめる

走りもパワフルで頼もしい。運転支援システムももちろん装備されている

 ところで、アルテオンのマイナーチェンジの内容だけど、まずはフロントとリヤまわりのデザインの小変更。以前よりちょっとだけアグレッシブになった。でも相変わらず「謎の高級車」っていう雰囲気は維持している。

 インテリアは、ダッシュパネル全体のデザインを改良。正直、あんまり細かいところまで覚えてなかったので、どこが変わったかわからなかったけど、フォルクスワーゲンらしい堅実さの中に、キラリと光るスタイリッシュさがあって、これまたとってもちょういい感覚だ。

 運転支援システムは、同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」に進化した。でもまぁこのトラベルアシスト、他社のソレに比べて特に優れている点はない。今ドキのごく標準的なソレです。

 今回の試乗では、高速道路でレーンキープシステムが、なぜか車線の右端を走りたがる癖があった。でもまぁ、どうせハンズオフができないなら、これくらいで問題ナシ。ロングドライブも適度にリラックスしてこなせるでしょう。

 エンジンは、272馬力/350Nmの直列4気筒2リッターターボだ。以前は280馬力だったのが8馬力落ちたのは、わかりやすく表記をちょうど200kwにしたからだろうか(以前は206kw)。現実的にはなんら変わらずパワフルだ。

 ミッションも7速DCTで変わらず。そしてフルタイム4WDの4モーション。コンフォートモードで静かにカイテキに、スポーツモードでは獰猛な快音を奏でて走ります。

 アウディA5スポーツバックの最上級グレード「45TFSIクワトロSライン」は249馬力/370Nmで707万円。アルテオンシューティングブレークの「TSI 4モーションRラインアドバンス」は644万6000円。

 エンジンはアウディが縦置き、アルテオンは横置きだけど、運転していてその違いが判る人はまずいまい。アルテオンシューティングブレーク、ますますシブイ選択だ!

■生まれ変わったパサートにも試乗

アルテオンと同時期にマイナーチェンジを受けたパサートにも試乗。運転支援システムがグレードアップされた

 今回は、4月に行われたパサートのマイナーチェンジモデルにも試乗した。

 変更内容は、外観の小変更と、ガソリンエンジンが1.4Lターボから1.5Lターボに変更になったこと、そしてアルテオンと同様、運転支援システムがトラベルアシストにグレードアップされたことだ。ただ、乗ったのはディーゼルモデル(TDI)で、こちらはDCTが6速から7速になっただけで、エンジンの変更はない。

 フォルクスワーゲンの直4・2リッターディーゼルは、以前から低い回転域でのトルクが薄く、アクセルオンで出足が一瞬もたつく傾向があったが、ミッションが変わってもそれは同じだった。

 VWのディーゼルは、ATをDレンジからSレンジに切り替えておかないと、とにかくトロい。排ガス対策を厳格に行った結果と推測されるが、この点、他社のディーゼルに対して明らかに劣っている。いかに燃費が良くても、これはツライ。

 もちろん燃費では断然ディーゼルだが、ドライバビリティを優先すれば、1.5Lガソリンターボがオススメだろう。あれはいいエンジンです。

【画像ギャラリー】2021年にマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン アルテオン&パサートを見る!!

