現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【注目モデル詳報】万能ラグジュアリー4WD登場。ワゴンとSUVが融合したクラウン・エステートの新世界

ここから本文です

【注目モデル詳報】万能ラグジュアリー4WD登場。ワゴンとSUVが融合したクラウン・エステートの新世界

掲載 11
【注目モデル詳報】万能ラグジュアリー4WD登場。ワゴンとSUVが融合したクラウン・エステートの新世界

これが本命!? 自然と都市の共生を目指した新ワゴン

 先日、東京・六本木ヒルズで「クラウン・スタイル・パーク」が開催された。4種のクラウンを一堂にチェックできるうれしいイベントだった。ひときわ注目を集めたのがエステートである。

北米トヨタが新型クラウンのエステートモデルとなる「クラウン・シグニア」を発表

 クラウンにワゴン(当時はカスタムと呼ばれていた)が登場したのは2代目(1962年)から。ボディはライトバンと共通ながらも、豪華装備に加えてラゲッジ部にはサードシートを設定、サスペンションは専用だった。とはいえ、まだビジネスユース優先の感が強かった。

 その流れが変わり始めたのは7代目(120系/1983年)だった。ルーフ中央のスカイライトウィンドウや飾りホイール、専用2トーンカラー、フルフラットシートで独自性をアップ。8代目(1987年)には上級仕様のロイヤルサルーンが設定され、ハードトップやセダンと同等の地位を確立した。そして、11代目(1999年)はロイヤル/アスリートの2タイプを用意。走りのパフォーマンスも優れたものだった。しかし、2007年に生産中止。クラウンのワゴンは途絶えた。

 今回、16年ぶりの復活となるクラウン・エステートだが、一体どんなモデルなのか? ひと言で説明すると「ステーションワゴンとSUVの融合」である。プロポーションは、RAV4より乗用車ライク、ハリアーほどアバンギャルドではない……という絶妙さ。前後のデザインはひと目でクラウン一族とわかる。とはいえ、他の3台と比べるとカジュアルだ。デザイナーの宮崎満則氏は、「自然と都市の暮らしの共生がテーマ」と教えてくれた。納得である。

 インテリアは前席まではクロスオーバーと共通。後席以降がエステート独自となる。注目は積載性の高さだ。リアシートの背もたれを倒して拡張ボードを展開すると約2mのフリースペースが出現する。クロスオーバー+80mmの全高と相まって、広い空間は遊び道具の積み込みに最適なほか、車中泊も可能だろう。

 パワートレーンはHEVとPHEVの2タイプと公表している。現時点では具体的な説明はないが、どちらも2.5リッター直4エンジン+モーターの組み合わせなのは間違いない。駆動方式は電動AWD(E-FOUR)。走りの実力はクロスオーバー譲り。クルマの性格を考えると、より穏やかハンドリングで快適性重視のクルージングモデル、と予測する。タイヤは235/45R21サイズのミシュラン・eプライマシーを履いていた。発売は2023年度内、楽しみな1台だ。

クラウン・エステート 主要諸元

モデル名=クラウン・エステート
全長×全幅×全高=4930×1880×1620mm
ホイールベース=2850mm
パワートレーン=2.5リッター直4・HEV/2.5リッター直4・PHEV
プラットフォーム=GA-K
サスペンション=フロント:ストラット/リア:4リンクリジッド
タイヤサイズ=235/45R21
駆動方式=4WD
乗車定員=5名

こんな記事も読まれています

【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
AUTOCAR JAPAN
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
AUTOSPORT web
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
くるまのニュース
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
AUTOSPORT web
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
AUTOCAR JAPAN
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
Auto Messe Web
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
AUTOCAR JAPAN
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
乗りものニュース
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
AUTOSPORT web
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
AUTOSPORT web
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
乗りものニュース
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
レスポンス
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
くるまのニュース
昭和レトロな雰囲気が魅力のデコトラの聖地! 創業50年の「与倉ドライブイン」は地元民とドライバーのオアシスだった【懐かしのドライブイン探訪その1】
昭和レトロな雰囲気が魅力のデコトラの聖地! 創業50年の「与倉ドライブイン」は地元民とドライバーのオアシスだった【懐かしのドライブイン探訪その1】
WEB CARTOP
西日本エリアの走ってみたい道路ランキング、2位阿蘇パノラマライン/日南フェニックスロード、1位は?
西日本エリアの走ってみたい道路ランキング、2位阿蘇パノラマライン/日南フェニックスロード、1位は?
@DIME
キャッチコピーが印象的だった1990年代の日本車3選
キャッチコピーが印象的だった1990年代の日本車3選
GQ JAPAN
激しいタイヤ消耗戦で“2タイヤ”コールの王者ブレイニーが待望の今季初勝利/NASCAR第17戦
激しいタイヤ消耗戦で“2タイヤ”コールの王者ブレイニーが待望の今季初勝利/NASCAR第17戦
AUTOSPORT web
ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
レスポンス

みんなのコメント

11件
  • まさかず。
    クラウンの4種展開…先々見て何種残るやろ
  • moe
    クリスマスも年越しもずっと一人だった。
    俺達貧困層は今年もトヨタの悪口を書くことしかできないのか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8890.5万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8890.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村