現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの輸入車 45】オペル アストラ カブリオは、コンパクトでもオープンらしい美しさがあった

ここから本文です

【懐かしの輸入車 45】オペル アストラ カブリオは、コンパクトでもオープンらしい美しさがあった

掲載 更新
【懐かしの輸入車 45】オペル アストラ カブリオは、コンパクトでもオープンらしい美しさがあった

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「オペル アストラ カブリオ」だ。

オペル アストラ カブリオ(2002年)
ハッチバック、セダン、ワゴン、ミニバン(ザフィーラ)、そしてクーペと、豊富なボディバリエーションを誇るオペル アストラ。最後の切り札として、クーペをベースにしたカブリオが日本に導入され、アストラのラインアップが完成した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

アストラ カブリオは、アストラ クーペと同様にイタリアのカロッツェリア、ベルトーネ社で製造される。ベルトーネが手がけるオペルのカブリオは、カデット(1987年)、初代アストラ(1993年)に続く3台目となる。

ハッチバックがベースだった先代2モデルに比べ、クーペをベースとした伸びやかなサイドビューはなかなか美しい。これは日本市場でライバルとなるゴルフやプジョー 206CCなどに対しても、大きなアドバンテージとなるだろう。コンパクトさも重要だが、この手のスペシャルティでは多少余裕のあるサイズで美しさを求めることも重要なのだ。

電動ソフトトップは全自動で、ルーフ前端のロック解除などもなくセンターダッシュ上のスイッチひとつで、約30秒で開閉が可能だ。しかも、車外からリモコン操作でも開閉できる! キーホルダー式リモコンのボタンを押し続けると、車内からの操作と変わらない時間で開閉する。

インテリアは、オーディオ以外はクーペとほぼ同じ。シートはヒーター付きの本革で、2トーン本革巻きステアリング、ホワイトメーターなどでスタイリッシュに仕立てられている。オートエアコン(オープン時はマニュアル式)や4エアバッグをはじめ、安全&快適装備は十分なレベルにある。

搭載されるパワーユニットもクーペと同じ、2.2LのエコテックDOHC。スペックもまったく変わらない。オープン化に伴い車両重量は100kgほど増しているが、147psと20.7kgmのパワー&トルクで低速域から滑らかに加速し、重量増のハンデを感じさせない。トラクションコントロールも標準装備。足まわりの形式もクーペと同じだが、サスペンションやスタビライザーはソフトなものが採用されている。適度に締まって硬すぎないセッティングのおかげで、けっこう乗り心地はいい。クローズドをベースにオープン化したモデルとしては、オープン時のボディ剛性は高い方だろう。

取り外し式のウインドディフレクターは、オープン走行時に風の巻き込みをかなり防いでくれる。ただし、これを装着するとリアシートは使えなくなるから、やはりオープンエアはカップルで楽しむしかなさそうだ。トランク容量は330Lあり、リアシート中央部はトランクスルー機構付きだから、その気になればスキー旅行にだって行ける。

ライバルと比べても、価格は抑えめで走りに余裕のエンジンを搭載。気になるクーペとの価格差は46万円だから、この金額が出せるなら、クーペよりカブリオの方がオススメだ。走りに遜色はなく、リアウインドーはガラス製だからクローズドでも視界は悪くないし、ソフトトップの耐候性は高い。後席に大人を乗せる機会が少ないのなら、これ1台で過ごすことも十分に可能だろう。

■オペル アストラ カブリオ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4270×1710×1400mm
●ホイールベース:2615mm
●車両重量:1400kg
●エンジン形式:直4・DOHC・横置きFF
●排気量:2198cc
●最高出力:108kW(147ps)/5800rpm
●最大トルク:203Nm(20.7kgm)/4000rpm
●トランスミッション:電子制御4速AT
●タイヤ:205/50R16
●車両価格(当時):339万円

[ アルバム : オペル アストラ カブリオ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
AUTOCAR JAPAN
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
AUTOSPORT web
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
AUTOSPORT web
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
乗りものニュース
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
くるまのニュース
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
WEB CARTOP
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
グーネット
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
Merkmal
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
GQ JAPAN
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
乗りものニュース
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
レスポンス
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
GQ JAPAN
「モータースポーツは残酷だ」アルピーヌA424の初ル・マンは2台ともにエンジントラブルでリタイア
「モータースポーツは残酷だ」アルピーヌA424の初ル・マンは2台ともにエンジントラブルでリタイア
AUTOSPORT web
「ぶら下がっているタイプの給油器」見なくなったのはなぜ!? 数を減らすのも仕方ない理由とは
「ぶら下がっているタイプの給油器」見なくなったのはなぜ!? 数を減らすのも仕方ない理由とは
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
アストラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村