現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

ここから本文です

世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

掲載 21
世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

 「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

文/清水草一
写真/トヨタ、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェジャパン、アストンマーティン、ジャガーランドローバージャパン、ホンダ、三菱、ロールスロイス、フォッケウルフ

■ゴージャスなスーパーSUVとよく似たカタチ!?

 フェラーリのSUV、プロサングエが発表された。日本での発売はまだ先だが、6.5LのV12を積み、本国価格39万ユーロ。つまり約5700万円! フェラーリ本社はプロサングエをSUVとは呼ばず、「まったく新しいスポーツカーである」と主張している。つまりフェラーリのフラッグシップ。SUVがフェラーリの頂点に君臨したのだ!

 ということは、もはやセダンに代わってSUVが、「自動車の最高級カテゴリー」と言っていいのではないか? おっさんはゴージャスなスーパーSUVに乗ってブイブイ言わせろ!

 と言っても、プロサングエを始めとするスーパーSUVは、非常にお値段がお高いうえに生産台数も少なく、おいそれとは乗れない。本物のスーパーSUVに乗れればそれに越したことはないのだが、諸事情により乗れない場合は、次善の策として、それらに似たカタチの国産SUVに乗ってブイブイ言わせるというテがある。

 今回は、おっさんが乗るべきスーパーSUVと、その代替国産車を提案するので、熟読するように。

●フェラーリ プロサングエ

フェラーリとしては「SUV」とはアナウンスしていないが、カタチはSUVだ。ドアは観音開き!

 プロサングエは、世界の頂点に君臨するスーパーSUVである。フェラーリが「これはスポーツカーだ」と主張するように、全高はSUVとしては非常に低く、その分重心も低い。725psのV12パワーは、4WDで路面に伝えられる。これに乗ればおっさんは無敵である。

 が、プロサングエに乗れなくても、すばらしい代役がいる。トヨタ 新型クラウンだ。クラウンスポーツのルックスはプロサングエそっくり! プロサングエの縮小版と言っても差し支えない。パワートレインは未定だが、とりかえずカッコは完全にプロサングエなので、「和製プロサングエ」を名乗っても、文句をつける者はおるまい。おっさんはクラウンスポーツで世界に君臨せよ!

→代役/トヨタ クラウン スポーツ

4つのボディタイプのなかで最もスポーティな雰囲気の「スポーツ」。ハッチバックの車高を高くした感じ

●ランボルギーニ ウルス

2018年に日本でも発売されたウルスはスーパーカー然とした迫力のスタイリングを持つ

 ウルスは、ランボルギーニ販売台数の6割以上を占める稼ぎ頭だ。その走りは、まさにスーパーSUV。加速が物凄いだけでなく、SUVとは到底思えない想像を絶するコーナリング性能を持っている。さすがランボルギーニ。見た目もすさまじい迫力だ。ロボット宇宙人とでも申しましょうか? 完全にダークなSFの世界である。ウルスに乗れば、どんなおっさんでも、コワモテのセレブ扱いは間違いない!

 ウルスが無理な場合は、トヨタ C-HRがある。こちらもSFチックなSUVで、後ろ姿はウルスそっくり。実際、ウルスの発表直後は、「C-HRに似てる!」という声があちこちから聞かれた。トヨタの先見の明恐るべし。細かく言うと、前期型の顔のほうがウルス感が強いので、中古狙いが吉である。

 もちろん、C-HRに乗っても、誰もウスルと間違ってはくれないが、心の中で「これはウルスだ!」と思うのは自由。おっさんはC-HRでSUVの頂点を目指せ!

→代役/トヨタ C-HR

発売されるや否やヒットモデルとなったC-HR。ハイブリッドシステムと「TNGA」プラットフォームで燃費と走りのよさを両立している

■トヨタのSUVはもちろんホンダのミニバンでもイケる!

●ポルシェ カイエン

輸入車におけるスポーツSUVの先駆として初代モデルが2002年に誕生。3代目となる現行型も大人気モデルだ

 カイエンについては、いまさら説明の必要はないだろう。ポルシェ製SUVのデカい方だ。ウルスとは兄弟に当たる。これに乗れば、ほぼ無敵のおっさんだ。

 が、カイエンが難しい場合は、いい代役がいる。トヨタのヤリスクロスだ。「どこが!?」と思うかもしれないが、ヘッドライトの形状を見てくれ。どっちもツリ目でかなり似てないか!? サイズはまるで違うが、スポーティなフォルムも、すご~く離れて見れば、カイエンに似ていなくもない。おっさんはヤリスクロスでポルシェ乗りを気取れ!

→代役/トヨタ ヤリスクロス

トヨタの基幹コンパクトカー「ヤリス」のSUV版として2020年にデビューした

●アストンマーティン DBX

アストンマーティン初のSUVとして2020年に誕生。アストンらしいフロントデザインを継承している

 DBXは世界一エレガントなSUV。さすがアストンマーティンだ。その優美な曲線は全人類を魅了する。DBXに乗れば、おっさんはもれなくジェームズ・ボンドになれる!

