現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの輸入車 62】プジョー 307 SWは使い勝手の良さの他に「青空」もプラスしていた!

ここから本文です

【懐かしの輸入車 62】プジョー 307 SWは使い勝手の良さの他に「青空」もプラスしていた!

掲載 更新
【懐かしの輸入車 62】プジョー 307 SWは使い勝手の良さの他に「青空」もプラスしていた!

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「プジョー 307SW」だ。

プジョー 307SW & ブレーク(2002年)
2002年の夏も続々と導入車種を追加し、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMWに次ぐ輸入車ナンバー4の座をボルボから奪わんと虎視眈々のプジョー。伸び悩んでいる輸入車市場の中で好調を維持しているが、307シリーズのワゴンバージョン、SWとブレークの日本導入を開始した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

フランス車は伝統的にワゴンに「ブレーク」の名を与えているものが多いが、プジョーも例外ではない。今回、307シリーズにもブレークが加わったが、さらにスペシャルバージョンとして昨年(編集部註:2001年)の東京モーターショーにも参考出品されていた「SW」も同時に登場した。

SWとは、スペースワゴン、スポーツワゴン、スーパーワゴン・・・など、車名の解釈は見る人、乗る人の印象に委ねられるという。ブレークもSWもスタイリングは基本的に同じだ。5ドアの307よりホイールベースを110mm、リアのオーバーハングを100mm、合わせて全長を210mm延長し、全高もルーフレールの分55mm高められている。もともとハッチバックとしては車高が高めな307だったから、ワゴンのスタイルも少しミニバンライクな今風のものにまとめられ、悪くない。

SWのウリは、まず外観では、ルーフの大半を占める「パノラミックルーフ」。スモークドグラスの面積は1.33平方メートルに及び、307SWの総ガラス面積はボディ表面積の3分の1にもなるという。グラスルーフは開閉しないが、室内側に電動開閉式のシェードを備える。また室内では、2+3+2の7人乗りモジュラーシートを備える。2/3列目は完全独立式のシートで、個々に取り外しが可能だ。2列目は、倒せばテーブルにもなる中央シートを外して左右のシートを寄せたり、さまざまなアレンジができる。

今回日本に導入されたのは、ブレークが1.6Lのスタイルと2LのXS、SWは2Lのみで、今回はカントリーロードが中心だが全グレードに試乗できた。SWでシェードを開いて頭上を見上げない限りは、コクピットからの景色はハッチバックも含めて全グレードとも共通だ。グラスルーフは熱や光の透過率が抑えられているので、快適なカプセル感覚が味わえる。1列目よりは2列目の方が眺めはいい。

乗り味は、リアサスペンションの関係でスタイル-XS-SWの順で硬くなっていく。1~2名の乗車では、SWでは少し硬い印象を受ける。ハッチバックのスタイルではまずまずだった1.6Lだが、ブレークでは少々非力。シティユースが中心なら妥協できるが、長距離走行の機会が多いなら2Lを選びたい。また、減速時にシフトダウンするATは少し気になった。

SWのモジュラーシートは便利だがセパレート形状のためシートの剛性が今ひとつ。また3列目は子供用だし、7人乗ったらカーゴスペースはほとんどない。ワゴン本来の使い方を重視するなら、XSブレークの方がいい。でも、グラスルーフの快適さは捨てがたいし、価格差も12万円だし・・・と、購入を考える人は真剣に悩むことだろう。いずれにしても、ゴルフやアストラのワゴンには、価格的にも装備的にも手強いライバルが登場したことは間違いない。

■プジョー 307SW 主要諸元
●全長×全幅×全高:4420×1760×1585mm
●ホイールベース:2720mm
●車両重量:1430kg
●エンジン形式:直4・DOHC・横置きFF
●排気量:1997cc
●最高出力:100kW(137ps)/6000rpm
●最大トルク:190Nm(19.4kgm)/4100rpm
●トランスミッション:4速AT(マニュアルモード付き)
●タイヤ:205/55R16
●車両価格(当時):276万円

[ アルバム : プジョー 307SW & ブレーク はオリジナルサイトでご覧ください ]

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

なぜ道路は“黒い”アスファルト? 白っぽい「コンクリート道路」もたま に見るけど…どう使い分けているのか
なぜ道路は“黒い”アスファルト? 白っぽい「コンクリート道路」もたま に見るけど…どう使い分けているのか
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス LC500(寺本貴裕さん)by サウンドエボリューション・ログオン 前編
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス LC500(寺本貴裕さん)by サウンドエボリューション・ログオン 前編
レスポンス
1年で7万台売れた! ホンダの激売れ「シビックSUV」“走る姿がカッコいい!”と好評に!? 「ZR-V」への反響は?
1年で7万台売れた! ホンダの激売れ「シビックSUV」“走る姿がカッコいい!”と好評に!? 「ZR-V」への反響は?
くるまのニュース
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
VAGUE
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
@DIME
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年7月7日~7月13日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年7月7日~7月13日)
Webモーターマガジン
F1デビュー決まったベアマン、F2では苦戦続き「F1サウジアラビアでの代役が大きかった」と回顧
F1デビュー決まったベアマン、F2では苦戦続き「F1サウジアラビアでの代役が大きかった」と回顧
motorsport.com 日本版
グッドルッキンな“ワンポイント・ドレスアップパーツ”を紹介!【特選カーアクセサリー名鑑】
グッドルッキンな“ワンポイント・ドレスアップパーツ”を紹介!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
motorsport.com 日本版
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示!  旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示! 旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
くるまのニュース
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
バイクのニュース
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
Auto Messe Web
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
Webモーターマガジン
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
WEB CARTOP
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
motorsport.com 日本版
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
WEB CARTOP
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
乗りものニュース
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

309.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.070.0万円

中古車を検索
307SW (ワゴン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

309.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.070.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村