現在位置: carview! > カタログ > プジョー > 307SW > レビュー・評価一覧 > プジョーは奥が深い?

プジョー 307SW 「プジョーは奥が深い?」のレビュー

144件中7件目

cresson cressonさん

プジョー 307SW

グレード:SW 2.0_RHD(AT_2.0) 2005年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

プジョーは奥が深い?

2016.2.21

総評
10年、10万キロの「壁」とは、深谷のキャロルの社長が教えてくれた言葉です。
日本人の車にたいする感覚には「10年10万キロ」と言う壁があって、ほとんどの人がその前に車を手放してしまう。実は外国車の場合(たぶん欧州車)10万キロは当たり前に走るから、10万キロからが一番「美味しい」ところなんですよ、そのことに皆さん気がついていないのですよ・・・とのこと。これには見事に納得させられました。その言葉がきっかけで、年金生活に入ろうとしている私が、プジョーを購入したわけです。
新車で「外車」を購入されて、2~3年は故障やら修理やらで一通り悪いところが出尽くして、ふと気がつくと3年5万キロぐらい、次に控えているのがタイミングベルトの交換や、ミッションの交換など高額の出費が予想されるので、皆さん買い換えちゃうわけでしょう。その後、必要なものをきちっと交換して信頼の置ける専門家(整備工場)がいれば、美味しい車生活が送れる(と思っています)
で、ポイントはこの専門家(整備工場)を事前にしっかり探しておくことだと思います。
私は、この整備工場から直接買いましたので、安心してプジョーに乗っていられます。
ちなみに整備工場は、オート・ポワ・ルージュと言いまして、埼玉県さいたま市桜区にあります。
良い車ライフを送るためには、国産車でも外国車でも同じことで、それなりの出費はかかりますが、デーラー任せでは無く、良心的な専門家のいる、言わば「主治医」を見つけることがポイントだと思います。
最後に「意見には個人差があります」ので、その旨ご了解くださるようお願い申し上げますです・・・。
長文、失礼いたしました。
満足している点
見えないところにコストが掛かっている点は、国産車にはありません。(と思っています)
安全性ですね、それもたとえばボディーの剛性やエアバッグの数の多さは、国産車と欧州車の違いのひとつだと思います。私の場合中古で買いましたので、この値段でこれだけの「安心感」のある、しかも「高品質」な車は、国産車にはありませんでした。
不満な点
上げればキリがありませんが、それも「個性」だと思えばよいのでしょうか?
ウインカー、ワイパー、ライトなどのスイッチの操作性、4速オートマ、「かっくん」ブレーキなどは今でも好きにはなれません。でも、そのぐらいでしょうかねえ。
デザイン

-

走行性能

-

そもそものコンセプトがファミリーカーの位置づけで、中でも生産台数が多いことから、プジョーの旗艦的な感じを受けています。いわば「カローラ」でしょうか・・・ちょっと古いか。
スピードを出す車ではありませんが、走る曲がる止まるがしっかり出来ていると思います。ブレーキはやわらかい感じはしますが、しっかり踏むとよく効きます。とても安心できます。ミッションはAL4の後期型で、かなり改善されたとは言うものの、街中ではほとんど2速のままと言う場合も有ります。2年乗っていまだにしっくりこないのはブレーキで、ほとんど「かっくん」ブレーキになります。
国産車では、止まる直前にブレーキを解除していって、最後は惰性だけで止まると、ほとんど止まるショック(G)がかかりません。このとき最後までブレーキを踏み続けると「かっくん」と止まりますが、これを「かっくん」ブレーキと称しています。
プジョーの場合ブレーキローターがやわらかいと聞きましたが、またパッドとの相性の問題か判りませんが、止まるまで神経を使いながら踏力を抜いていくのですが、最後は「かっくん」となってしまいます。この点だけは、いまだになじめません。解決方法がお解かりの方がいらっしゃれば、ぜひお聞かせ願いたいものです。
乗り心地

-

おフランスの車と言う事で、しかも有名な「猫あし」を想像していましたが、かなり硬い印象です。道路の突き上げも感じられます。このあたりプジョーの中でも「ドイツ」よりに振った味付けだと、友人が言っておりました。乗り心地は街乗りと高速道路とでは違います。高速でゆったりとツーリングするときは、走行安定性は非常に高いものに思われます。ヨーロッパのバカンスといえば2~3週間で外国まで(地続き)行くわけですからロングドライブをメインに考えられていると、勝手に解釈しております。
積載性

-

3列目のシートははずしていますので、一般的なワゴンとしてのトランク・ルームになります。実用上問題もなく快適です。バックゲートが床の高さまで開くので、荷物の積み下ろしは楽です。
燃費

-

2Lエンジンでこのボディーとしては平均ではないでしょうか?ただガソリンがプレミアム(ハイオク)というだけの違いだと思います。市内6~7キロ/L 高速道路12キロ/L と言ったところでしょうか。ただ面白いのはネットの書き込みで「10万キロを越えたあたりから燃費が良くなった」との声を聞きました。10万キロオーバーを「楽しみに」しています。
価格

-

故障経験
購入時に大きなものは全て取り替えてもらっていますので、次の車検まで、バルブの玉切れを除いて、まったくノントラブルでした。笑っちゃうトラブルはありますが・・・たとえばバックドアを閉めると勝手にリア・ワイパーが作動するとか、オートワイパーを作動させると、ぽつぽつとしか雨が降っていないにも関わらず、全快でワイパーが作動するなど・・・まあ、おフランスの車ですから・・・はい。
致命的な故障はまったくありませんでした。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

プジョー 307SW レビュー・評価一覧

マイカー登録
プジョー 307SW 新型・現行モデル