現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜスバル「レガシィアウトバック」が国産唯一無二のクロスオーバーSUVなのか? 乗ってわかったレガシィの末裔が輝くワケ

ここから本文です

なぜスバル「レガシィアウトバック」が国産唯一無二のクロスオーバーSUVなのか? 乗ってわかったレガシィの末裔が輝くワケ

掲載 26
なぜスバル「レガシィアウトバック」が国産唯一無二のクロスオーバーSUVなのか? 乗ってわかったレガシィの末裔が輝くワケ

 レヴォーグレイバックが新たにスバルSUV群に加わったが、今なおスバルのフラッグシップモデルはレガシィアウトバックだ。今回、実際に試乗してみてその持ち味を確認してみることにした。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/ベストカーWeb編集部、小林岳夫

なぜスバル「レガシィアウトバック」が国産唯一無二のクロスオーバーSUVなのか? 乗ってわかったレガシィの末裔が輝くワケ

■今なお「レガシィ」の名を残すアウトバック

レガシィアウトバックX-BREAK EX。アウトドアらしさを前面に出したアクティブなグレード

 すでにスバルの国内ラインナップからかつての「レガシィ」はツーリングワゴンもセダンのB4(北米では健在)もなくなってしまったが、唯一レガシィの名を今も残しているのが現行レガシィアウトバック。北米ではレガシィの名がつかずに「アウトバック」として販売されている。

 北米では2019年のニューヨークショーでワールドプレミアされていたが、日本では先代モデルが2021年まで販売されており、同年からようやく現行型が導入された経緯がある。

 現行型のボディサイズは全長4870×全幅1875×全高1675mm、ホイールベース2745mmと先代型からホイールベースは変わらずも全長で50mmアップし、全幅は35mmワイドになり、全高も15mmアップしている。スバルグローバルプラットフォームにフルインナーフレーム構造を採用したボディは強靭そのものだ。

 北米仕様は水平対向4気筒DOHCの2.5LであるFB25、直噴水平対向4気筒2.4LDOHCターボのFA24の2種類のパワートレーンが設定されているが、日本仕様は直噴水平対向CB18ターボのみ。

 実はこのレガシィアウトバック、次期愛車として密かに狙っているクルマであり、以前から一度じっくり乗ってみたいと思っていた。

[articlelink]

■フラッグシップにふさわしい走りの上質感

こんなオフロード走行も似合うのがレガシィアウトバック。乗用車ベースのクロスオーバーSUVながら悪路走破性もなかなかのもの

 で、たまたま今回とあるイベントに参加するためにレガシィアウトバックを現地まで自走させることになったため、これ幸いとばかりに試乗してみることにした。グレードはSUVらしさを前面に押し出したアクティブな「X-BREAK EX」。

 以前にディーラーでちょい乗りした際のレガシィアウトバックに対する印象は、一般道を乗る分には過不足なしという感じで長距離を乗ったらどうかと常々思っていた。

 都内の編集部を出て首都高から高速に入り、目的地の静岡方面まで東名高速をレガシィアウトバックで走行。久々に乗ったのだが、驚かされたのは走りの安心感。同じスバルSUVであるクロストレック、フォレスターにも乗ったのだが、明らかに安定度がひとクラス上なのだ。

日本仕様のレガシィアウトバックのパワートレーンは直噴1.8L水平対向ターボのCB18のみの設定となっている

 CB18ターボのスペックは最高出力177ps、最大トルク30.6kgmとトルクフルなエンジン。レヴォーグ&レヴォーグレイバック、フォレスターにも搭載されるエンジンだが、1680~1690kgというレガシィアウトバックの重量級ボディをグイグイ引っ張ってくれ、相性としてはかなり良好な感じ。

ステアリングヒーターのスイッチはハンドル右側下にある

 東名高速に入ってからはアイサイトXのアダプティブクルコンを使用してクルージングしていたのだが、非常に快適そのものだった。内装のクォリティも上質だし、シートの出来もいい。ステアリングヒーターや後席シートヒーターが備わっているのも冬場にもってこい。ゆったりと乗るのにピッタリな、キャラクターどおりのクルマだ。

■試乗してみた結論は……?

上質感のあるレガシィアウトバックのインテリア。ソフトパッドを多用したダッシュボードやドアパネルなども質感高く仕上がっている

 都合、往復で走行距離は250km近くをレガシィアウトバックで走行したが、ボディが拡大されたにもかかわらず、最小回転半径は5.5mをキープしており、さほど取り回しも気にならなかったのも予想外によかったポイント。

後席が広いのもレガシィアウトバックの美点。シートヒーターも備えており、冬場の快適性も配慮されている

 先代型レガシィアウトバックの価格が341万~363万円だったことを思えば、現行型の価格は425万7000~451万円とかなり上がっているように見える。が、これは先代型がオーディオやカーナビがオプションとなっていたことも関係している。大型ディスプレイやアイサイトXといった装備や新型プラットフォームやエンジンなどを考えれば、その分の価格アップとみていいだろう。

 さて試乗してみての結論。さすがにかつてのレガシィの末裔だけあり、専用開発されたフラッグシップモデルとしての価値があると思わされた。ただ、あまりキャンプなどのアウトドアに出かけない自分にとってはもし購入したら持て余してしまう可能性が高い……のだ(笑)。

 そんなレガシィアウトバックの難点はやはり燃費。WLTCモード燃費が13.0km/Lで、今回の実測オンボード燃費が11.8km/L。まあ、これはほかのスバル車にも当てはまる弱点だとは思うけど、さすがにいかんともしがたいポイントなのかも……。

こんな記事も読まれています

自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイクブロス
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
月刊自家用車WEB
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
motorsport.com 日本版
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
Merkmal
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
GQ JAPAN
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
Webモーターマガジン
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
driver@web
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
くるまのニュース
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
バイクのニュース
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
ベストカーWeb
アルファロメオ『ジュニア』がミラノ・デザインウィーク2024に登場
アルファロメオ『ジュニア』がミラノ・デザインウィーク2024に登場
レスポンス
整備事業者に新展開!! オートバックスカーズのフランチャイズ加盟店を募集! 事業拡大で期待できることとは?
整備事業者に新展開!! オートバックスカーズのフランチャイズ加盟店を募集! 事業拡大で期待できることとは?
ベストカーWeb
ボッタス、ザウバーの”ピット作業問題”の解決はまだまだ先と示唆「できればイモラまでに」
ボッタス、ザウバーの”ピット作業問題”の解決はまだまだ先と示唆「できればイモラまでに」
motorsport.com 日本版
マツダがスゴい「ロードスター」お披露目! マツダ3も同時公開!? 「走る歓び」進化させるS耐参戦体制発表へ
マツダがスゴい「ロードスター」お披露目! マツダ3も同時公開!? 「走る歓び」進化させるS耐参戦体制発表へ
くるまのニュース

みんなのコメント

26件
  • zar********
    燃費、燃費と言うけど同クラスの4駆と比べれば大差ない。
    実際にBP、BSと乗り継いでいるけどアウトドアの相棒には最高です。静かだし乗り心地が良く安定感もあるから、後席の愛犬の柴はいつも気持ち良さそうに寝ています。
  • shi********
    この価格ならレヴォーグとの差別化で2.4ターボにして欲しいですよね!
    騒ぐ程、大きくないし全長はもっと伸ばして荷物を積める様にして欲しい位。
    安全で良い車だからもっと売れて欲しいですね!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

425.7451.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8478.5万円

中古車を検索
レガシィ アウトバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

425.7451.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8478.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村