 が、DBXが高すぎて買えない場合は、ハリアーがオススメだ。またしてもトヨタ。偶然だろうか? 「ハリアーのどこがDBXじゃ!」と思うかもしれないが、よく見てほしい。まず顔。形状としては似てないが、エレガントに波打つ曲線に、どことなく共通点はないか? リアもまたしかり。決定的なのはサイドビューだ。ビックリするほどそっくりじゃないか!

 これを見れば、ハリアーがバカ売れして受注停止になるのも納得だ。なにしろハリアーは和製アストンマーティンDBX。それが299万円から買えるのだから! おっさんはハリアーでジェームズ・ボンドを目指せ!

→代役/トヨタ ハリアー

シティSUVの老舗的存在ともいえるラグジュアリーモデル。2022年9月にはPHEV仕様も追加された

●ランドローバー 新型レンジローバー

5代目モデルとなったランドローバーブランドのフラッグシップモデル。ボディはさらに拡大された

 新型レンジローバーのデザインの美しさには息を呑んだ。シンプルの極致にして美の極致。これ以上美しいSUVはこの世に存在すまい。さすが砂漠のロールスロイスである。

 が、レンジローバーの代役が務まる国産車が存在する。ホンダの新型ステップワゴンである。「SUVじゃないやんけ」と思うかもしれないが、なぜジャンルにこだわる? 美しければカテゴリーなど関係ない!

 レンジローバーとステップワゴンが似ていることに関しては、議論の余地すらない。シンプルなフロントフェイスもシンプルなパネル面もウリふたつだ。ステップワゴンは間違いなく和製レンジローバーなのである。おっさんはステップワゴンを砂漠のロールスロイスと思え!

→代役/ホンダ ステップワゴン

ミニバンとしての使い勝手の良さを追求する一方で、デザインは初代、2代目モデルのようなシンプル方向にシフトした

■世界2大ブランドカーに匹敵する(!?)国産SUVは?

 いよいよ佳境に入ってきた。ここからは世界の2大高級SUVが登場する。

●ベントレー ベンテイガ

プレミアムブランドのなかでは比較的早く、2016年に日本導入が発表されたベンテイガ。巨大なグリルが圧倒的迫力を感じさせる

 ベンテイガのデザインは実に独特。フォーマルかつスポーティなセダンの車高を持ち上げただけ……みたいな形で、かなり四角っぽい。真四角なSUVというとGクラスやジムニーだが、それとはまったく違う「シカクマル」なフォルムが特徴だ。なんとも浮世離れした超高級感だぜ!

 この代役が務まる国産車はあるのか? ある! 三菱アウトランダーPHEVだ! 正直、顔は全然似てないが、なんとなく四角っぽい形状がちょっと近くないですか? まぁ、無理にベンテイガだと思う必要もないくらい、アウトランダーPHEVは走りもルックスも魅力的。おっさんはアウトランダーPHEVで驀進せよ!

→代役/三菱 アウトランダーPHEV

アウトランダーとしては3代目となる現行型。7人乗りもラインナップされている

●ロールスロイス カリナン

他のSUVとは異なり、「オフロード感」を感じさせないスタイリングで2018年に日本へ導入されたカリナン

 SUV界のラスボスである。そのデザインは、ロールスロイス・ファントムのトランク部分をブッタ切ってただ持ち上げただだけみたいで、ものすごく違和感満点だが、それが凄まじいセレブ感を醸し出している。

 さすがにこの代役が務まる国産車はあるまい……と思うだろうが、甘い! 国産車をナメてもらっちゃ困る! このヘンテコリンな形のカリナンのように、ヘンテコリンな形の国産車がかつて存在したのだ。その名は、ビスタアルデオ!

 写真を見れば、説明の必要はないだろう。ビスタアルデオなら、中古車が50万円前後で買える。ただし中古車情報サイトでの現在の流通台数はわずか2台。急げ! おっさんは急いでビスタアルデオをゲットして、ロールスロイス・カリナンを気取れ!

→代役/トヨタ ビスタアルデオ

5代に渡って販売されたビスタのうち、最終型である5代目モデルにラインナップされたワゴンモデル

こんな記事も読まれています

エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
レスポンス
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
カー・アンド・ドライバー
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
LE VOLANT CARSMEET WEB
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
月刊自家用車WEB
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
レスポンス
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
月刊自家用車WEB
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
バイクブロス
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
WEB CARTOP
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
くるまのニュース
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
AUTOSPORT web
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
Auto Prove
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
ベストカーWeb
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
motorsport.com 日本版
いすゞ 新型「3列シートSUV」初公開! ド迫力でカッコいい“旗艦モデル”新型「MU-X」登場! 新グレード「RS」も追加し泰発売!
いすゞ 新型「3列シートSUV」初公開! ド迫力でカッコいい“旗艦モデル”新型「MU-X」登場! 新グレード「RS」も追加し泰発売!
くるまのニュース
データシステムがバックランプ用高輝度LEDバルブ「LED-T16A」を発売
データシステムがバックランプ用高輝度LEDバルブ「LED-T16A」を発売
レスポンス
フェルスタッペン、ヨーロッパ戦で使用するスペシャルヘルメットデザインを披露。オレンジカラーでファンへの感謝示す
フェルスタッペン、ヨーロッパ戦で使用するスペシャルヘルメットデザインを披露。オレンジカラーでファンへの感謝示す
AUTOSPORT web

みんなのコメント

21件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村