こんな記事も読まれています

ベントレーが世界各地をイメージしたベンテイガ「エクストラオーディナリー・ジャーニー・コレクション」を発表
ベントレーが世界各地をイメージしたベンテイガ「エクストラオーディナリー・ジャーニー・コレクション」を発表
@DIME
トヨタ新型「超スポーティ“クラウン”」現状は? 「ハリアーサイズ」にド派手デザイン採用! 300馬力超え「クラウンスポーツ」オーナーの評価とは
トヨタ新型「超スポーティ“クラウン”」現状は? 「ハリアーサイズ」にド派手デザイン採用! 300馬力超え「クラウンスポーツ」オーナーの評価とは
くるまのニュース
まるでRPGゲームのような世界観! 洗車をほめ合うオンラインコミュニティ「洗車ほめられ隊」
まるでRPGゲームのような世界観! 洗車をほめ合うオンラインコミュニティ「洗車ほめられ隊」
月刊自家用車WEB
プーマ、オリジナルシルエットを採用した『スピードキャットOG』を29日から復活リリース
プーマ、オリジナルシルエットを採用した『スピードキャットOG』を29日から復活リリース
AUTOSPORT web
スバル「クロストレック&インプレッサ」がスゴい! めちゃ安全性高い理由は? “事故低減”に向けた取り組みを解説!
スバル「クロストレック&インプレッサ」がスゴい! めちゃ安全性高い理由は? “事故低減”に向けた取り組みを解説!
くるまのニュース
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
[R35GT-R]北米向け生産終了を発表! 日本は最終2025年モデルが2025年8月で幕! 新型GT-Rはいつ?
[R35GT-R]北米向け生産終了を発表! 日本は最終2025年モデルが2025年8月で幕! 新型GT-Rはいつ?
ベストカーWeb
ソロ活するにはちょうどいい! 超快適な一人部屋スズキ エブリイがベースのキャンパー
ソロ活するにはちょうどいい! 超快適な一人部屋スズキ エブリイがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
BYD、“パクリメーカー”の汚名を返上し「リチウムイオン電池」で大成長 その背後にあった「非特許技術」の活用とは
BYD、“パクリメーカー”の汚名を返上し「リチウムイオン電池」で大成長 その背後にあった「非特許技術」の活用とは
Merkmal
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
ベストカーWeb
プジョー9X8の戦闘力不足に不満のバンドーン。技術首脳は「アップデートは正しい選択」
プジョー9X8の戦闘力不足に不満のバンドーン。技術首脳は「アップデートは正しい選択」
AUTOSPORT web
2024鈴鹿8耐の暫定エントリーリストが発表。全46チームで、フル参戦組は11チームがエントリー
2024鈴鹿8耐の暫定エントリーリストが発表。全46チームで、フル参戦組は11チームがエントリー
AUTOSPORT web
車載Wi-Fiめっちゃ便利だけどクルマでしか使えない…ならば流行りの買い切り型モバイルルーターはクルマで使えるのか!?
車載Wi-Fiめっちゃ便利だけどクルマでしか使えない…ならば流行りの買い切り型モバイルルーターはクルマで使えるのか!?
ベストカーWeb
ウラカン、240SXなど 世界を魅了したドリフトマシーン5車種を再現! ホットウィール
ウラカン、240SXなど 世界を魅了したドリフトマシーン5車種を再現! ホットウィール
グーネット
大阪ガス EVユーザーの家庭向け電気料金メニュー新設 充電コスト低減に貢献
大阪ガス EVユーザーの家庭向け電気料金メニュー新設 充電コスト低減に貢献
グーネット
オートバックス 誕生50周年記念!初代PBバッテリー「エバストロン」をリニューアル
オートバックス 誕生50周年記念!初代PBバッテリー「エバストロン」をリニューアル
グーネット
高い払拭性能でクリアな視界!“四角いワイパー”最新モデル登場 KIMBLADE【動画あり】
高い払拭性能でクリアな視界!“四角いワイパー”最新モデル登場 KIMBLADE【動画あり】
グーネット

みんなのコメント

8件
  • パサートの試乗記事の中に、「VWのディーゼルはとろい」というコメントがあるが全く同意出来ない。ゴルフのディーゼルエンジン搭載車に乗っているが、その昔のうるさかった頃と違って、とろいと感じたことは一度もない。そもそもディーゼルエンジン車はトルクで乗るものである。
  • 「ちょうどいい」って、全く評論になってない。ww
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

647.5710.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.8570.0万円

中古車を検索
アルテオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

647.5710.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.8570.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村